続落…

マザーズから資金が出ていますね~
バイオは今日も軟調でした。。。
6月ももうすぐ終わり,7月になります。
今年も夏枯れ相場になるのでしょうか・・・
相場は軟調なときに仕込むのが鉄則なので,秋以降に向けて,どの銘柄を仕込むべきかじっくり考えようと思います。




 

CIPの売りが続く

ラクオリアが連日下落していますね~
大量保有報告書によりますとファンドのCIPが売っております。
6月末の決算対策売りだとすると、7月相場に入る明日以降は売りが止まるのでしょうか??
それとも保有株全て売るのでしょうか??
これからが飛躍の時期と思っていますので、ここは耐えていこうと思っています~





 

悲報

 小林麻央さんが昨夜お亡くなりになりました。。。
 麻央さんのブログをいつも読んでいたのですが、心の強さ、前向きさには敬服していました(高熱や痛みが激しい中、常に明るく前向きなブログを発信していて、本当に凄いと思っていました。。。)。
 30代でがんで亡くなるのは早すぎます・・・20代30代の方ががんで亡くならないようにして欲しいと本当に思います。。。

 生死に比べれば、株の売買など、どうでもよいことになりますが・・・

 今日は、気になっていたある会社の総会に行った後、近くの神社に参拝をして、その後、WDIの優待券が6月末に切れるので上野にあるハードロックカフェで昼食をとりました(優待券の失効日に追われて、昼食をとる日々です・・・)。
 その後、仕事に向かう電車の中でラクオリアの株価を見ましたら、大暴落していて、びっくりしました。
 増し担保規制解除に向けて、じりあげと思っていたら、まさかの暴落・・・
 昨日、カルナは12月決算で増資、同じ12月決算のラクオリアも増資か??その漏れで暴落しているのかも??という不安はあったものの、200億割れになり、株価も一時1000円割れと株価が一気に下がったので、数万株程度買い増ししました。。。
 最悪、増資の場合には、さらに買い増しすればよいとのスタンスでいますが、どうなることやら。。。
 最近急騰しているアンジェスや増資のあったカルナよりも、ラクオリアがダントツに暴落していたのが納得できないです・・・
 ※追記※
 ラクオリアの急落の理由は、CIPファンドの売りでしょうか(大量保有報告書を見ますと、最近ファンドの換金売りをしているようなので。。。)
 悪材料漏れの下落ではなく、単なる需給上の下落なら買いなのですが。。。
 まあ、CJの3相の結果、動物薬の2品目の上市の可否が迫っていると思いますので、こっちの結果の方が気になります。





 

 

貸株のリスク

貸株のメリットは、貸株料が入ることです。
私も特定の株については貸株をしています(昨年は貸株料だけで1000万円を超えました・・・)。
ですが、貸株にはデメリットがあります。

①貸株料を雑所得として確定申告しないといけない。
→配当の場合は分離課税ですが、貸株料は総合課税になるので、他に収入がある場合には累進課税で所得税率が高くなります。また、収入が増えますので、健康保険料等が増額される場合や各種手当てを受けられない可能性もあります。
②証券会社が倒産したときにリスクを負う可能性が高い。
→貸株は賃貸借契約である以上、借主の返済リスクは負うのは当然ですが。。。
③配当金や株主優待を受け取れない。
→配当金ではなく配当金相当額を受け取る形になりますが、①と同様、確定申告になり、総合課税になります。

 よく言われるデメリットは①~③です。
 ①については、メリット(貸株料)を得ている以上、当然ですね~
 ②も、証券会社の倒産リスクは証券会社の業績を常時チェックしていれば回避できると思いますし、そもそも現在の経済状況では証券会社の倒産可能性は低いと思われます。
 ③も、期末や中間に、貸株を返却すれば回避できます(長期優待の特典を確実に受けるには、貸株をしない方が無難でしょうね・・・)

 このデメリットは、どの投資家でも知っていることと思います。。。

 ですが、私が考えている最大のリスクは、貸株をすることは、空売りの道具をヘッジファンド等に与えるということです。
 貸株料が高いということは、それだけ空売りの需要があることだと私は考えています。
 時々、貸株料が沢山入ってうれしいという書き込み等を見ますが、貸株料収入以上に株価が下がるのでは、全く無意味と思っています。
 このデメリットを頭にいれて貸株をしないといけないと思っています。
 このデメリットも貸株というスキームを考えればすぐに気づく点でしょうね。。。

 ですが、もう一歩先をいかないと私は思っていますので、上記デメリットから何かを得ないといけないと思います。

 つまり、貸株料率が高いことは空売り需要が高いことですので、短期的には株価が低迷する可能性が高いことと考え、貸株料率で、証券会社が予想している短期的な株価予測をみることができ、株の売買に役立てる。
 また、貸株をあえてして、ヘッジファンドに空売りをさせ??株価が低迷したところで株を買い増しする。その後、貸株を返却するという方法で株を集める。

 現段階で、私が考えている、貸株のデメリットを逆にいかす方法です(この考えもベテラン投資家はしているものと思いますが・・・)。
 これ以外にもないか日々考えております。。。
 株は日々勉強ですね~




 

新規投資

 年間配当金総額3000万円は維持しつつ、それ以外はリスクを覚悟して、大化け株に投資するというスタイルですので、値上がりしていた高配当株を利食いし(KHネオケム等)、大化け株ねらいに資金を入れました。
 一つは、ケイブです。
 ごま乙の次のゲームに期待していますが、手元資金もないので、増資のリスクもあります。
 次の決算発表前にある程度仕込むという方針でしたので、最近数万株だけ買いました。

 もう一つは、ユナイテッド&コレクティブです。
 セントラルキッチン方式をとらず、店内調理という点が私が応援したいところです(そして、2020年までに大展開するところも好きな点です)。
 そーせいの説明会の帰りに、新宿にあったサードバーガーを食べて、おいしかったら投資しようと思っていました。
 サードバーガーのスムージーはとてもおいしく、また、ハンバーガーも健康的で、あっさりしておいしかったので、投資しました。
 ただ、大戸屋もそうですが、料理がおいしくても利益が出るのかどうかは別ですので(大戸屋の炭火焼の魚料理はおいしいと思いますし、店内で削る鰹節もおいしいです)、そこは冷静に判断せねばと思っています。
 というわけで、まずは1万株だけ投資しています。
 飲食は、大化けか、それとも、破滅か、のどちらかになるケースが多いので、行方を見守っていきたいと思います。

 というわけで、大化けねらいで投資しているのは、、、
(1)バイオ…ラクオリア、GTS、グリーンP(ニーサでそーせい・サンバイオ)
(2)それ以外…ユークス、JSS、アドベンチャー、インターアクション、デジタルデザイン、【ケイブ、ユナイテッド&コレクティブ】
 です。
 どうなることやら・・・

 



 

Powered by FC2 Blog

FC2Ad


Copyright © 株投資でマイホーム All Rights Reserved.