FC2ブログ

CJとの本契約は??

ラクオリアの過去のお知らせを見ると、提携の合意⇒ライセンス契約、という流れは過去にもありました。

過去は、
2010年6月8日にCJと戦略的合意(契約は8月「末まで」を予定)
⇒9月6日にライセンス契約
という流れでした。

8月末予定で、約1週間遅れの契約。。。苦笑
ただ2か月以内に本契約を締結しています。

今回は、9月24日に基本合意(契約は11月「下旬まで」を予定)
※11月末ではなく、下旬という表記。。。
職業柄、細かい文言に目がいってしまいます・・・笑

9月24日から2か月以内で、下旬までというと。。。
セミナー開催が23日なのは。。。と色々と勝手な予想をしています。

日にちは多少遅れても、
「今期中に契約+良い内容」
であればそれで良いと思いますが・・・

ラクオリアの今後を左右する大事な契約が決まるかどうか・・・
ここからがドキドキですね~





スポンサーサイト



コメント

 
いつも拝見させていただいております。
セミナーがCJとの契約の祝賀会になればとは思っています。
少しネガティブな内容になるかと思いますが、質問させていただきたく思います。
現在は締結内容のすり合わせ中だとは思いますが、谷社長は今年黒字化を約束している中で
現状CJとの契約頼みとなっており(まだ猶予はあるにせよ上場廃止ラインも消えていない)、自分から見れば若干追い詰められた状況での
契約内容交渉に思えます。このような中でCJとしてラクオリア側に有利な内容で契約を結ぶのでしょうか?
ただ一時金のほうは4Qに数字として入っていますし、こっちのほうはクリアされあとはマイルストン、ロイヤリティ率で乖離があるのかなとか
いろいろ考えてしまいますが、かきゆうさんとしてはどう考えていらっしゃるのでしょうか?
契約についてですが、黒字とか上場廃止を理由に契約交渉が不利になることは考えておりません(追い詰められて不利な契約をすることはないと思っています)。

ただ、欧米の治験は費用が膨大にかかります。
韓国でPOCをとり、上市まで開発したCJに、欧米の権利を導出するのが一番適当だったのですが、CJが欧米での開発費用が回収できるかを考えて、欧米での開発はしない方針であったので、ラクオリアは、CJ以外の企業に導出可能性を探っていたという流れだったように思います。
その後、テゴが韓国で大成功となったため、またCJが買収により資金力がついたため、欧米の開発をしたいといいだしたため、本件基本合意に至ったと私は推測しています。
つまり、どこにも導出ができなくて、やむを得ずCJに導出するという流れではなく、韓国の売上をみてCJが開発したくなったのでCJに導出することとなったという流れに思うのです。

とはいうものの、CJがPOCをとり大部分開発していることから、ラク社に入る一時金は5~10億円程度と予想しています。その他に、3相開始、承認申請、承認取得(または発売開始)でマイルが入ると予想しています。
マイルは欧州・米国で別々に設定するのが通常と思います。
ロイは、テゴの他地域の場合と同様に、5~7%程度と予想しています。

一時金は7億入れば合格点ですし、ロイも5%入れば私は合格点と思っていますし、その可能性が一番高いと予想しています。
一時金よりも、ロイ率が重要なので、ロイ率は最低5%は確保してほしいと思っています。
CJの上場観測が2022年頃のようなので、米国の申請時期もその頃で、発売は2022~2023年頃になればよいなぁと思っています。

いずれにせよ当初の予定どおり、ラクオリアは、2022年以降が面白くなると思ってます。
当方もテゴのCJ社への導出はかきゆうさんの推測通りと感じていますが、今期売上を蓋然性の高い案件で見通していたならば、期初にCj社以外の導出先候補があったことになります。そこがぽしゃったのか期中にCJ社を優先にして交渉するよう変更したのか不明ですが、今期売上予想の見立てに疑問を感じています。今となってはどうでもいい事ですが・・・あと3週間余りぜひ本契約を締結し、かつ経費等を見直し当初予定とおり今期黒字にもっていってもらいたいです。
ラクのセミナーは当選しました。会場でお会いしましょう~
経費は、ジプの治験失敗が予想されたためか、2Q以降は経費を絞っているように思います。業績予想通りの売上が達成できれば(これが重要ですが・・・)、黒字になると予想しています。
セミナーでお会いするのを楽しみにしております!!
たいへん初心者的なコメントで申し訳ないのですが、一時金で黒字になった場合は即座に黒字になりますのお知らせ出してくれるものなのでしょうか?それとも売り上げ次第になって黒字が確定できない場合はやはりわかり次第上方修正出すことになるのでしょうか?そもそも一時金の金額もはっきりさせず、与える影響はわかり次第お知らせしますなんですかね?
ラクオリアの経営陣ではないので、分かりません。。。
ただ、私は、一時金も非開示で、与える影響は分かり次第・・という可能性が高いと思います。
メドレックスも3Q決算を発表しましたが、どう見られてますでしょうか?
オキシドコン、メマンチンともに年内の進展はないとみてますでしょうか?
メドレックスは予想通り、何も無い決算と思いました。
私は、オキシコドンについては開発困難と予想していますので、資金を投入すべきではないと思っています。
メマンチンの治験開始は年内に無いと思っていますが、もしかしたら、製造提携の発表はあるかもしれませんね。

個人的には、メドレックスは、チザニジンとリドカインの2つのみに期待して投資しているので、この2本だけ成功すれば大成功と思っています(もしも、MNで進展があれば嬉しいですが・・・)。
ラクオリア、メドレックス、シンバイオを保有しています。2016年のそーせいのような7倍になる相場には中々なりませんね。7倍になっても私はへたくそで結局2倍しか取れませんでしたが、その利益を溶かしてしまいそうです。すみません愚痴です。CJとの本契約が11月末にきますように。
私の保有銘柄とかぶっていますね~笑
ラクオリアは今月のCJの契約次第のように思います。
メドは、三振覚悟のホームラン狙いで保有していますが、全く反応なしですね。。。
シンバイオは、増資前倒しのため、当分軟調は覚悟しています。
バイオ全銘柄軟調となっているので、バイオ投資家には試練の日々ですね~
おはようございます。
いつもSNSを楽しみにさせていただいております。

今回、大和による新株予約権の行使完了ですが
今までとは違い?、一気に大量に行使・完了したように思えます。
説明会前ということであり、
CJとの契約が発表される情報や
それ以外のポジティブなサプライズ情報を掴んでの動きなのかなぁと、
ホルダーとしては期待してしまう一方で
どうなんだろうかと考えてしまいます。

このあたり、かきゆう様のお考え(想像でも)をお聞かせいただきたく。

よろしくお願いいたします。
タイは関係ないですよね?
下記9/24開示ないようであれば・・・
当社が CJ 社へ導出した tegoprazan※2(RQ-00000004/CJ-12420/韓国販
売名(韓国登録商標):K-CAB®
、以下「tegoprazan」または「K-CAB®
」)について、北米や欧州におけ
る開発・販売・製造の権利を CJ 社に供与するライセンス契約を本年 11 月下旬までに締結する予定で
す。
大和さんの予約権行使は、ラクオリアの情報を入手しての行使ではないように思います(増資する株数も少ないですので、材料をねらってというのではなく、単純に年内に終わらせるために行使しただけと思っています)。


先読み指令室の話でしょうか・・
タイは関係ないと思います。11月下旬予定のものは、タイではなく、欧米の導出かと思います。
かきゆうさま。
ありがとうございます!

たしかに、株数が少ないですもんね。。
今回セミナー参加出来ず、悶々としておりますが、一株主としてラクオリアからの吉報と薬が早く全世界の人と動物たちに届くことを願ってます。
このコメントは管理人のみ閲覧できます
変更できない予定がなければ、来年の総会も参加しますので、来年の総会でお会いするのを楽しみにしております。

コメント

 
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

Powered by FC2 Blog

Copyright © 株投資でマイホーム All Rights Reserved.