FC2ブログ

ブログ開設から10年経ちました

 今見たら、いつの間にかブログ開設から10年
 ブログ開設時は30代だったのに、今や40代・・・
 この10年で私も年をとりました(前向きに見れば、10年経っても、まだ、40代前半なので、健康であれば、あと何十年も投資できるという見方もあったりするような・・・)。

 当初、このブログは私の備忘録のために作ったのですが(あとで自分の考えが正しかったかどうか確認・反省するために作りました)、他の方も見るようになってきたこともあり、また、長年ブログを書いている方が少ないこともあったりしたので(だいたいのブログは調子が良いときだけ書いてあって、調子が悪化すると閉鎖しているものばかり・・・)、辞めるのは良くないと思い、今日まで、更新少なく、細々と続けてきました。
 私の現時点での思いは(※現時点なので、今後はどのように変化するかは分かりません~笑)、日本の個人投資家の地位・発言の向上です(現時点では、機関投資家説明会のみ開催されたりと不平等なので・・・そして、個人投資家のイメージは、場中パソコンに張り付いて専業でしているというイメージとなっているので、それが少しでも変ればとの思いがあります。)。

 次の10年はどのような投資をしているのか、どのような投資家になっているのか、わくわくしております。

 
 この10年で感じることは、投資は、攻め(利益の増やし方)と守り(損失の減らし方)の両方が大事ということです。

 攻めが強調される傾向にありますが、市場から退場(または事実上退場)したら終わりなので、守りも大事です(いや、私的には「守り」の方が重要に思います。いかに守って(リスクを抑えて)資産を増やすかが重要だと思っています。)。

 SNSでは、どれくらい利益が出た(る)~とか書いてあり、それが称賛される傾向にありますが、ほとんどの投資家は、信用二(三)階建て投資の投資でかなり無理をしている場合が多く、利益の最大化ばかりを考え、守りを意識しないで(考えないで)、投資しているために、1つ悪材料が出て、銘柄が数回ストップ安等になると退場するというケースが多々あったように感じます。

 ですので、ギャンブルではなく、投機ではなく、投資をするというのであれば、守りも考えないといけないと思っています(それをしている方のみが個人「投資」家と思っています。)。
 もちろん、その分資産の急拡大は抑えられますが、現物投資のみでも、十分な資産は増やせると私は思います(時間がかかりますが、それは仕方のないことだと思っています。)。





 
 
 
スポンサーサイト



コメント

 
まだまだ40代前半なら若いですよ。これからでしょ。令和時代になっていろいろ混沌した時代になると思いますが、これからの10年、20年、参考にさせていただきます。ウォーレン・バフェットを目指してください。彼は、90歳でしょ。まだ半分ですよ。頑張ってください。笑
ありがとうございます。
健康第一にして、少しでも長く投資できるように頑張ります。
はじめまして、かきゆうさん。
かきゆうさんのブログを数ヵ月前に見つけ一番のお気に入りになってました。
今回書かれているように、株に対する考え、哲学を知りなぜ自分がかきゆうさんのブログのファンになったか納得です。
いつも、ブログありがとうごさいます。今後も楽しみにしています。
楽さん、ありがとうございます。
あまり更新がないですが、細く長く続けることができるよう精進してまいりますので、今後ともよろしくお願いいたします。
いつも素晴らしいブログありがとうございます。
ラクオリア楽しみです。
遅れましたがブログ開設10周年おめでとうございます。
ラクオリアですが、例の基本合意の意味が分かり大きな進展だと感じているのですが未だに株価は足踏み状態。本契約締でないからでしょうか? 下値不安は限られているのは当然?として、もっと評価されて良いと思いますが不思議で仕方ないです^^; かきゆうさんは何がきっかけで株価が反応すると思いますか?

長文失礼しました。今後もお体に気を付けて長く続けてくださいね(^^)
たあこさん、ありがとうございます。

ラクオリアの今後は、米国での展開がキーに思います(CJが単独で治験するのか、共同で行うのか、そして共同で行う場合、その企業はどこか。米国上市はいつか等々)。
そして、大きく株価が上昇するには、機関投資家が買う状況にならないといけないので、まずは黒字が大事に思います。
ご返信ありがとうございます。
まずは米、そして黒字化ですね。
そう遠くない日に良い方向に向かうことを楽しみに、そして我慢強く^^;待ちたいと思います。
これからもブログを頑張ってください!
期待しております。

質問があります。
日本一ソフトウェアについてですが、かきゆうさんはまだ保有していますか?

日本一ソフトウェアは、msワラント を行いましたが、まだ大和証券が該当の株を保有していますが、これをどうお考えになりますか?
大和証券は現在、大株主になっていますが、日本一ソフトウェアの許可があればすぐにでも売却するのでは?と恐れています。

大和証券の持ち株は37万五千株のようですが、例えばこれがディスガイア再配信日あたりの、株価高騰の期待がかかる日に、売られたら、どうなるでしょうか?
希薄化としても7.34パーセントと、そんなに大きなものではないと思いますが、今後の株価にどう悪影響が出るか、心配です。

できれば、大和証券がそのまま保有してくれたらいいのですが、そんな可能性は無いでしょうか?
かきゆうさんの考えをお聞かせください。お願いします。
大量保有報告書のうち、大和証券分は、予約権の記載が入っているのみであり、実際の株主ではないと思います(大量保有報告書には、株主のみならず、予約権の数も含めますので)。
今後は、状況をみながら、予約権行使をすると思います。

また、大和投資信託については、株主であり、かつ、投資目的の保有と思いますので、買い増しの可能性もあるかもしれません。
ご指南に感謝します。
予約権も含めることなど知りませんでした。大変勉強になりました。

これからもブログを読ませていただきます。ありがとうございました。
いつもブログを拝見させていただいております。本当にお世話になっております。

素人質問で大変恐縮なのですが、ラクオリアの大株主に、機関投資家が未だに入らない理由は一体なんなのでしょうか?赤字が嫌われるとは、良く言われていますが、例えば同じバイオ株でヘリオスは、全く収益化の目処はたっていませんが、機関投資家は買っています。ips細胞への将来性という観点からだと思いますが。逆に、ラクオリアがテゴプラザン、p2x7に、それほど将来性があるのなら、今の段階で機関投資家が買いに来てもおかしくないようにも思えます。
これほど、買いに来ないということは、ファイザー時代のテゴプラザンには、搾取契約が裏で結ばされていたり、CJに都合の良い契約を結ばされていて、それを知っている機関投資家からは嫌気されているなどの可能性はないのでしょうか?みずほレポートでは、将来のCFがバラ色のように描かれていましたが、実際はロイヤリティ率などは、かなり低く、あのような形にならない可能性はあるのでしょうか?もし、そのあたりの情報ご存知であれば、教えていただきたいです。
 テゴのファーザーへのロイは、決算説明会等の資料の支払いロイ額を見ると、少ないように私は思います。CJから受領するロイも5-7%程度と予想(私見)しています。これを搾取とみるかどうかは評価になりますので、私にはわかりません。。。
 機関投資家は、既に買っている機関もあると思います。ただ、大量保有報告書に載る形で購入するとなると、機関の場合には、出口(売却)も考えるので、今の時価総額、出来高では難しいのかもしれません。
 テゴの中国や米国上市が見えてくれば、自ずと解決するように思います(もともと私は2022年くらいを目標に投資しているので、その頃までに飛躍すればよいと思っています)。
大変勉強になりました。早速の返信誠にありがとうございます。参考にさせていただきます。
メドレックスについて感想を
お願いします。
武田の解消はある程度予想していたものの、早い段階の解消はかなり厳しいと思います。
今後は、チザニジンとリドカインが申請までもっていけるかどうかに思います。
このコメントは管理人のみ閲覧できます
黒字は2021年と予想しています。
チャートは気にしていません。いつ窓埋めするか分からないので・・・
もう1回増資があるので、全力買いはしていないです。
いつもブログ拝見しています。
ステムリムの将来性についてどうお考えでしょうか。
まだまだ開発も資金繰りも厳しそうに思われますが、ご意見をお聞かせ下さい。
宜しくお願い致します。
このコメントは管理人のみ閲覧できます
ステムリムの将来については、現時点では判断できないです(ただ、パイプラインは魅力を感じております)。
開発品については、まだ時間と費用がかかりそうなので、時間をおいて開示等を精査しながら、評価する予定です。
シンバイオは、もう1回増資があることを懸念して、短期筋が売っているものと予想しています。
私は、増資が完了する来年後半以降が勝負と思っていますので、今から1年ぐらいは、仕込み時期と覚悟して投資しています。

コメント

 
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

Powered by FC2 Blog

Copyright © 株投資でマイホーム All Rights Reserved.