FC2ブログ

日本ケミファの総会に参加(備忘録として)

 3年連続で日本ケミファの株主総会に参加しました。
 お土産は、「ケミファの青汁・モリンガブレンド」と「手荒れ予防クリーム(モイスポリアホワイト)」の2点です。
 総会の参加者は、100名弱ほど。
 参加者は日本ケミファの取引関係者ばかりで、純粋な株主は数名といった感じでした。
 会場が神田明神なので、総会に参加して、その後、参拝して、株価上昇を祈るというのが毎年の恒例行事になっています。

 総会の冒頭で、例のカルテルの問題についての謝罪がありました(行政処分はなかったとの説明がありましたが、謝罪しておりました)。
 その後、動画を用いて事業内容の説明がありました(内容は招集通知記載のものです)。

 質問をしたのは、私だけでした(笑)。
 昨年も質問しましたが・・・と私がいうと「知っています。」とお答えになってびっくりしました。
 総会の会場に入る際も、役員の方から会釈されたので、私の顔を覚えたのかもしれませんね。。。


 私の質問は、日本ケミファで期待しているパイプライン2つに関してでした。
 以下回答のみ記載(記憶を頼りに記載しているので、不正確です~)。

①NC2600について…
 導出交渉先とターゲティングについて話をしている。
 若干の問題点があるので、それらを克服する動物実験データーを集めることも考えている。
 旭化成のP2X7については知っている。
 将来、競合する可能性があるが、化合物等のデーターが分からないので、調べられない。
 判明したら調べる。


②NC2800について…
 1相を行う予定でいる。興味をもっている会社はある。
 オピオイドでの米国の規制の影響は分からない。ただ、基礎のデーターでは依存性がないというデーターを得ているので、問題はない(オピオイドの規制うんぬんの影響は受けないと考えている。)。


③AI創薬について…
 モルキュア社との提携は、AIを使うことで、少なくとも、化合物の探索の短縮は図れる。
 DeNAは、化合物の最適化を短縮するプログラムを開発しているところ。
 日本ケミファや他社(ラクオリアのも?)がライブラリーを提供することで、最適化を図るためのデーターを集積しているのではないか(私見)。


 以上です。

 個人的には、日本ケミファのような販路がある後発薬会社で新薬にも力を入れようとしている会社は、M&Aや資本提携で、バイオベンチャーを買収・提携するのがシナジー(日本ケミファは、パイプラインが手に入るし、上市後に販路を利用することで、莫大な利益も手に入る。バイオベンチャーは、資本提携等で資金が入るし、また、導出先が確保できるので、安心して、新薬の探索に集中できる。)が出てよいと思うのですが・・・

 私が経営者なら、あの会社と資本提携をしますね~





スポンサーサイト



コメント

 
こんばんは、ケミファの説明ありがとうございます。
当方ラクオリアなんですが、あすか、名大など嬉しいんですが、、なかなかテゴの日米がcjとの兼ね合いもあるのでしょうが大丈夫だと信じたい今日この頃です。、
ジプは明治の話の雰囲気などから心配してないですが、、買収なんてこともあるんでしょうか?イノベーションなど新会社は導出活動もされるのでしょうか?
近況など社長ツイとかあれば嬉しいのですが。いきなりすみませんでした。
そうですよね。
ラクオリアは秘密主義といいますか、状況についての説明はあまりないですね(カルナバイオみたいに、いきなり大型契約という流れが理想ですが・・笑)。
私としては、結果を出してくれれば何もいうことはないです。なので今期中に結果を出してくれないと・・と思っています。
8月の中間決算説明会があるので、そこで何らかの話はあると思います。

なお、経営陣が株をほとんど持っていないので、買収の可能性は常時あると思っています。私は安価での買収は反対します(少なくとも完全買収には反対です。)。
確率論でいえば、完全買収よりも、資本提携型の方があると思っています(この場合には株価もあがると思っています)。
最近のラクオリアの閑散ぶり、いかがに思われますか?
機関も動けない状況に見えますが、、、(^_^;)
寂しい限りです。
先日の韓国の記事から予想すると米国については年内に動きがあると思うので、そこに期待しています。

コメント

 
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

Powered by FC2 Blog

Copyright © 株投資でマイホーム All Rights Reserved.