FC2ブログ

GTS(個人投資家説明会に参加して)

9月7日金曜日に大和証券新宿支店で開催されましたGTSの説明会に参加しました。
参加者は、GTS株主ではなく、大和証券の顧客なので参加したという人がほとんどのように思いました(年配の方のみでした)。
GTSの説明は谷社長が行いました。

第1 前半はいつものように??バイオシミラーについての説明がありました。
 ※バイオシミラーの成功率は、だいたい6割といわれているとの説明
 ※新薬の開発費は約1000億、バイオシミラーは50~100億

第2 財務状況等について
 ※2020~2025年に黒字になる。

第3 今後の収益イメージ
 ※配布資料には、収益イメージの図があるが、数字こそ入っていないが、きちんと収益予想をして、エクセルでグラフにしたものであるとの説明あり。右の年は、2025年とのこと。
2019年の売上10億とすると、2025年の売上目標は、私の目測で80億円。
内訳は、既存のパイプラインの上市等で40億、今後導入するバイオシミラー(1~2品)で40億円(目測)。
ただし、海外導出、マイルストン、新薬・新規バイオ事業は、上記数字に入っておらず、上振れ要因とのこと。

第4 パイプランについて
 1 バイオシミラー
(1)三和…近くいいアナウンスを出せればとのこと(私の予想…承認申請??)
(2)千寿(加齢黄斑変性)…3相中。3相開始から3年くらいで承認がとれるのが通常。
積極的に海外展開していく考え。いくつかの国(対象地域)について、交渉中。
(3)その他…いくつか1相に進んでいるが、相手方の会社の戦略上、開示できない。
(4)新規BS…ほかの製薬会社から共同開発の打診あり。
 ※長春の解消について…長春の諸問題が発生したため、GTSから解消した。株主の伊藤忠と、ほかの製品も含めたパートナーを探している。また、日立製作所とも組んで中国展開の活動に向けて動いている。
 2 新薬
 GND004(がん、加齢黄斑変性)…特許をとった後、導出交渉する。
 3 再生医療
 日本再生医療(心臓内幹細胞)…先駆け審査制度。2020年代前半上市目標。日本再生医療と組んで米国での展開を目指して活動中。

第5 GTSが目指す事業の方向性
 現在は難病・希少疾患にも、製薬会社が力を入れだしたが、GTSはもう一歩進んで、小児・若年性疾患を中心にやる会社を目指すとのこと。
 日本では、小児疾患に力を入れている製薬会社は皆無とのこと。
 GTSは、最後のフロンティアと思われる、この領域に力を入れる。
 できれば、ノーリツさんと一緒に、ノーリツ子会社の遺伝子検査や画像診断領域も入り、小児医療を支援したい。

 ※日本では、優秀なシーズがあるのに、海外製薬会社がシーズを導入し、医薬品になったときは、海外の製薬会社から買う形になっているのは残念なこと。日本のシーズを活用して、日本発の製薬を作りたいとのことでした~
→この谷社長の考えは、私も同じです!!
 ※ほかの方からの質問で、株価についての質問がありましたが、谷社長は、コヒーラス(米国・時価総額600~1000億)を指標にしているとのことでした。




スポンサーサイト

コメント

 
大変、参考になりました。有難うございます。コヒーラス?目標が小さい気が? しかしながら、順調そうで何よりです。
お世話になります
本日のそーせいのIRを御覧になられての感想を、お聞かせ願えますでしょうか?
そーせいは残念ですね。。。
こうなる前に大型品の導入等をしてポートフォリオのリスク分散すべきと私は思っていましたので。。。

コメント

 
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

Powered by FC2 Blog

FC2Ad


Copyright © 株投資でマイホーム All Rights Reserved.