FC2ブログ

ラクオリア(11期2Q)決算説明会資料/感想

 説明会の資料を読んだ感想(前回の資料を対比して・・・)は以下のとおりです。
 ※が私の感想です~~
 あくまでもポジトークなので、各自でご判断くださいませ~~

①説明会資料4ページ目
(1)EAファーマについては、前臨床開始が判明(※予想以上に早いように感じました)
(2)マルホに導出したものは、「順調に進捗」との記載あり(※この記載に安心しました)
②同6ページ目
 TM-411の多剤併⽤試験は「順調に進捗」との記載あり(※単剤では??だったが、多剤では好結果が出るかも??)
③同15ページ目
 RQ10については、941の記載と異なり、「日本を対象としたライセンス活動展開中」とわざわざ記載されている
 (※941よりも導出可能性高い??)
④同19ページ目
 旭化成に導出したパイプラインが前臨床入りに
 (※順調で何より)
⑤同23ページ目
 ジプラシドンの3相終了が2018年12月予定と、これまでの情報通り延びたとの記載になっているが、承認申請時期(2019年春)に変更はない
 (※順調で何より)
⑥同25ページ目
 2018年、ガリEU販売開始、エンタイスEU申請の記載に変更なし
 (※もうすぐ吉報が出てもおかしくない??)
⑦同29ページ目
 (※導出準備のパイプラインがかなり増えた。いつ出てもおかしくない??)
(1)TRPM8(全世界)
(2)グレリン(全世界)
(3)モチリン(全世界)
(4)テゴプラザン(日米欧)
(5)RQ10(日本)
(6)RQ941(日本)
⑧同33ページ目
(1)「Tegoprazanの⽇本及び欧⽶権利の導出」の記載
(※何とか導出してください~~笑)
(2)「消化器疾患領域ポートフォリオの中国展開の推進」の記載
(※ZTEの他に記載した意味は何か??色々考えてしまいます・・・笑)
⑨同35ページ目
 ※先日の説明会の際に、成果が出ないものは、研究を打ち切り、成果が出ているもののみ続けるという説明を受けております(先日の説明会の際に、NASHは終了したことは説明を受けておりました)。
 パイプラインの新陳代謝を図ることは大事ですので(成果が出ないものをダラダラやるのはよくないですし・・・)、これからも共同研究内容は変更があるものと思います(言い換えると、長い期間研究が続いているものは、成果が出ているということなので、2015年開始のものには、期待しております~~)。






 


スポンサーサイト

コメント

 
いつもありがとうございます。参考にさせていただいております。

特に33p消化器疾患プログラムの6項目目についての深読みはなるほどな、と思いました。

色々考えてしまいますね。
ラクオリアもいいですがアラタナのが安定して成長しそうな感じがしてるんですがアラタナは投資対象にはならないですか?
アラタナも魅力的ですよね~
もっとも、現時点では日本のバイオを応援したいという気持ちがあるので、日本の会社に重点的に投資しております。
いつも拝見させて頂いてます。
僅かながらのラクオリアホルダーです。

最近(本日もですが)そーせいの動きが気になりますが、かきゆうさんは如何思われますか?

最近かなり売られ過ぎのように思っていたので
そろそろ起死回生の頃かなと…。
かきゆう先生、ご無沙汰です。メドレックスが武田と契約しました!全くの想定外ですが、先生はメドレックスを買い増しされますでしょうか?

そーせいはなぜか復活してきましたが、ラクオリアはもっと評価されてよいと存じます。ラクオリアは導出待ちが複数あるので、契約次第では大暴騰すると思うのですが、いかがでしょうか?
金魚さん、お久しぶりです。
メドレックスは現時点では買い増しは考えておりません(導出契約の詳細が全くわかりませんので。。。)。

ラクオリアは、導出の可否そして契約内容次第で、会社が激変するものと期待しております。
かきゆう先生ありがとうございます。素人は武田と聞いてつい買ってしまいますが、やはりプロの方は契約の詳細までよく吟味してから買われるのですね。また一つ勉強になりました。
このコメントは管理人のみ閲覧できます
私は治験は成功するものと予想しています。
ですが、売上はレポートの想定金額のように売れないと思っています。
ですので、上市後の業績を想定すれば、今の時価総額は妥当な金額くらいにまでなっているものと思っています。
ですが、株は思惑で動くので、上市後の売上数字が判明するまでは強気の相場が続く可能性が高いと思っています。

コメント

 
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

Powered by FC2 Blog

FC2Ad


Copyright © 株投資でマイホーム All Rights Reserved.