FC2ブログ

ラクオリア暴落続く・・・

 ラクオリアの決算開示から、700円安→500円安→15円安→119円安と4日続落(暴落)。。。
 株価は約半分に・・・時価総額も約340億となりました(私の含み益も十数億円ふっとびました~笑)
 それでも、ラクオリアのパイプラインに疑問符がついたわけではないのと(むしろパイプラインは前進していると思っています)、まじめに研究しているラクオリアを応援したい気持ちが強くて、売る気はなく、むしろ買い増ししています。
 昨今の暴落、そしてSNSでの書き込みをみますと、私のように??バイオを応援している投資家が少ないのが非常に残念です。。。
 現時点の目標としては、ラクオリアが飛躍し、今回の暴落を生き残った投資家のみなさんやラクオリアの経営陣の方と祝杯をあげることです~
 まずは、株主総会に出て、パイプラインの進捗を確認したいと思っています!!
 株主総会までに、941の結果開示があるとよいのですが。。。
 パイプラインは今のところ順調ですので、2020年の時価総額1000億を目指して、そして、その後の大飛躍を目指して、ラクオリアには頑張ってもらいたいです(株主として応援しています!!)。
 頑張れラクオリア!!!




 
スポンサーサイト

コメント

 
ブログ更新待ってました!
私も400円台からずっと買っています。今回の暴落も数字だけをみた短絡的な投機に呆れながらストップ安ごとに買い増しています。かきゆさんのおかげでバイオ関連に興味を持ち、本も読み漁り、随分と理解できるようになりました。しかしまだまだ未熟であるが故にもっともっと勉強し、かきゆうさんに少しでも近づけるように励み、日本のバイオベンチャーを応援していきたいと本気で思っています。
ブログ更新とつぶやき(笑)を毎日楽しみにしています。
かきゆうさんは本当にすごいですね バイオ銘柄をそんなに信じられる心はどこからくるのでしょうか?
正直何も悪材料なく半分になった ラクオリアを見ると長期投資をするのがすごい辛くなります
将来にかけ、現在何も保証もないバイオ銘柄を信じる心はどこから来るのか?もしよろしければ教えていただければ幸いです
 ラクオリアについては、①動物薬(2剤)と②テゴプラザンの(中韓)、③ジプラシドンのみで黒字転換は可能と考えております(しかも、バイオの場合、医薬品の上市により黒字になれば景気変動関係なく黒字が拡大していきます)。
 そしてプラスアルファとして
 ④テゴプラザンの日米欧の導出
 ⑤ZTEとの合弁会社で941等の開発進捗マイル
 ⑥マルホの開発進捗マイル
 ⑦TRPM8の導出
 があれば上方要因になりますし、上市にされれば、①~③のロイ収入にプラスされるので大いに飛躍すると思います。
 そして、ラクオリアは数少ない創薬できる会社です(この数年でもパイプラインが増えており、今後、名大発のパイプラインが追加されれば益々増えると思っています)。
 というわけで長期的には、谷社長の時価総額1000億以上になると思って投資している次第です(難点は、浮動株が多く、株価が上下することでしょうか・・・・現物で保有するのが良い銘柄と思っています)。
 資源のない日本が、そして、今後超高齢化社会となる日本が、成長するには(海外製薬会社の医薬品の購入を減らすためにも)、バイオだと思っていますので、バイオベンチャーを応援したいという気持ちもあり、投資しています(もちろん経営陣の方とお話をして、私が考えている方向性が違えば、バイオベンチャーといえども、投資をしないですが。。。)。
けんさん、ありがとうございます!!
一緒にバイオが成長産業になるよう(少なくとも欧米にこれ以上引き離されないように??)応援していきましょうね~
今後、ダウや日本株が大暴落したり 万が一、北朝鮮と戦争が起こった場合には ラクオリアの成長にもかなりのダメージになるでしょうか?円高のラクオリアへの影響も心配です。そのような逆境をも乗り越えられる強みなどはあると考えられてますか?ぜひ 今後のため教えて下さい。

 ダウや日本株が大暴落したり、北朝鮮と戦争になったら、どの株も暴落すると思います(北朝鮮との戦争は、戦争関連はあがると思いますが。。。)。
 上記の事態が起きても応援したいと思う会社に投資するのがよいと思います。
そうですよね、、ラクオリアの暴落ショックですっかり自信をなくし愚かな質問をしてしまいました。。 真摯にお答え頂き有難うございました。今日はかきゆうさんと祝杯をあげる夢をみたいです。
コメントありがとうございます。
応援したい会社に投資する姿勢は凄く共感します。
人それぞれですが個人的に値動きのみ追うデイトレは好みじゃないので。
一企業が大きく羽ばたく姿を見届けたいです。そのせいかこの一週間の遊ばれっぷり?にはストレスMAXです(笑)
おのれ、数年後見とけよー!ってつい興奮してしまいますが、私もかきゆうさんのように冷静な投資家目指して頑張りたいです^^;
ご丁寧な回答ありがとうございます。確かな見通しが自信の根拠なのですね
勉強になりました。ありがとうございます。
いつもブログを読ませていただき元気をいただいております。
私も長期ホルダーで下がればどんどん買い増してたのですが、現在1500円平均まできており利益もほぼなく苦しい状況です。
とはいえ、ラクオリアの頑強なパイプラインはもちろんのこと、そもそも、私は胃腸が強くないので、テゴプラザンを自分のためにもと思って投資している次第です。
バイオベンチャーへの投資は目先の利益を追い求める方々ばかり目につきますが、無論、純粋に応援している人もいるんだということを再認識していただき、この局面を乗り越えて最終的には皆で笑顔になりたいですね。
まだ少し先ですが、他のパイプラインの進捗も含めて、総会楽しみにしております!
かきゆうさん、皆様こんばんは。

昔話ですが、そーせいも増資でよく半値になることがありましたね。。2014年の時も4000円から1800円まで叩き売られて、まだまだ下がると言われたけど、そこが大底でした。

2000円近辺でそーせいを見限ってしまった人はその後の26000円は体験できませんでした。たった2年で13倍です。

ラクオリアが今からテンバガーするかはわかりませんが、少なくとも保守的な谷社長が1000億円はいくとされています。

最近はイナゴ投資法?や仮想通貨みたいに投機で儲ける傾向があります。それも1つのやり方ですが、それで大成功するのは難しいかと思います。

そんなやり方よりも、かきゆうさんの様にじっくりと有望な会社を分析し、中長期で応援していく方が結果的に上手くいくと思います。

現にかきゆうさんがそれを証明されてますし、バイオ企業への投資に関してかきゆうさんは五味さんや片山さん以上と思っております。

かきゆうさんが成功される事で、バイオ企業への正しい投資法が認知され、バイオ企業を応援する個人の安定株主さんが増えていってくれたら嬉しいです。

しばらくは厳しい日もあるかと思いますが、ラクオリアも皆様もハッピーになる日を楽しみにしております。

マネーゲームと化した現状は、バイオを応援する身としては本当に腹立たしいですね。
ただDAIさんも仰る通り、そーせいでもこういうことはありましたね~
私もここを絶好の買い場と思って、じっくりと腰を据えて臨みたいと思います。
私は投資経験が浅く、かきゆうさんをはじめ皆さんにはいつも勉強させていただき感謝しております!
皆さんと祝杯を挙げられる日を楽しみに、嵐が過ぎ去るのを待とうと思います。
DAIさん、しばっちさん、ありがとうございます!!

ラクオリアは、
①動物薬(2剤)の売上も絶好調ですし、欧米で300億円いくのでは??
②ジプラシドンも上市すれば、レポートでは100億とありますが、200億円いくのでは??
③テゴも韓国・中国・東南アジア・中東・中南米・東欧等のROWで500億円いくのでは??
※短信の4pでの『ROWでの臨床試験の準備が進められており』との記載でROW地域の上市も加速するのは、個人的には好材料と思うのですが・・・

以上により、テゴの日米欧の導出が無くても、数年後には売上1000億を目指すようになる(ラクオリアのロイは5%と仮定し50億)と妄想??しています。
これに日米欧の導出があれば・・・
ZTEの合弁での開発が進めば・・・
と色々ありますので、数年後には、決算で買われる銘柄になっていくと思います。
時間はかかるかもしれないですが、昨年の増資により、そして、来期以降継続的な黒字になることから、増資不安が少ないので、現物でじっくり保有しようと思っています。
このコメントは管理人のみ閲覧できます
はじめまして。一読者です。
いつも、かきゆうさんの詳細な分析力、ただただ脱帽しております。
ここのところのラクオリアの想定以上の下げ、甚だ謎です。。。
日本の株式市場は、異常だと思います。
なんだか、賭博場と化していると言うか、、、まあ、これは今に始まったことではないですが
やれ仕手株だとか、終わりだとか、SNSでの勝手な書き込みにも腹立たしい気持ちでいっぱいです。

正直、下げに次ぐ下げで、すっかり気持ちが塞ぎ込んでいたのですが、元々、成長を応援したい企業!ということで『投資』をした初心を思い出し、変わらずこれからも長期的に応援していきたいと思います。

外野のネガティブなガヤなんか気にするな!!
頑張れ、ラクオリア創薬!!!
※でも、株価対策はお願いね^_^ ;
日本のバイオ株は、期待にイナゴが群がって短期間に株価を吊り上げるので、期待が少しでも剥落すると一気に株価が下がり、そこに空売り機関なども参加してしばしばオーバーシュートしてしまいます。
バイオ株に長期投資している身としては株価の乱高下は大変迷惑なのですが、これは日本人に投資と投機をしっかり教育してこなかったつけでしょうね。
海外に比べて、日本は投機家の割合が非常に多いと感じています(本人はそう思っていないかもしれませんが)。
ラクオリア株の下落もそういったイナゴが群がった結果だと思いますが、株主の期待感が異常膨張したことが原因ではないでしょうか。
ラクオリアは他のバイオ企業と比べても将来性抜群だと思っていて、私自身も非常に期待しています。
しかし最近の株価下落のせいか、株主が楽観的な期待に希望を寄せているように感じて、少し心配しています。
例えば、テゴプラザンの日米欧の導出がよく議論に上りますが、私自身は大手に導出できなければ失敗だと思っています。
競合薬であるタケキャブは営業力のある武田によって既に日本で販売されており、これとテゴプラザンが競争していくためには中小の製薬会社では力不足だと思います。
テゴプラザンの売上を上げることが重要だと思うのですが、掲示板などを見ていると、導出することが重要であるように錯覚してしまいます。
たとえ良い条件で導出できたとしても、最終的にライバルに打ち勝って薬の売上を増やせなければ本末転倒です。
株主なので期待したい気持ちは理解できますが、希望通りにいかなかったときに耐えられなくなるので、それぞれの材料は控えめに見積もって過剰な投資は控えるべきだと思います。
そーせいの田村会長が、「パイプラインの内、1つか2つ成功すればよい」とおっしゃっていましたが、本来バイオベンチャーへの投資はそれぐらい難しいものだと思います。
このコメントは管理人のみ閲覧できます
>②ジプラシドンも上市すれば、レポートでは100億とありますが、200億円いくのでは??
根拠は何でしょうか。
 フィスコのレポートには、体重増加や血糖値上昇などの副作用が少ないことが特長で、単剤のみならずエビリファイとの併用が期待されているとあります。
 以前どこかの記事で読んだのですが、谷社長がアステラス時代に、精神疾患薬について、効果は弱めだが高い安全性のある薬を販売しようとしたときに100億売れるかどうかと思っていたが、結果として、その薬は300億円を売り上げヒットしたとありました。
 長期投与となる精神疾患薬は、副作用が少ないことが好まれるように思いますので、ジプラシドンのように副作用が少ない薬は、併用療法もできるので、売上はかなりのびると思っています(フィスコのレポートでは市場は約1600億とあるので、1割ちょっとまで取れれば(しかも併用されれば市場自体が大きくなると思いますので)200億も夢ではないようにおもいます。
 薬の売上は、販売してから3年くらいみないとピーク時売上が分からないので、販売してみないと何とも分かりませんが。。。
 売れると思った医薬品が売れなかったり、またその逆もあるという業界と思っています(タケキャブも当初の予想に反して??大ヒットしていますし・・・)。ガリプラントも1年目から米国のみで約25億円(フィスコではピーク売上50億円予想)も売れる商品となっております。。。
 ですので、まずは、何が何でも、上市することが大事に思います。

 また、別の方から販売マイルの質問がありましたが、販売マイルが、どのように設定されて、また、どれくらいとれるかは正直分かりません。。。
 販売マイルは、1医薬品ごとに、累計売上●百万ドル(億円)で●百万ドル(億円)という設定と思います。
 1回限りのボーナスなので、もし発生すればボーナスというくらいに考えております(その意味において上方修正要因のように思いますが、そーせいのウルシーの販売マイルの達成状況等を考えるとあまり期待していません)
 
 ジェットさんもご指摘のとおり楽観視はせずに、厳しい見積もりをした方がよいと思います。
 確かに、テゴの日本導出は、消化器疾患に強い製薬会社でないとタケキャブには勝てないでしょうね。
 もちろん、相手方も費用対効果を考えて導入するので、経費を回収するほどの利益がでると判断すれば導入すると思います。
 私はどこの製薬会社でも消化器疾患の販売網がある会社なら導出できればよいと思っています。
 ラクオリアの株主目線でみれば、上市しないと1円にもならないので、どこでもよいので、上市してくれる製薬会社に導出して欲しいと思っています(極論すれば一時金や開発マイルはゼロでも、上市後のロイが5~10%入れば導出すべきという考えです~)
 治験費用が回収できるかという小さな考えで(保守的な考えで)国内製薬会社が導入しないのであれば、増資OR借入金でラクオリアで3相をして、その後、販売提携をするという方法でもよいのではと思うのですが(そーせいの緊急避妊薬のように・・・)。。。それくらいダイナミックに経営して欲しいですね~

 バイオの場合、上市品のロイ等で、恒常的な黒字になるかどうかが分岐点ですので(今のところ、上市品のロイで黒字になっているのはそーせいくらいではないでしょうか??)、ラクオリアもそうなるのかどうか注視しております。
このコメントは管理人のみ閲覧できます
かきゆうさんがおっしゃるように上市しないと1円にもならないので、どこかには導出されると思います(韓国で承認されたことで、治験失敗のリスクは小さいので)。
そーせいのCOPD薬の売上推移をみていると、優れた薬効があってノバルティスファーマの営業力をもってしても、先行する薬の牙城を崩すのは大変なんだと感じています。
そういったことからも、ラクオリアは安易に妥協せずに大手製薬への導出を模索していってほしいと思います。
これまでラクオリアは大手製薬会社に導出したことがないので、大手への導出が切望されますね。
ここはファイザーとつながりがあるはずなので、バックアップしてくれると嬉しいのですが。
ファイザーにとって、ラクオリアのパイプラインは魅力がないんですかねー?
 ラクオリアの場合、今やファイザーよりも、韓国・中国のアジア圏にコネがあるように感じます。
 ウルシーの伸びがそれほどでもなかったのは、競合他社が同種品を同時期に販売したことと米国で1日2回薬になってしまったことが原因だと推測しています。ですので、テゴも武田以外の他社がP-CABを上市する前に上市してほしいのですが。。。
 個人的には、ベストインクラスを目指す開発よりもファーストインクラスを目指してほしいと思っています~
かきゆうさん、こんにちは。 昨日はまさかのストップ高で まだまだ安心は出来ませんが よく解らないながらも、ひとまず 落ち着いて今後を見守れるようになった、、と思っております。 私は今回の暴落で 弱小投資家らしい狼狽えっぷりでしたが、かきゆうさんの更新記事やコメント欄のお返事のお陰で なんとか冷静に耐えることが出来、今後 自分自身がラクオリアの安定株主になれるための心構えも出来たように思います。もっと勉強しなければ、、とも思いました。本当に有難うございました! 

さてそこで 一つご質問させてください。

終わったこと。と言えばそれまでなのですが、、 今回の決算前後に伴うラクオリアのIRの出し方については どう思われますか?  暴落の原因の一つであるとの見方も多く 今後も同じようなこと、例えば一瞬のスキを機関投資家につかれてしまう、、ようなことが起こるのではないかと心配です。

いくら長期投資と言えど 会社を心から応援する安定株主に過度な心理不安を与えるべきではないと考えます。

その点について かきゆうさんは会社に、改善希望や思うところはありますか? ぜひ聞かせてほしいです。
ラクオリアは、IR対応の良さはバイオ屈指と思ってます(いつも迅速かつ丁寧な返事をもらってます。)。
改善点としては、中計の出し方と個人株主向けに決算説明会を開催してほしいことでしょうか~
真面目な会社なので、ラクオリアには今後も丁寧な開示&説明をしてほしいですね。
お返事 ありがとうございます!個人株主向けに決算説明会、とても良いアイデアだと思います。かきゆうさん、ぜひ社長にお願いしてくださいm(__)m

実は今回のことで 私も初めて IRの問い合わせをしました。 投資家としての自覚がやっと芽生えたというのでしょうか。。。 お返事がとても丁寧で聡明で、、。私も この会社は信じられる!と思いました。  ラクオリアの株主は 私レベルの人間も多いと思います(笑) これからも真面目な姿勢と丁寧な説明で 例えイナゴであっても安定株主に変えてしまうような 魅力的な会社に成長してほしいですね!
名古屋大とのIRでましたね。
ますます楽しみです。
このIRについてはどのようにお感じでしょうか?
名古屋大学の連携が強くなるので良いと思ってます。また、国立大でラクオリアという民間企業名がつくのはラクオリアの実績が評価されたからと思ってます。
今後、名大発のパイプラインが続々と出ることを期待しております。
ありがとうございます。
こういうIRはワクワクします。
ラクオリアはIRたくさん出してくれるのも嬉しいです。
こちらのサイトも朝、昼、晩だけでなく随時チェックしてます。更新とコメント欄とても楽しみにしております。いつもありがとうございます。

あと、、真似して茶器、早速購入してみました。
solさん、いつもブログをご覧くださり、ありがとうございます。
茶をたてるとリラックスできるので、良かったです(戦国時代に武士が戦場で茶を楽しんでいたのも少し理解できました)。
名古屋大学は旧帝国大学で優秀な大学ですから、名大発の新薬が早く世にでることを期待しております🎵
このコメントは管理人のみ閲覧できます
私と学部も同じですね~笑
今後もよろしくお願いいたします。
かきゆうさん、ブログ楽しみに拝見させていただいております。
今日は、かきゆうさんのご意見をお聞かせ頂けましたら幸いです。
テゴプラザンの日本導出についてです。今回の薬価制度改正で新薬創出加算は最初の品目の薬価収載から3年以内・3番手まで」に限定されました。また、そこに企業用件が入りましたのでテゴプラザンの大手製薬会社導出は厳しくなったのでは?と心配しています。パイプラインは沢山あるのとテゴ欧米導出の可能性もあるのでそこまでの心配はありますんが如何でしょうか?大変お忙しい中かとは存じますが尊敬する かきゆうさんのご意見何卒よろしくおねがいいたします。
タケキャブも薬価改定されますし、新薬創出加算も、当初の目的通りに、真に革新性のある新薬のみ適用を受けることになるので、テゴの導出には逆風でしょうね。
ただ見方を変えれば、他社のP-CABの開発可能性も減るので、P-CAB競争も回避できるかもしれません。
その点も考慮して、導入先は方針決定すると思うので、なんともいえません(導出できるかどうかは、総会等で交渉状況を質問するしかないと思ってます)。
かきゆうさん、早速ご返信いただきましてありがとうございました。やはり、今回の薬価制度改革はテゴにとってはポジティブもありつつネガティブということですね。ただ、ラクオリアはかきゆうさんがおっしゃられるRQ941など楽しみも多いですね。しっかり応援していきます。ありがとうございました。
このコメントは管理人のみ閲覧できます
いえいえ、ご丁寧にありがとうございます。
自社株買いについては、現時点では黒字ではないので、しないと思いますし、その分研究開発に回すべきと思いますので、すべきでもないと思っています(浮動株比率を下げるには、資本提携等の資本政策をとる方が現実的と思っています)。
長期投資を目的とする機関投資家がいずれ購入するようになるので、治験が順調にいけば、浮動株比率は自ずとさがると思います。
かきゆう様

なるほど!
ありがとうございます。
大変勉強になりました^ ^

長期投資目的なので、買い増しも視野に、このまま成長を楽しみに見守っていきたいと思います。
ラクオリア、株価が軟調ですね…941の結果発表はそろそろでしょうか?
治験は既に終了していると思われますが、ZTE社との合弁事業の影響で発表が遅れていますかね?
材料が欲しいところです。
そうですね。ZTEの関係で開示が遅くになっているものと推測しています。
株主総会前に941の結果の開示があると予想しています。
きましたね!!
ポジティブな記事楽しみにしております。
いつも興味深い内容をありがとうございます
本日のラクオリアのIRにつきまして、御意見お聞かせ願えますでしょうか
どうぞ、よろしくお願い致します

コメント

 
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

Powered by FC2 Blog

FC2Ad


Copyright © 株投資でマイホーム All Rights Reserved.