メディシノバ(MN166主要評価項目達成)

 日経も2万2000円を超え、若干バブってきていますが、景気敏感株ではないバイオ株は全く動かず・・・
 ところが、ここにきて、
 メドレックスのレポート(手元資金から考えると、将来の増資のためには時価総額100億以上にしたい??)で流れがかわってきたかもと淡い期待をしています。
 そんな中、メディシノバも主要評価項目達・成(祝)!!
 正直、バイオを長年見てきた私としては、まさか達成するとは。。。という驚きが大きいです(メディシノバを10年近く見てきたため、予断が。。。今回のリリースについて、起訴状一本主義になれない自分がいました・・・というわけでメディシノバは全く持っていません)。
 2005年8月2日の2相IRから、10年以上経って治験成功とは、あきらめずによくぞ頑張った!!という気持ちでしょうか。。。
 それとともに、どうしてもっと早く、2相の成功が出せなかったのか??経営陣は何をしていたのか??という気持ちです。
 あと10年早く成功していれば・・・今頃は次の一手二手をとっていただろうに・・・という気持ちです。
 メディシノバは、ここからは早く上市できるように、3相に向けて、導出等を進めてもらいたいですね~

 メドレックス、メディシノバ以外にも、
今年から来年にかけて、そーせいのMシリーズ、サンバイオの2相、そして保有株のラクオリアのテゴの韓国承認、中国治験開始、GTSも中国展開等があるだろうと思っていますので、
 私は、来年はバイオ復活の年になると思っています(気になるのは、日経やダウが好調すぎていて、怖いくらいに上がっている点でしょうか??)
 頑張れ!日本のバイオ!!





スポンサーサイト

コメント

 
かきゆうさん

凄いですね。自分が手を付けてない銘柄にもコメントしているのは凄いです。
私なら悔しくて無視していると思います^^;

MN-166が導出されるとしたらどれぐらいの条件になると思われますか?

これからの株価推移は導出にかかってくると思うのですが、条件のイメージが出来ません^^;
治験結果の詳細がまだわからないので導出条件は読めないです。。。
3相の治験費用の負担を製薬会社が負うのか、折半になるのか、事実上シノバが負うのかによっても条件はかわってくると思います。
2008年頃に2相を行って以降、現在に至るまで導出できないことが気になるところです。
回答ありがとうございます。

2008年の時は主要評価項目未達だったと記憶しています。
そしてサブ解析で進行性MS患者で脳委縮に効果があると言う事で本治験をやっていたと理解しています。

本日IRで学会発表の内容が出ましたが、副次評価項目等のデータ解析は完了してないので、評価しづらいところではありますね。
 こちらこそ、2008年の情報ありがとうございます!
 本日、日経バイオに記事が出ていました。
 P値が0.04にとどまったこと、臨床的な効果は解析中のようですので、臨床的な効果が良くないと導出まで行けるかどうか・・・というところでしょうか??
 できれば3相の治験費用を考えると導出したいところですが、導入する企業も治験費用がかなりかかるので、上市後に回収できるかどうかを判断するために、臨床的な効果が良いことが必須のように思います。あと投薬量が多いので、副作用も気になるところです。。。
こちらのブログは為になるのはもちろんのこと面白いので、いつも楽しみにさせていただいております。ところでブライトパスバイオは、まだお持ちでしょうか?
ブライトは、ラクオリアに集中投資するために一度売りました。
ご返信いただきありがとうございました。
今回のテクノスJ Pの決算の感想を、お聞かせ願いたい。
サンバイオは再度はいられますか?
副作用は問題が無いようですのでね。

「イブジラスト群はプラセボ群と比較して、重篤な副反応・副作用の発生頻度には違いは見られませんでした。最も多く報告された副作用は、消化器症状(注:吐き気、軟便など)で、イブジラスト群でより多く報告され、次に多く報告されたのは上気道感染症で、プラセボ群で多く報告されました。」

副次評価項目のEDSSが良ければ、恐らくですが市場規模から考えると、導出交渉する企業が出てくるのではと期待しています。

※MS治療薬は免疫抑制剤が主と理解しており、感染症リスクの観点からすれば、一つの選択肢になる可能性があると思っています(あくまで薬効があればの話ですが・・・)
情報ありがとうございました!
サンバイオは、アキュセラのように仕手株になれば、かなり上がりそうですね。。。
ここから何倍あがるのか、他の銘柄の上値余地等も検討して買うかどうか考えています。

コメント

 
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

Powered by FC2 Blog

FC2Ad


Copyright © 株投資でマイホーム All Rights Reserved.