祝!GTS(長春技術移管完了&共同事業化)

 待ちに待った??中国展開が現実化してきましたね~
 中国は、事実上の参入規制があるので、ヒュミラのバイオシミラー事業が本格化したことは非常に喜ばしいです。。。
GTSで一番期待している事業なので、まずは安心しました(中国なので、国家の規制等で事業が無くなるリスクもあったので、本当に安心しました)。
 あとは、GTSに入るマイル&ロイがどれくらいになるか、でしょうね~
 ヒュミラのバイオシミラーは市場規模も大きいので、非常に期待しております。
 また、長春との提携は、ヒュミラ以外にも出てくるかも??と期待しているので、GTSには、伊藤忠のコネで??頑張ってもらいたいです!!
 久々に??GTSから好材料が出来ましたが、後続バイオシミラー&新薬事業と次々に事業が形になることを期待しております!!





スポンサーサイト

コメント

 
このコメントは管理人のみ閲覧できます
かきゆうさん、こんばんは。
待ちに待った中国案件やっと出ましたね。
かきゆうさんがブログで久しぶりにGTSを取り上げて、胸のうちを語って下さり、とても嬉しかったです♬
いつもありがとうございます。

今まで、どんな良いIRが出ても、行ってこいで残念な思いでいました。
今までは活気もなく低空飛行でしたが、中国展開をきっかけに株価の方も活気を取り戻して、右肩上がりになってくれれば嬉しいのですが。。

その辺はどう思われますか?
今回の長春はでかいと思っています。
あとは上市後のロイヤリティーがどれくらいもらえるかが、ポイントだと思います。
中国、東南アジアは将来的にはバイオシミラーが普及していくと思いますので、今回のIRで、中国展開が見えてきたのが非常に大きいと思ってます(特に中国の場合は独特の?参入規制があるので中国で上市できれば長期的に収益が見込めますので)。
おはようございます。

かきゆうさんの言われるように、中国・長春で大きな基盤を作り、一歩、一歩、確実に推進し、将来大きく飛躍してくれることを祈っています。

市場を取り巻く環境は不安定ですが、これからの展望、ポイントを説明して下さり、これで安心してGTSの成長を見守っていけそうです。
ありがとうございました。

寒暖の差が激しい毎日ですが、お身体ご自愛くださいね。

これからもブログ楽しみにしています。
GTSに投資して四年目になりますが、待ちに待った中国展開のIRでこの株価の反応には納得がいきません。こんなものでしょうか…
かきゆうさんが仰られる通りロイヤリティーがどの程度になるのかが株価にも大きく影響するのでしょうが、もう少し先を織り込んでも良いように感じます。ほんと地味な銘柄ですね…w
変に人気化するより、じわじわ行ってくれるならそれはそれで良いのですが…
まだまだ長期で応援していこうとは思います。
いつもブログありがとうございます。
GTSについては、まずは中間決算説明会の説明を待ちたいと思っています。
おはようございます!何時も勉強させていただきありがとうございます。
 
上記の皆様の話題から外れて申し訳ありません。
 一日平均どのぐらいの時間を株式投資に充てられていますか?また株価のチェックは一日どのぐらいの頻度で確認されていますか?
 最後の質問ですが決算短信は、どの様な項目を重要視されていますか?
 と気になってしまい質問ばかりになってしまい恐縮ですが・・・いかがでしょうか?
 いつもブログの更新を楽しみにしています!
1日どれくらい時間をあてているか、株価チェックの時間は、仕事が空いた時間(移動時間・昼食時間)、仕事が終わった後に見ています(1日最低1時間は見ていますが、休日や気になった銘柄を調査するときは5時間以上もかけているときもあるのでマチマチです)。
私の場合、新聞や株価を見たり、適時開示を見たり、他銘柄を調査したりするのが、ストレス解消であり楽しみなので、時間があれば見ているという状態です。
決算短信は、業種によって違いますね~
バイオの場合は、治験の進捗の確認と手元資金の確認でしょうか。。。
ふつうの業種の場合には、売上・利益はもちろんですが、営業CFや長短借入金の増減、手元資金も見ています。決算短信は最近簡略化の流れとなっているので、有価証券報告書や決算説明会の資料を見て確認しています。
おはようございます!
全て同じ事は出来ないと思いますが、成功者でいらっしゃるかきゆうさんから時間配分や勉強方法などや分析を参考させていただけることは、私の人生にとって大きなプラスになっています。
 コメント頂きありがとうございます。

コメント

 
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

Powered by FC2 Blog

FC2Ad


Copyright © 株投資でマイホーム All Rights Reserved.