ラクオリア(変更報告書・雑感)

 8月25日にファイザーから変更報告書が出ましたね。
 変更報告書を見ますと、
  8月14日…20万株売却
  8月15日…10万株売却
  8月16日…15万株売却
  8月17日…15万株売却
  8月18日…14万3000株売却
 合計74万3000株売却(提出時の保有株・74万3000株、保有比率3.86%)
  ※本件に関して、最初に変更報告書を提出したのが8月21日
 となります。

 つまり、
  ①18日の売却数が14万3000株と端数であること
  ②売却数が当初保有数の半分ぴったりであること
  ③18日に売却した後の21日に最初の報告書を提出していること
 を考えると、ファイザーの売りは終了ではないかと私は予想しています(あくまでも私の予想ですが・・・)。

 また、ブリッジは8月22日に変更報告書(義務日15日、提出時の保有株・63万9800株、保有比率3.32%)を提出しています。
 以前の報告書(5月17日)の保有数は、97万2500株です。
 上記報告書の記載から、ブリッジは、8月15日に33万2700株を売ったものと予想されます(推測)。
 そしてその後は保有比率が5%を切ったので、売却しても報告書の提出は不要となります(その点ではキップファイブも同様)。

 ラクオリアの出来高の推移をみますと、金曜日は100万株を切ったので、ブリッジ・キップの益出し売りも終わった(または終わりが近い)のではないかと勝手に予想しています。

 なお、今週、板の様子を見ていたのですが、板の出し方にかなり違和感を感じました(つまり、買い板、売り板ともに板が厚すぎます。株価を操作しているのでは??と思ってしまうくらいの感じです。特に金曜日は出来高が64万2000株と非常に少なかったにもかかわらず、1円刻みで千株単位の板が並んでいました。。。
 来週の株価、特に寄りつき前の成り売り数、そして場中の板の出方には注視していこうと思っています(そしてその後の状況等についても注視していこうと思います)。

 大株主の株の変動、経験上から感じる板の出方の違和感から何が起きるのかは、今後の私の株投資の経験にもなるので、行方を見守っていこうと思います。
 といいつつも、ラクオリアのようなバイオベンチャーは、上記テクニカルなことよりも、パイプラインの進捗が全てですので、テゴの韓国申請、エンタイスの販売開始の有無に注目しております!!







スポンサーサイト

コメント

 
ブログの更新をありがとうございます。いつも大変参考にさせて頂いています。

ファイザーといえば、そーせいの株価がいわゆるファイザーラインに迫る勢いでそろそろ割安感も出てきたように思うのですが、いずれは買い戻しなどは考えていらっしゃいますでしょうか…?
 そーせいは常時パイプラインの進捗をチェックしています。
 Mシリーズ、A2Aの治験状況とミナ社の買収資金がどうなるのかを考え、買い戻すことも考えております。
かきゆうさんの投資方針は昔から一貫していて尊敬いたします。今後も勉強させていただきます。

お返事をありがとうございました!
いえいえ、こちらこそ今後とも宜しくお願いいたします。
かきゆうさん、ブログ、いつも勉強させていただいています。

ラクは近々ファイナンスですかね?

仮にそうだとしたら、どこぞのバイオと違って、前向きなものだと思いますが、一時的には株価軟調になりますね。

(割当先にもよりますが)第三者割当だと違った展開も考えられますが。

私は取引下手なので、とりあえず今のポジションを維持します!
製薬会社等との資本提携も含め、様々な可能性があると思っています(単にファンドの売り、空売りの買い戻しの可能性もあると思っています)。
この株価の板の出し方がいつ終わるのか注視していこうと思ってます。
もし増資などで一時的な下げが来たら、ラッキーと考えて枚数増やそうと考えています(*^o^*)。
ラクオリアの場合、黒字が見えてきたので、増資があったとしても前向きに考えています。
このコメントは管理人のみ閲覧できます
 その銘柄も監視しています。
 そのパイプラインは、治験薬の作製のための工程数が多く、スケールアップが難しいため臨床治験までに時間がかかり、費用対効果の観点から解除されたようなので、厳しいように思います(他社も含めて、臨床初期で契約解除されたパイプラインが上市したケースというのはほとんどないので。。。)。
 次のパイプラインがもっと育ってくれれば・・と思うのですが、まだ進展には時間がかかりそうですので様子見です(導出に向けて動きが出そうなら、仕込むかもしれませんが、「現時点では」様子見をしています)。
 
かきゆうさんほどの優秀で経験豊富な大株主であれば、株主提案などを通して時価総額が最大になるようなアドバイスが経営陣されたりしますか?
 
状況によりますね。
バイオの場合は、まずは、株主に対して情報開示をするのが大事と思っています。
ラクオリアに関しては、先日、経営陣の方とお話しする機会があったので、情報開示について私の考えをいい、経営陣も前向きに検討しますとおっしゃってましので、今のところ不満はありません(ラクオリアはIRが真面目な会社と思っていますので、応援したくなります~)。
そーせいについては、大株主なら情報開示について、もっと注文をつけるかもしれませんね。。。
不躾な内容の質問と一部打ち間違えにもかかわらず、誠実にご回答頂き大変ありがとうございました。どうかご容赦ください。
ブログ更新お疲れさまです。

ラクオリアの話ではなくて恐縮ですがサンバイオへはいつ頃から投資を再開される予定ですか?
恐らく今年中にはTBIの組み入れ完了、早ければ来年頭には脳梗塞の組み入れも達成されるなど材料が続くと思われますがどのようにお考えでしょうか?
結局、治験結果が出てからか出る直前くらいまで軟調な動きをする可能性も高いと思ってますが遅かれ早かれサンバイオは化け物会社に育つと妄想しております。笑
サンバイオは常時監視しています。
買うタイミングが難しいですね。。。
いつ買うかはまだ決めていません。
 
このコメントは管理人のみ閲覧できます
 これはあくまでも私の勝手な推測ですが、悪材料があるなら、株価を維持させずに下落していくので、悪材料を予想しての下げではないと思っています。
 可能性としては、株価を維持したい何かがあるのか、たとえば、増資(公募増資、第三者割当増資・資本提携)か、TOBか、ファンドの買い占めか、大株主の換金売りか、といったことのように思います。
 いずれにせよ不自然な株価形成ですね。。。
 明日以降も注視して行方をみまもります。
このコメントは管理人のみ閲覧できます
最近密かに??はじめました。
ブログで書くまでの内容でない、または自分の感想を書いています。
このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメント

 
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

Powered by FC2 Blog

FC2Ad


Copyright © 株投資でマイホーム All Rights Reserved.