今年も夏枯れ相場??

 1Q決算前に材料株が急騰し(7月下旬まで。今年はゲーム株が急騰しました)、その後1Q決算で下落、そして信用買の投げ売りによる更なる下落という流れで来ていますね。
 米国のダウもなぜか堅調でしたが、ここに来て大幅下落という展開に(北朝鮮情勢を不安視しての売りとなっていますが、後づけのように思えるのですが)。。。
 今年も薄商いの中、仕掛け売りとファンドの換金売りで8月は軟調になるのでしょうか??
 昨年であれば、8月のお盆頃が底で、8月下旬頃から反転していきましたが、今年はどうなることやら。。。。
 いずれにせよ、私は、中長期的に見て、安いと自分で思う銘柄に投資していく方針です。
 ラクオリアも、決算では、有価証券の換金により手元資金が約20億になっております(赤字幅も私の想定よりも少なかったですし、普通の地合いであれば、無事決算通過ということになるのですが、今は地合いが悪すぎるので・・・)。
 そして、研究開発も順調に進んでおり、将来が楽しみです(まさに、ラクオリア「創薬」という会社の名前にふさわしい会社になりつつあります~)。
 短期的には、テゴの承認申請、エンタイスの米国発売開始があることが予想されますが、
 一番はテゴの日米の導出に期待しています(これが出来ると、今期黒転も十分にありえますし、また中長期的にみて、テゴがブロックバスターになるものと思いますので、ラクオリアの評価も一変すると思うのですが。。。)。
 マニアックな点では、テゴの中国治験が1相からはじまるのか、それともブリッジングで3相くらいから開始するのかにも注視しています。
 いずれにせよ、目先の株価にとらわれずに、谷社長のいっていた2020年までに時価総額1000億になるのかどうかを注視して現物投資でどっしりいこうと思っています~
 バイオ以外では、ゲーム株がこの悪地合いで安くなってきたので、U&Cを損切りし、欅のキセキに期待して、ENISHを買いました。
 地合いが悪く、新興は大揺れとなっていますが、逆にいうと安く拾える場面と思っていますので、これ以上の一段下げになるのであれば、大型配当株に投資している資金をふりわけて、年末に向けて、バイオ・ゲーム株にさらに重点的に投資していこうと思っています。
 というわけで保有株は、以下のとおりです((3)以外は、秋から冬にかけて材料のある銘柄に資金を集中させました)。
(1)バイオ…①ラクオリア②GTS③ブライト(ニーサでそーせい・サンバイオ)
(2)ゲーム…①カヤック②ケイブ③ENISH
(3)それ以外…①JSS②アドベンチャー③SAMURAI




スポンサーサイト

コメント

 
こんばんは、ブログ更新おつかれさまです。北朝鮮はやばいですね、下手したら日本にもミサイル落ちてきそうです。ないもないことを祈ります…。
 北朝鮮が先制攻撃しない限り、米国は攻撃しないと思うのですが、挑発ばかりしていると、落としどころが無くなってくるのが難点ですね。。。
 北朝鮮は、出口戦略を考えているのか疑問です。。。
 北朝鮮問題はクーデター等により政権が変わらない限り、終結しないと思われるのが厄介ですね~
かきゆうさんこんにちは。
いつも勉強させて頂いております。

地合いが悪く、信用買の重みもあり、機関の売りが激しいラクオリアですが、下値はどの程度とお考えでしょうか?

自分はかなりいいところまで下がっているとは思いつつ、地合いの悪さでもう一段下げるのかなと思っております。
現物フルポジなので静観しますが。。。
かきゆうさんの私見をお聞きできたらなと思っております。よろしくお願い致します。
株にはまさかがあるので、下値がどこかは分かりません。
ここで反転するかもしれませんし、時価総額200億円台割れもあるかもしれません(1000円割れまで覚悟してます)。
私も現物なので、無理な取り引きはせずに、パニック売りになったら買い増しをするというスタンスでいます。
忙しい中ご返信ありがとうございます。
かきゆうさんの見解、ありがたく参考にさせて頂きます。
ブリッジングとは三相から開始するのではなく用量反応試験のみ行い三相を行う必要ない手続きなのではないかと思います。
下の19ページ右側参照でしょうか。

https://www.google.co.jp/url?sa=t&source=web&rct=j&url=https://www.niph.go.jp/journal/data/60-1/201160010005.pdf&ved=0ahUKEwiO0o_ttNHVAhUFhrwKHdPdDKEQFgg5MAQ&usg=AFQjCNGmqR2run7Yqmk3BlKsxtDeYlxg2g
情報ありがとうございます❗
貴重な資料ありがとうございました。勉強になりました。
ご指摘のとおり、用量反応試験をして、韓国の治験と同様の結果であれば、3相は韓国の治験データを使って申請することになるようですね(そうだとするとかなり治験も短縮できますね)。
中国や日本でこの方法でいけるか注目しておきます~
ブリッジング開発、大変参考になりました。
ブログのコメント欄を拝見させていただきました。公開にしていただきありがとうございます。
こうやって情報のやり取りができるのも、かきゆうさんのブログのおかげです。これもある意味、ブリッジングですね(笑:すいません)
重ねてありがとうございます。
大変勉強になりました。

サンバイオの株主総会で森社長が仰ってたのは、このことかもしれません。
帝人は、これを待ってるのでしょうか(謎)??
 帝人は、極力治験費用をかけないようにするために(帝人との契約によれば、治験費用は全額帝人負担なので)、海外の脳梗塞の治験結果が出てから動くものと思っています。
 今から考えると、日本も米国も大日本住友にしてもらう方が治験が進みやすかったように思います(大日本はナパブカシンの治験失敗により、再生医療に本腰を入れてくると思いますので・・・)。
このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメント

 
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

Powered by FC2 Blog

FC2Ad


Copyright © 株投資でマイホーム All Rights Reserved.