アンジェス(連日の急騰)

 数十億単位の経費をまかなうためには、アロベクチンとコラテジェンの米国での上市が必須と思っていました。
 このため、アンジェスは、アロベクチンの3相の失敗以来投資していません(コラテジェンの米国3相も中止となっています)。
 コラテジェンについて、日本では、2008年3月に申請、その後、追加治験を要求され、2010年9月に申請取り下げとなっておりました。
 コラテジェンの申請から取り下げまでの、期間やIRの推移は非常に勉強になりました(申請から2年以内に承認されないと何かあるなと疑うのが大切ということを学びました。。。UMN等で生かすことができました)。
 アンジェスは、これまで、コラテジェン(日…申請取下、米国…3相中止、第一三共提携解消→時間がかかって田辺三菱と販売提携)、アロベクチン(3相失敗)、デコイオリゴ(3相失敗)。。。と散々な結果でした。。。
 治験失敗のIRの開示まで、パイプラインをどのように説明(開示)していたかは、非常に勉強になっています。

 そんなアンジェスですが、大規模なリストラもなく、毎年数十億もの赤字を出し、その度に増資をするといった方法でのりきってきました。
 もう少し赤字を減らす努力をした方がよいのではないかと思っていますが、余計なお世話ですね。。。

 今回も手元資金も少なくなり、増資もうまくいっていなかったので、どうするのだろうかと思っていたところでした。。。
 急騰→ツイッター等での煽り??→さらに急騰→新株予約権の大量行使→日経記事(→急騰??→残りの新株予約権の全部の行使完了??)
 ( )内は私の予想ですので、外れるかもしれませんが。。。
 医師主導治験の結果の開示もされていないのに、そして、承認申請の時期(10月をめどに申請と新聞記事にはありました)や販売時期(2018年の発売をめざすと記載されていました)まで記載された報道がされたのでしょうかね~
 取締役の1人は日経出身ということで日経とのパイプがあるのでしょうか(あくまでも推測ですが。。。)。。。

 いずれにせよ、アンジェスの資金調達力は素晴らしいものがあると思っています。
 一投資家の意見としては、コラテジェン(名前はベペルミノゲンにかわっていますが・・・)の販売予測は出して欲しいものです。。。
 医師主導治験の症例数6例(しかもオープンラベル)で条件付承認が得られるのか注目しています。
 
 申請ができれば、仮に申請後資金が少なくなっても再度の資金調達もできそうですし。。。またDNAワクチンのパイプラインも材料としてはピカイチですし。。。
 何よりも過去の増資をみると、ほとんど増資中に大暴騰をしているので、仕手株のような値動きでボラが大きく、おもしろい銘柄ですね(中長期投資には、どう黒字化にもっていくかが見えてこないと怖くて投資できませんが。。。)

私は、現時点では投資しようと思いませんが、今後のIRの推移はバイオ投資に役立つので、私は勉強のためにアンジェスのIRは、注視していこうと思っています。

 



スポンサーサイト

コメント

 
私もアンジェスはある意味勉強になる銘柄だと思っています。
上場して15年、パイプラインの期待を高める(煽る?)技術、市場から資金を調達する技術には目をみはるものがあります。
この会社のお陰で、パイプラインが上手く行かない場合のIR内容、割当増資時の証券会社、承認までの期間等、私のバイオ投資リスク感知力を高めるのに役立っています。
かきゆうさんは、リスク感知する際にどんな点を気をつけていますか?
ケースによって様々ですが、過去の臨床試験データの内容(優位差が出ているのかどうか)、IRの文言とか、説明会の発言内容、中立的な立場にいるアナリストや理系関係者の意見(日経バイオの解説等)とかで、察知するようにしています。
いつも勉強させて頂きありがとうございます。
上記の内容とは関係なくてすいませんが、四季報オンラインの有料会員になられていますか?
 四季報については、書籍は大和証券の株主優待でもらっておりますが、ネットでさくさく検索して見たい(読みたい)と思うことが多々あるので、四季報オンラインの有料会員にもなっています(先取り情報や業績予想もネットやスマホで、電車移動等のときにも、簡単にみることができますので役立っております)。
 
このコメントは管理人のみ閲覧できます
こんばんわ。最近のラクオリアの動きはどのようにお考えでしょうか?やはり3相結果まではその他IR情報や多少の上下は気にされないお考えですかね。
 ラクオリアは増し担保規制中ですから、下げて当然という認識でいます。
 ラクオリアは、3相成功、日米欧導出、動物薬上市、ジプラシドン上市がポイントだと思いますし、それらが成功すれば株価はついてくると思っていますので、長い目で放置しています(数年以内に大化けしてくれればとの気持ちでいます)。
 目先の株価よりも、短期的に心配しているのは、増資があるのかどうかだけです。

コメント

 
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

Powered by FC2 Blog

FC2Ad


Copyright © 株投資でマイホーム All Rights Reserved.