マザーズ急落(3%強の下落)。ラクオリア買い増し。。。

 4月になって、がつんと新興が下げました。新興の株価に変調が・・・・
地合いが悪いときは、会社の経営方針に共感できる銘柄のみ保有することにしています(会社の経営方針に共感できない銘柄では、株価が下落し、資産が減ったときに、非常に後悔しますし、下落している会社を応援しようという気になれませんので・・)。。。

 先日モブキャストを損切りし、バイオ、特にラクオリアを買い増ししようと思っていたので、私的には好機と思い、本日、買い増ししました。
 ラクオリアは、手元資金が少ないので増資があと1回あると予想しています(15%くらいの希薄化は覚悟しての投資です。増資がきたら、買い増しのスタンスでいます)。
 動物薬、テゴプラザン、ジプラシドン、そして名古屋大とのパイプを考えると、こんな価格ではないと思うのですが。。。1~2年後に開花すればよしとの気持ちでおります。




スポンサーサイト

コメント

 
いつも勉強させていただいております。
主要、新興ともに下げるのは久しぶりでしだね。
私もバイオ株を中心に中長期スタンスで保有しております。ラオクリアは2年前からホルダーです。

本日そーせいより、ようやくアメリカ販売のアナウンスがありました。
そーせいの価値を確かなものとする大きな材料だと思っております。
まさか、とは思いましたがいつもの通り寄り天でした。出来高も大した事がありません。
やはりアラガン導出品の進展がない限りトレンドは変わらないのでしょうか。
御考えをお聞かせいただければ幸いです。
こんばんは、いつも大変勉強になります‼
ラクオリア関連ですが、CJの時価総額が大きいとは言え韓国国内での報道を考慮しても株価の反応があまりありませんね。やはり正式に発表されない限りは、株価は動意づきませんね。
 いつものかきゆうさんなら、増資覚悟でのリスクはあまり取られないない様な気がするするのですか?今回はリスクを上回るメリットがあるのでしょうか?
 そーせいは、大日本住友製薬の3Qの決算説明会の動画配信の質問のところで、ウルシーを含む3剤の売上予測について答えるものがあり(米国では3剤で500億未満の売上予想)、私も妥当な数字と思っています。
 1日2回薬になっていること、スピリーバの特許切れ、ノバ社が費用対効果を考え自社で売るのではなく、サノビオンに販売権を付与したこと、を考えるとウルシーの米国の売上にはあまり期待しない方がよいと思っています(ヘプタレス買収前にそーせいを売却した理由も上記理由によるものです)。
 今後は、ヘプタレス、特にMシリーズの進捗が全てと思います。
 Mシリーズが上市されれば、時価総額兆円企業もありうると思いますし、ウルシーのロイ喪失時に上市品の目処が立たないと時価総額数百億への低迷もありうると思っています。
 Mシリーズは精神疾患薬で長期服用になるので、安全性の確認の点から、治験期間は長くなるものと予想しています(ラクオリアが導出している明治のジプラシドンは海外上市品ですが、それでさえ国内治験に長期間を要しています。。。)。
 MシリーズやA2A、偏頭痛薬等の2相入り、そして2相通過がいつになるのかが今後のポイントと思っています(短期的には、今期の業績予想の利益がいくらになるかが転換点と予想しています)。
 ラクオリアは、IPOの時から常時監視していた銘柄でした。
 国内の売上予想が100億以上といわれるジプラシドンが上市すれば、ロイ5%としても5億が毎年ラクオリアに入ります。動物薬2剤でも100億でロイ5億はとれると思っていますので、ジプラシドンが上市されれば、CJの治験が仮に失敗したとしても黒字転換は可能をいう見立てです。
 そして、CJの3相が成功すれば、韓国そして中国販売へとつながり、また、日欧米の導出も進むと思っています。そうなると時価総額500億以上への可能性も・・・と妄想しています。
 手元資金が少ないので増資は1回あると思いますが、1回15億程度あれば、黒字まで資金は持つだろうという読みです(最後の増資という予想です)。
 増資15億としても、時価総額100億くらいですので、増資があったとしても安いですし、仮に、ウィズのような固定価格での第三者割り当てだったり、製薬会社等への第三者割り当てでの増資でしたら、むしろ上がる可能性もあると思いますので、増資前にある程度買っておこうという判断で購入しました(増資で安くなればナンピンすれば良しとの判断で買った次第です)。
 ラクオリアは地味なバイオですし、CJ等の結果まで半年以上あると思いますので、気長に考えております。
質問へのご回答頂き大変ありがとうございました‼このような真摯な姿勢に敬服致します。
私はこのブログを通して多くの事学ぶ機会に恵まれ大変感謝しています。
わたしも、貴ブログを通して大変勉強になり大変感謝しております!!
ラクオリアもかきゆうさん同様、増資があったとしても買い増し、また応援していきます。
今年に入って新日本科学を集めているものですが、かきゆーさんはどう見ますか?
はじめまして。
株初心者でかきゆうさんのブログを最近知りました
深い知識には本当に感服するとともに、
文章の読みやすさなど大のお気に入りのブログとなり毎日チェックしてます。

私自身現在投資しているのが「6636ソルガムジャパン」です。
かきゆうさんも2014年頃投資されていたようでまた親近感を持ちました。
上場廃止が危惧されていた同社も先日、3月31日からのIRなどで希望が持てそうな内容となっています。
今日もPTSでは上昇してます。
以前は不誠実な印象があったものの、赤尾現社長のもと、もう一度応援したくなり、握りしめております。

かきゆうさんは現在の印象はどのようにお考えでしょうか?
もしよろしければ現在の印象などをお聞かせ願えれば嬉しいです。

年内はどのようなことがあっても決済はしないつもりでNISAで持っております。
新日本科学の経鼻技術は非常におもしろいと思っております。
難点は有利子負債が200億以上あり、かつ、営業キャッシュフローが年間20~30億マイナスとなっております。
手元資金もあまりないので増資の可能性があると思い、様子見をしております。
黒字になるようなら、時価総額も小さいですし、おもしろいと思うのですが。。。
 6636のソルガムは以前購入していたことがあるのですが、正直、会社の経営方針に??がついたので投資対象外としました。。。
 現在体制がかわったのですが、先日の裁判の和解内容のIRにも??がついたので様子見です。
 値動きが魅力的でマネーゲームとしてはおもしろいと思っています。
はじめまして。わたしもいつもかきゆうさんの視点を参考にさせて頂いている一人です。いつも有り難うございます。
GTSの株価が延々と下落し続けていて、気が滅入っています。今期に見込んでいた契約が先延ばしになったことで、不安を煽ったことが大きいと感じています。
かきゆうさんはGTSの株価の今後をどう見通しておられますか。
 GTSは、ご指摘のとおり、中国の契約が遅延しているのが問題点だと思っています。
 中国の契約の進捗については、期末の決算説明会で説明があると思いますので、そこで確認したいと思っています。
そーせいからヘプの力を再認識させる
IRがでてきましたね。だからそーせい信者をやめられません。 笑
そーせいのIRは久びさに??良いニュースだと思っています。
マイルの話は、導出時のリリースを見ると前臨床の結果時に発生するとあったので、このことだったのですね~
こんばんわ。
ご返信いただきありがとうございます。大変嬉しく感じてます。
今日は大幅に上昇するとの予想でしたが、乱高下しただけに終わりました。今日の動きを見ても、かきゆうさんのおっしゃられたマナーゲームそのものの動きでした。
この会社の罪は深いと思いますが、いつかかきゆうさんが投資したくなるような、会社になってほしいと応援することとします。
ブログ更新、楽しみにしております!
昨日のメドレックスIRについて如何思われますか?
久びさに非常に素晴らしいニュースだと思っています。
一時金で売上も億をこえるので、上場廃止も免れますし。
ただ黒字の目処はまだたっていないと思っていますので、黒字がいつできるかに注目しています。
グリーンペプタイトについてどうお考えでしょうか?
 免疫チェックポイント阻害剤の登場で、がんワクチンは再度注目されるものと期待しております。
 また、免疫チェックポイント阻害剤との併用治験がさかんに行われておりますが、今後は膨大な医療費負担を軽減するために、併用薬も原価が低い医薬品が好まれるようになると予想しています。
 ペプチドリームの特殊ペプチドで安価に免疫チェックポイント阻害剤を作成し、併用療法で、がんワクチンを使うというのが、日本の技術を集結させた次世代のがん治療薬になるのではと密かに期待しています。
 グリーンは、増資も完了し、あと1~2年くらいで富士の3相の結果も出ますし、そして、ガン免疫のパイプラインも豊富になってきたので、ガン免疫療法のバイオベンチャーとして評価される時代がくると予想し、既に資金を投入し、応援しております。
今ある地政学リスクについて、どうお考えでしょうか?
北朝鮮情勢の緊迫は、外国人投資家の資金が逃げるので、日本株には厳しいと思っています。

コメント

 
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

Powered by FC2 Blog

FC2Ad


Copyright © 株投資でマイホーム All Rights Reserved.