年末相場に向けて・・・

 バイオは来年以降勝負と思ってしこんでいるので(年内に材料がでるとすればGTSぐらい??)、バイオ4社【そーせい・サンバイオ・GTS・ファーマフーズ】は完全放置です。

 年末から年初にかけて期待しているのはバイオ以外の銘柄です。
 技術革命がおきつつある、VR・AR・AI関連銘柄に投資しています。
 具体的にはVRでイード、ARでユークス、AIで日本サードです。
 この3銘柄を中心にしつつも、先日、少し、エルテス(FFRIよりも時価総額が小さいので、5000株だけ購入)、ドリコム(私がプレステでやっていて、なじみのある、みんごる期待で2万株だけ購入)を買いました。この他に、先日のブログで記載のとおり、中長期目的でアドベンチャーも買っております。

 あとは3月末配当取りのために配当株に分散投資しています。
 配当株も私らしく??、少々マニアックな銘柄に投資しています~

 年がかわるといきなり売り一色の相場になることも予想されるので(近年このようなことが何度かありました・・・)、年末相場で資金を増やせればと思っております。
 



 

 
スポンサーサイト

コメント

 
そーせいが酷い値動きですね…

もう、そーせいの年内の材料に関しては、あまり期待されていない感じでしょうか?
M1のパイプライン2本のphase1結果発表とphase2スタートも年内は無理ですかね…?
 そーせいの年内の材料は期待されていないでしょう。
 ですが、期待されていない方が、IRが出たときのインパクトが大きいので、よいのでしょうはないでしょうか・・と思って放置しております。
年が変わるといきなり売り一色って
今回はそのまま上がって行きそうな気がしますけどね

私は、地合いの予想が下手なので、年明け以降の動きは分かりません。
ただリスクヘッジだけは頭に入れておかねばと思ってます。
このコメントは管理人のみ閲覧できます
ほしさん、情報ありがとうございます。
その銘柄、不勉強の私は知りませんでした。。。
これから調査して、購入するかどうか考えます。
こんばんは。
ナノキャリアが大変そうですね。
投資対象にはしておりませんでしたが、バイオ全体に明るい話題が最近少ないのでちょっぴり残念です。
サンバイオのレーティングが変更されたしたね。
そちらはどうでも良いのですが治験の進捗に不透明感、予定の後ろ倒し懸念が厄介です。

かきゆうさんは治験の進捗ついてどう思われますか?
 みずほ証券のレポートですが、株式新聞で「試験の進ちょくが従来の同証券予想に対して約1年間後ろ倒しになり、米国でのフェーズ2b試験の終了は19年、承認は23年と見通しを改めたとする」とあり、私の予想よりも1~2年くらい後でしたので、ちょっと失望しました。。。
 外傷性脳損傷は脳梗塞よりも2相の結果は早いと思いますが、2018年以降になるのではと思い、ポジションを少し減らしました。
 ナノキャリアといい、小野薬の下方修正といい、バイオ(または製薬)の悪材料にはうんざりしています。
コメントありがとうございます。
かきゆうさんの見解がお聞きできてよかったです。
もし、治験の遅延が確実ならば17年に期待すべきは欧州関連の提携ですかね?
 2017年の材料としては、脳梗塞のEU導出があるかどうか、外傷性脳損傷の日米欧の導出があるかどうか、そして新規の適応(または新規導入品)の臨床開始の有無でしょうか・・・

コメント

 
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

Powered by FC2 Blog

FC2Ad


Copyright © 株投資でマイホーム All Rights Reserved.