今日も229円安(1万7000円割れ)

トランプショックでしょうか?
今日も日経が下がりました。
ですが、私はこれは買い場と思い、仕込み途中で上がってしまった銘柄の買い増しをしています。
アメリカ大統領選挙前まで軟調で、クリントン勝利で戻すと思っているのですが。。。
英国の件もあったので、こればかりは「まさか」の展開もあるのでしょうか??

分散投資のため、そーせいを先日一部売却したことで、保有銘柄が増えました。。。
現時点では以下のとおりです(大化けねらいのみで、かつ数千万以上投資している銘柄のみ)。その他配当目的や優待目的銘柄に資産の半分くらいを投じて、守りの投資をしております。

1 バイオ
①そーせい…ここまで一気に下落するとは思いませんでした。ですが、幸いポジションを減らしていたので、そこまで厳しくありません。そーせいも来年以降に飛躍を期待している銘柄ですので、気長に考えております。目先は決算等どこまで織り込んでいるのか株価の反応をみて考えたいと思います。
②サンバイオ…今日はなぜか上がりました。。。脳梗塞の2bよりも外傷性脳損傷の2相の結果の方が観察期間が短いので早くでる可能性もあると思っています。いずれにせよ来年が勝負の年と思いますので、今はどうでもよいですが。。。
③GTS…今日は何か出ると思っていたのですが、決算以外何も出なかったですね。。。まずは決算説明会の動画配信でパイプラインの進捗を確認したいと思っています。
④ファーマフーズ…医薬品関連は時間がかかることを覚悟で投資。通販事業の売上拡大で研究開発費を吸収して黒字になってきたことを評価し、投資しております。

2 IT関連
①日本サード…短期的にはTOBがどうなるのか注目。AI、ロボットと材料豊富ですし、配当もそこそこあるので、株価低迷なら放置予定。
②テクノスジャパン…ZMP上場にかけて本日2200円台で買い増し。ZMP関連は年末のテーマになると勝手に予想。。。どうなることやら。。。
③アドベンチャー…予約サイトの展開に期待。中長期的には大化けするか、またその逆か、業績の変化率に注視しております。
④BEENOS…EC関連で投資。打診買い程度。

3 ゲーム
①ユークス…内田Pの展開に期待。来年勝負の年??
②日本一S…地味ながら、ゲームの完成度が徐々に高くなってきたように思います。小さいゲーム会社への応援の意味も込めて投資しています。




 
スポンサーサイト

コメント

 
いつも楽しみに見ています。
株価が軟調な時こそチャンスですもんね。
今日はソネットメディアネットワークスを買い増しました。バックの大きさと、無借金、資金潤沢で時価総額が低くAI関連と、動き出したら早そうなので、大中期待資金で買ってます。
是非、かきゆうさんも!笑
時価総額も小さく、おもしろい銘柄ですね~
6533 デジタルアイデンティティ
はいかがでしょうか。
良い会社と思い買い続けてるのですが・・・
このコメントは管理人のみ閲覧できます
 6533もおもしろいですね~
 皆さんから魅力的な会社を教えてもらい感謝です!!
 ファンドはいつかは換金するので仕方がないと思います。
 ファンドの売却が下落原因だったのですね~
 難点は、浮動株が増えることでしょうか。。。
こんにちは。

質問させて下さい。

札幌医科大学&ニプロが開発しているSTR01(自家骨髄間葉系幹細胞・先駆け審査指定制度対象品目)の治験がかなり進んでいて、慢性脳梗塞の後遺症を改善させる効果も出ている模様です(医師主導治験)

移植経路は異なりますが、慢性脳梗塞P2b中のSB623(他家骨髄間葉系幹細胞・再生細胞薬)と絡めて、STR01をどう思われますでしょうか?
厳密な治験データーの開示がないのでなんともいえないですが、量産化のハードルをクリアすれば、サンバイオのライバルになるものと思ってます。
あと、発症後どの程度経過した患者を対象としているのかも気になってます。
日経バイオの記事ですと、申請は先駆け制度を利用して脊椎損傷を先にするみたいですね。ニプロの技術で量産化ができるかどうかがポイントと思ってます。
札幌医大のものは発症後2ヶ月を対象とするようですね(間違っていたらご指摘ください)。
点滴投与は魅力的ですが、発症後2ヶ月を経過した患者を対象とする、量産化をクリアしている、米国等海外展開できるという点でサンバイオは差別化できると思ってます。
丁寧なご返答、ありがとうございました。
SB623には頑張って欲しいです!
札幌医科大学と二プロの脳梗塞治験はこれですよね?脳梗塞発症40日以内が選択基準ですのでどちらかというと亜急性期と思われます。慢性期のサンバイオとは対象が被らないと思います。また、二プロとサンバイオいずれもが成功した場合も、脳梗塞の患者さんにとっては二プロの薬を投与したあとに治りが悪い場合にSB623を後々投与するという選択肢も将来的には出てくるものと思われますので、どちらも成功してほしいです。
https://dbcentre3.jmacct.med.or.jp/JMACTR/App/JMACTRE02_04/JMACTRE02_04.aspx?kbn=3&seqno=3222#KeyInclusionandExclusionCriteria

kokoさん、情報ありがとうございました!
とても参考になりました!!
ついでにですが、二プロ札幌医科大学の治験薬は自分の骨髄採取及び培養が必要な点がやや苦労することと、やはり点滴投与ですので脳梗塞部位に薬が到達するには脳梗塞部位を栄養する血管がある程度生きている必要があります。そのため、除外基準に頭頚部MRA(または3D‐CTAまたは脳血管造影検査)において脳梗塞の責任血管の狭窄が70%以上である、などという項目が入っているものと思われます。その点でサンバイオの治験薬は直接投与できるので有利かと思われます。いずれにしても、どちらも成功して欲しいです。間違っている点がありましたらご指摘いただけますと幸いです。
kokoさん、詳しい説明ありがとうございます!!
脊髄損傷に対するSTR01投与に関してですが、効果は素晴らしいものです。日本疼痛学会で、その効果の一端が紹介されていました。SB623も脊髄損傷をターゲットにしているようですから、ここでは完全にかぶります。自家か他家かの違いですから、STR01が成功するなら、SB623も成功します。その逆も然り。STR01では、コスト予想が示されておらず、ここに問題が残ると思います。
現状、コスト面に問題があるとニプロの方もコメントしておりました。あと数年でそこを克服できるかどうかがポイントのように思います。
https://bio.nikkeibp.co.jp/article/news/20140203/173776/

これにありますね。
古い記事ですが帝人が動かないのは
日米TBIや米脳梗塞データ見て成功を確信出来たらいきなりフェーズ3スタートを目論んでたりするのかもしれませんね。

2014.2の記事ですが
今のままだと事業化は無理なのだ
とあるのでサンバイオが10年程かかったのと同じ期間で量産化成功すると2024年?
ニプロ工場完成から研究開始なら2026年?
情報ありがとうございます!!

コメント

 
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

Powered by FC2 Blog

FC2Ad


Copyright © 株投資でマイホーム All Rights Reserved.