FC2ブログ

そーせい暴落

今日もそーせい暴落。
これでピーク時からそーせいだけで5億強ふっとびました~
あまりのさげっぷりに笑うしかないですね~
銘柄に惚れるなとの言葉を忘れて放置したのが駄目でした。
この棒投げのそーせいには、ただただ呆れました。
会社の価値はこんな安価ではないと確信してますが、株価の暴落スピードが早すぎると、新興市場ではホールドしているのがアホらしくなりますね~
そーせいはいまでも数年後の兆円企業を期待してますが、こうもアホみたいにさげると投資する気がなくなります(特にそーせい自体は順調なのに地合いで棒投げされると心がパキッと折れますね)。。。
中長期投資をするのが虚しく感じる一日でした。。。

スポンサーサイト



コメント

 
窓を全部閉めそうな勢いですね。それで済めばまだマシでしょうか……。今後、保有数を減らすとかも想定されてますか?
いつもblogを参考にさせて頂いております。
私もそーせいは中長期での保有予定で全て現物なので特に動かしていない状況です。
ただ、ここまでやられ放題の状況はさすがに日本の株式市場も辛いなとは思います。
必ずや切り返すとは思いますし、進捗状況も良好なので不安はないですが、株価に反映されない不満はあります。
現物の枚数を減らすのは税金の事もありますし、悩ましいですね。
私はこのままホールドですが、かきゆう様はどうお考えですか?
かきゆう様
初めまして。いつもたいへん参考にさせていただき、勉強させていただいております。
私も、かきゆう様ほどではありませんが、そーせい株をそこそこの株数を数年前から保有して一度も売っておりません。実はアキュセラ株では、5月末に売ろうと図に乗って短期売買して、大損しました。
そんな中、まだまだ含み益はたくさんありますが、そーせいの5月の下落、今週の下落は、たいへん面白くない、寂しい気持ちです。
ただ、昨年、ヘプタレスを買収し、そーせいは生まれ変わったと思っていますし、それ以前と比べて、保有すること自体の安心感は大きくなりました。
しかし、技術は大きく期待していますが、株主説明会での財務に関する質問の受け答えで、為替の想定レートがすぐに回答できないなど、まだまだ管理体制はぜい弱だなあ・・・とは感じました。
3万円になったら一度半分売ろうと思っていましたが、今回の下落を目の当たりにし、コマメに利確しないといけないのだろうか・・・と感じるこの頃です。
今日も凄まじい下げでしたね。
持ち株がそーせい、サンバイオ、GTSの私は休憩時間に確認し笑ってしまいました。
ここまで来ると売る気も全くなくなり、むしろ少しずつ買い足しました。早く相場が落ち着くと良いですね。
 保有株をどうするか決めていません。
 現物保有ですし、余裕資金での投資ですので、柔軟に考えております(買い増し、放置、撤退と柔軟に考えております)。
 ひとつ言えるのは、利食いが遅かったです(反省)。。。
かきゆうさんはじめまして。
イギリスEU離脱懸念がオーバーヒートしてしまい、持ち株株価暴落している方も多いと思います。
かきゆうさんも心が折れてしまったとか、ご心中察します。
ですがあなた様にはご自身が大口ホルダーとして多くの方への影響力を持つ
大物株ブロガー様であるというご自覚を持っていただきたい。
個別銘柄の特に売りタイミングに関してのコメント、他「売りました」宣言は、当該銘柄のホルダーにとってはあまり嬉しいものではありません。
そこらへんの表現については細心のご配予定でおります。
自分が一度信じた物の行く末を最後まで見届けたいと思っております。
かきゆうさんとご一緒できたら幸いです。
訂正
そこらへんのご表現については細心のご配慮をお願いしたいです。
私はそーせい、サンバイオを依然ホールド予定でおります。
自分が一度信じた物の行く末を最後まで見届けたいと思っております。
かきゆうさんと最後までご一緒できたら幸いです。
政局に影響を受け易いマーケットの弱みにつけこんだ空売り外資にだけは負けたくないという気概でおります。
お互い頑張りましょう。
 仮に私がそーせいを売っても、最高値で売るわけではないので、相場の転換点にはならないと思っています。
 むしろここで売った場合には底値の可能性大ですので、反転ののろしになると思っています。
 というわけで、ここから私が売っても下げの材料にはならないと思っています(もちろん売ると決めたわけではないですが・・・)。
 ですが、ご指摘もありましたので、売った場合・そして買い増しした場合は、引け後に記載したいと思います。
 現時点では、ここでポートフォーリオを崩す必要もないので、放置の確率が一番高いですが、株価を見て決めます(数百億あるのであれば、そーせいの浮動株を吸い上げるくらいの心中ですが、その資金も無いですし、無力です・・・)。
いつも素晴らしい日記ありがとうございます
売買について 厳しい意見があるようですがあくまで個人投資家ですのでご自由に売買されていいと思います

>ご指摘もありましたので、売った場合・そして買い増しした場合は、引け後に記載したいと思います。

誠実を通り越してお人よしの域だと思うのですが、恐縮ながら、そんなかきゆうさんが大好きです。これからも応援しています。
このコメントは管理人のみ閲覧できます
K2さん、ありがとうございます!!
全てを失いました。
樹海へつながる道を歩こうと
思います。
もう日本のマーケットには
戻りたくありません
田村河内さん、ここに書いてどうするの。現物で時間を味方につけた方が良いよ、と、昔からかきゆうさん言っていたのに、信用取引しちゃったんですか…
このコメントは管理人のみ閲覧できます
いつも参考にさせて頂いています!
通り魔の被害にあったかのような理不尽な暴落ですね。わたしも6000万以上損して疲れました。長期の資産形成が目的なので、目的を見失わずにかきゆうさんのブログ見ながら株価17万円までストロングホールドです! 
こんにちは。
バイオ系はほぼ売り買いして無いのですが、かきゆうさんのブログは度々拝見しておりました。
そーせいですが、マザーズだと指数の影響が凄まじいので、早く一部に行った方が良いかもしれませんね。機関の買い期待出来るでしょうし。
かきゆうさん、いつもブログ更新楽しみにしています。
このような厳しい環境でも、ブログ更新されていて頭が下がります。

私は1月の急落後、長期投資はそーせい含め2割未満のロングに抑えてます。それでも平静を保つのはなかなか難しいものがありますね・・・
GTSを1月の時の説明会に出て1800で損切りしてしまったのですが、逆にあのあたりで買った人などは今まだ充分に含み益ですし、そーせいにしてもへプタレス買収からしばらくは1万円未満でいくらでも買えたわけですから、レバレッジかけすぎてない限り利益が出てる状態だろうと思います。
かきゆうさんも常に言及されているとおり、長期投資は現物投資で、自分なりの信念をもって相場に向かうことが大切で、そのうえでブログを参考にしていきたいと思っています。
間違いなく投資ブログとして最高峰のひとつと思いますし、これからもファンのひとりとして応援してます!
こんにちは。かきゆうさんを尊敬し、目指している者です。

自分はそーせい集中で、少ない枚数ですがずっと放置しています。かきゆうさんの言われる、まずは資産を数千万円まで増やす段階を試みています。

銘柄には惚れるなと言われますが、なかなか難しいですね。自分の場合、そーせいに惚れるというか信じていなければ、26000円の高値になる前に、更には現在の15000円より下で利確していたと思います。

結果論から言うと、25000円程度で利確して、今回の暴落で買い戻すのがベストだったことになりますが、そううまくはいかないのが現実で。

かきゆうさんの経験上、一番高確率かつ利益の出る投資スタイルはどのようなものだと思われますか?ご教授頂けるとありがたいです。
 ともさん、ご丁寧にありがとうございます。
 一番高確率かつ利益の出る投資スタイルというのは、私の場合は、時価総額の小さい銘柄で、大化けする可能性のある材料のある銘柄に、人気のないうちに投資するスタイルです。
 ですが、言うは易し行うは難し、です。特に買うタイミングは孤独との戦いのように思います。
かきゆうさん、お返事ありがとうございます。

当面は既にそーせいに絞って投資済みなので、数千万円まで増え少し余裕ができた暁には、かきゆうさんの手法を参考にせて頂きます。

今後もブログ楽しみにしております。
シオズミアセットマネジメントの塩住秀夫社長が運用する日本株ファンド「レッグ・メイソン・ジャパン・エクイティ・ファンド」は英ロンドン市場に上場し、6月7日時点の純資産総額は日本円換算で1025億円。レッグ・メイソン・ファンドの組み入れトップ銘柄は創薬ベンチャーのペプチドリームで、比率は全体の10%。3位にも7.5%のそーせいグループが入る。バイオは米国で20年以上前に成長産業となり、日本も追随すると予想したのが組み入れのきっかけだ。塩住さんを、かなり以前から僕は尊敬しています、一度保有した銘柄は株価が上昇してもファンダメンタルズが変わらない限り、保有し続けるスタンスです。もう一人の有名ファンドマネージヤーもそーせいが世界有数の製薬企業になるであろうとブログで認めていると僕は理解しました。欧米ではそーせいはメガファーマーなみの扱いを受けています。理解していないのは多くの個人投資家です。アルゴによって売らされたら一生後悔すると僕は思っています。
くまさん、情報ありがとうございます!!
日本の投資家も、マネーゲームではなく、中長期的な視点にたち、産業を育てるというスタンスでバイオに本腰を入れて投資してもらいたいですね~
かきゆうさん、お返事ありがとうございます。 そーせいは塩住さんの読みどうり日本を代表する企業になると僕は期待しています。東証1部に移行すれば今まで制約があり買えなかった機関投資家も購入すると思います。株式投資は自分との戦いであり、信念が試されるとても難しい投資であり、個人が株式投資で負けるのは信用を利用するためだと僕は思っています。我々個人は時間軸がたっぷりあるので、機関投資家より有利です。ヘッジファンドも今年は成績が悪く、破たんするところも多いと聞きました。そーせいが日本を代表する企業になるのを株主として見届けたいと思っています。
 くまさん、おっしゃるとおりです。
 個人投資家の一番のよいところは、時間(期限)の制約なく自由に取引できるところと思っています。
 そのため、私は信用取引をしていませんが、そーせいの場合、浮動株が多く、かつ、信用買いがあまりに多いため、このような下落になっているものと思っています(浮動株が少なく信用買いも少ないPDは下落幅が小さいです)。
 日々公表銘柄ですので、最近の信用買いの数を見ているのですが、ようやく信用買いが減ってきています(おそらく信用買いの方の損切りに思います)。
 そーせいの場合、単元株価が高いので、個人投資家の方は現物ではなく信用買いで購入するかたも多いと思います。
 私が経営陣なら株式分割をして、かつ、もう少し丁寧にIRを出しますね~
 ヘプタレスだけでなく、アクティバスファーマやジツボ、ロラミックの進捗も丁寧に説明したほうがよいと思っています。
 そして、アラガンとの大型契約で手元現金が豊富になったので、日本の大学との共同研究や小型のM&Aや3相からはじめられるインライセンス(導入)をしてもよいと思います(これらは数十億程度でできると思いますので)。
 ヘプタレスは非常に素晴らしいと思いますが、ホームランばかりではなく、内野安打でも出塁できるような貪欲さが大切と思っています。
 アクティバスの技術やジツボのペプチドの技術をもっといかしてもらいたいですね。
 私なら、そーせいの国内事業をもっとお金になるようにできると思うのですが。。。ヘプタレスの買収による収益貢献は予想以上に早かったと経営陣も思っていますので、それに安住せずにより迅速に兆円企業への布石をうってほしいです。
かきゆうさん、ありがとうございます。日本の個人投資家の9割が損をするのは信用取引を使うためだと思います。ゴールドマンは特にそのあたりを攻めてきて多くの犠牲者がそーせいに出たと思われます。ただ、彼らもそーせいがとても有望なのは理解していて、外資には医薬品専門の優秀なアナリストが多数います。株価は徐々に将来の業績を織り込み始めます。ただ、今回の下げはもう少しあると思いますが、いずれ底を打つと思われます。新社長には僕は期待しています。いろんな手を打ってくると思われます。そうしなければ買収される恐れがそーせいにあるからです。総会はいけませんが、内容を楽しみにいています。
 ピーターさんとはおととし??直接お話をして、非常に頭の良い方という印象です。私もピーターさんの手腕には大いに期待しています。
 バイオは、TOBのリスクがありますね。
 私が保有していた銘柄のうち、富山化学、アールテックウエノはTOBされました。。。そーせいも5000億以上で買いたいと思う企業はあると思います。
 総会は出席できるか分かりませんが、出席しましたらブログで詳細を報告いたします。
かきゆうさん、個人名小松原さんの名前をあえて出さしていただきますが、小松原さんも自身のブログで、読者の質問に対する返答で、そーせいが将来世界的な製薬企業になることに対して否定しなかったと僕は受け取りました。小松原さんのブログ名は仙人の祈りです。彼は本当に先を読む力があり、塩住さんと小松原さんはとても信頼できます。何者かによるアルゴによる株価操作が入っていますが、株価は将来のキャッシュフローの現在価値です。そーせいはペプチに比べて将来のキャシュフローがまだ株価に充分織り込まれていません。そーせいはこれからだと思います。
 くまさん、ありがとうございます。
 そーせいの2015年に開かれたR&Dを再度見ました。
 M1&M4は、リリー社が開発していたキサノメリンにより、認知機能と統合失調症の症状改善は立証されていました。ただ、キサノメリンは選択制が乏しかったためM2とM3にも作動してしまい副作用の観点で開発中止となりました。
 そーせいのM1の1相の治験で安全性(M2とM3には作動しないこと)が確認されたので、普通に考えればかなり上市の可能性は高く、安全性の高い医薬品ができるものと期待しています。とりわけ長期服用を要する医薬品の場合には副作用が強く出るのかどうかによりセールス額が違ってくるものと思っています。他社の開発も進んでいますが、ヘプタレスの候補品は選択制が非常に高いので、安全性が高いと思っていますので、他社よりも売れると思っています(そのため、アラガンの大型契約になったものとR&Dを聞いて再確信しました)。
 目先の株価は、信用買いが多いため、その整理で軟調も考えられますが、私は現物オンリーで余裕資金で投資しているので、下がれば買い増しのスタンスでどっしりいこうと再確認した次第です!!

コメント

 
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

Powered by FC2 Blog

Copyright © 株投資でマイホーム All Rights Reserved.