FC2ブログ

投資情報会社のアナリストについて

 そーせいについて記載されている、あるアナリストのブログを読みましたが、そーせいの株価急騰を東証1部上場への移行発言が原因であると判断しているようですが、私は、そうは思っていません。
 私は、ヘプタレスの技術の高さ、つまりパイプラインの価値が投資家に評価されての上昇と思っています(端的な形であらわれたのはアラガンとの大型契約と思っています)。

 東証1部にいくかどうかというよりも、パイプラインの進捗かどうかが大事であり、株価もその影響を一番受けると思っています(個人的にはマザーズ先物も始まるのでマザーズのままでも良いとおもっているくらいです)。私の見方は違っているのでしょうか??

 投資情報会社のアナリストの方のブログは、その他にも、私的にはおおいに??のつく記載もありました(責任問題うんぬんの記載についてのあたり・・・)。
 そして、ブログには反論などは受け付けないという記載でした。

 投資情報会社のアナリストですから、私なんかよりも圧倒的な知識・情報量をお持ちだと思うのに(その仕事でお金をもらうというのは、そういうことだと思っています)、反論をうけつけず、そしてブログを説明無く削除するというのは、いかがなものかと個人的には思っています。
 プロとして自信をもって記載したものと思いますので、堂々と主張すればよいと思っています(もちろん、プロであっても時には誤りや誤解もありますので、そのような場合にはきちんと説明をすればよいと思っています)。



 
スポンサーサイト



コメント

 
このコメントは管理人のみ閲覧できます
まさやさん、ありがとうございます。
その銘柄は、創薬ベンチャーではないので、上市した場合の収益イメージが私には分からないというのが本音です。
上市した場合の利益額が数百億単位で入るのか、それとも数億円程度なのかを見極めて投資しようと思っているのですが、正直私はまだ理解できていません(すみません)。。。
フィスコの馬渕氏ですが、訂正コメント出したみたいです。

立場的に影響力のある人ですから、風説の流布で解雇とか逮捕はないんでしょうかね。

今日の値動き見てると影響あったようですし、市場が動いてから訂正しても無意味かと。
責任問題うんぬんをわざわざ記載した理由等も含めて、主観がかなり入った記載というのは、客観的な視点が求められるアナリストの記載としては、いかがなものかというのが私の正直な感想です。
プロはその世界ではミスが許されない職業ですので、その自覚をもって仕事をしてもらいたいです。
かきゆうさん、こんにちは。

マザーズ先物が始まるので、そーせいはマザーズのままでいいのでは、とのコメントがありましたが、それはなぜでしょうか?

先物が始まると、外資におもちゃにされる心配が先に立つのですが。
マイホームさん、お体の方はどうですか?
そう、GTSなんですが中国の財華社という新聞ではこういう記事が出てるのでGTSの方に問い合わせしたらまだ協議中ですってw
でも遅いですよね
http://www2.finet.hk/Newscenter/news_detail/57396028e4b0e1ae2a3d5add
マザーズ先物の上場で日銀がマザーズのETF買いをはじめるのではとの期待や機関投資家の買いが期待できると思ったからです。

創薬は時間がかかりますので、GTSの中国展開も年内に方針がでればくらいに思っています(気長に考えております)。
かきゆうさん
コメント失礼します。

本日はヘリオス、リプロセルなどのIPS関連のバイオが人気でしたね。
個人的にはIPS細胞のバイオ医薬品よりサンバイオのsb623の方がよっぽど期待できると思いますが。
今日人気化しなかったのが少し悔しいです。
私は、費用・量産化の問題から、実用化はサンバイオの方が断然早いと思っています。
上市にいけば、こんな安価ではないので、短期的な人気化は全く興味ないです。来年の治験結果の成功をただただ期待しております!
どっしり構えていらしゃるのは流石です。

コメント

 
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

Powered by FC2 Blog

Copyright © 株投資でマイホーム All Rights Reserved.