FC2ブログ

6月になって

 アキュセラショックから今日はジグソーショックに・・・
 問題になっているジグソーのレポートを読みましたが、この記載が事実だとするとかなり厳しい展開になりそうですね。。。
 私はジグソーの業態が理解できなかったので投資していませんでしたが、雰囲気のみで投資すると駄目ですね~
 かといって精査しすぎると株価が理解できないことも多くなり、投資機会が奪われます(難しいです)。
 アキュセラは治験失敗で暴落しましたが、治験失敗後、急騰前の株価(700円前後)よりも高い1100円で値が付きました。
 治験失敗後に救出IRが無かったので、時価総額400億円付近でとどまるとは思いもよりませんでした(パイプラインで一番期待できるのは白内障治療薬ですがPOC取得は2019年予定となっており、まだ数年先ですし、大塚が負担している治験費用の問題もありますので、治験の成否が分からない時期の株価よりも治験が失敗した後の株価は当然に下がると思っていたのですが。。。)。
 
 最近はマザーズは業績よりもマネーゲームになっているのではと思う銘柄もあるように思います。
 リスクをさけたい臆病な私はただ傍観しているだけですが、リスクをとって投資し、リスクが表面化する前に資金を引き揚げるか、人気化する前に投資して取得単価をかなり下げた状態で勝負するか、をした方はアキュセラでも儲けたように思います(昨年から購入していた人は治験失敗後に売却しても利食いできました)。
 いずれにせよ、雰囲気に流されずに、リスクはどこにあるのかを自分なりに考え、リスクを承知で投資すれば、大損することはないように思います。。。
 
 というわけで、アキュセラ、ジグソーショックと続いたこともあり、投資銘柄について、よい面ばかりではなくリスクも考えておくことが大事と再認識したこの1週間でした。


スポンサーサイト



コメント

 
アキュセラは失敗する確率が圧倒的に高いと思っていましたが株価が上がるから投資してました
いいタイミングで売り抜けられましたし、分かってて投資するならこれ程美味しい話はないかなと思ってます。
バイオなんてどこもある程度リスクはありますし、総じて割高ですからね。
銘柄によってリスクの大きさは違いますし、分かりやすい分かりにくいの違いはありますが。
 のむさんみたいな投資家の方が一番すごいと思います。
 私は治験成功率しか考えずに、治験結果前にどこまで上がるかという視点が抜けていました(反省)。。。自分の情けなさに反省しかないです。。。
 最近は投資ということにこだわりすぎて、買って売るという原点を忘れていると自分では思っています(今年は、大きな売買は数回程度しかしていないので、もっと機敏にしないといけないですね(反省))
その堅実さがかきゆうさんのスタイルで私は良いと思います(そこが好きです)。
もしかきゆうさんがアキュセラに投資していたら、たとえ儲けたとしても大変なことになってたと思います(反響なども含めて)。
考えただけでも恐ろしいです。。。
寧ろ今のままでいてほしいです。。。。

 最近は資金を増やすということ以上に、応援したい会社に中長期で投資するというスタンスになっているので、地味な取引になっております(その分リスクは減っていますが。。。)。
 リスクを承知で投資するというのも始めたのですが(ブランジスタがその例です)、来月入院・手術のため、リスク投資もいったん停止しています(メドレックスはそのため撤退しました)。
 体調が回復しましたら、リスクをとって投資するスタイルも勉強のために再開したいと思っています(もちろん、今までの投資スタイルと併用して行うスタイルで、投入資金も数千万程度に抑えますが。。)。

コメント

 
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

Powered by FC2 Blog

Copyright © 株投資でマイホーム All Rights Reserved.