FC2ブログ

謹賀新年(2016年)

 昨日夜にサイパンから帰国しました。サイパンは温かく(しかも日本の夏のような湿気もないので)非常に過ごしやすかったです。

 旅行中に従軍慰安婦問題で日韓で歴史的な合意がありました。
 私の予想では、米国が仕組んだことのように思います。

 日本は米ソ冷戦の中で、ソ連の防波堤として米国の支持のもと、飛躍的な経済成長を遂げましたが、ベルリン崩壊に象徴されるソ連解体後では米国との摩擦が強まり、日本の経済は停滞しました。
 そして、現在は、米中が世界覇権をめぐって競っているように思います。
 そのため、中国の囲い込みのために、日米で政治・経済も協力体制に入ってきました(従軍慰安婦の問題も日韓の摩擦を減らしたい米国の意向により合意されたものと思うのです)。
 となると、日本は米国との経済摩擦が弱まり、再び復興していくように思っています(既にここ数年その兆候は出てきました)。
 もっとも、日本の成長のためには、人口の増加(移民政策も含めての抜本的解決が必要に思います)、訪日外国人の増加、世界で戦える技術を研く、ことが大事と思います。

 以上のことから、世界で戦える技術であるバイオ産業の発展なくして、日本の成長はないと私は思っています。
 というわけで、今年もバイオを中心に投資をしていく考えでいます。
 現在保有している銘柄は、そーせい、GTS、サンバイオの3銘柄で、どれも大化けを期待しています。
 2016年は、そーせい(M1の結果、導出、A2Aの1相開始)、GTS(バイオシミラーの提携)、サンバイオ(SB623の国内開発)に期待しています。
 上記銘柄は、治験の成否&進捗によって、株価5~10倍もあると思っています(もちろんその逆もありますが・・・)。

 その他にも2016年でおもしろいバイオとして、カルナバイオ、ナノキャリア、アキュセラ、シンバイオ、ファーマフーズにも注目しています(もちろんそれ以外のバイオも注目していますが・・・)

 もちろん、バイオ以外でも、時価総額の小さい銘柄を発掘していこうと思います。

 ちなみに・・・ニーサは一昨年(400株)、昨年(300株)とそーせいに投資しましたが、今年は、そーせいが100株しか買えなかったので、5年以内の上市を期待してサンバイオを買いました(1200株)

 今年は、昨年以上に難しい年になると覚悟していますが、柔軟に機敏に対応していこうと思っています。
 今年もよろしくお願いいたします!!







スポンサーサイト



コメント

 
このコメントは管理人のみ閲覧できます
かきゆうさん、明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。
pickさん、ブログをお読み下さりありがとうございます。
バイオ株は治験結果が全てですので、治験状況を見極めて投資するのが大切と思っています。
また、投資時期と銘柄によっては増資による希薄化リスクもあるので、その見極めも大切のように思います。
今後ともよろしくお願いいたします。
DAIさん、こちらこそ、今年もよろしくお願いいたします!!
新年あけましておめでとうございます.
私は資産規模が小さいのでそーせいへ集中投資をしています。日本は欧米に10~20年遅れての産業の発達をしてきた歴史があるので私も近くバイオ産業が世界的な企業になるのでないかと期待しています。これからもよろしくお願いします
新年あけましておめでとうございます。

今年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

今年は有力なバイオ銘柄の飛躍の年となりそうですね。非常に楽しみです。
あすかさん、今年もよろしくお願いいたします!!
私は、日本のバイオベンチャーの中から世界に通用するバイオが出てくるものと思っています。
sacchiさん、今年もよろしくお願いいたします。
バイオは日々研究が前進しますので、昨年よりも今年はより一層バイオは前進すると思っています!!
今年もよろしくお願いします。
NISAは私もそーせいにこれまで400→300と投資してきたのですが、流石に今年100ではと思って悩んでいるところでした。
私はアキュセラの方にしようかと思案中ですが、最近少し上がって来てしまったのでタイミング含めてもう少し検討してみます。
そーせいにとってもかきゆうさん、株主のみなさんにとって良い一年になりますように!
lubeckさん、今年もよろしくお願いいたします。
アキュセラは、エミクススタトの1本目の2b・3相の治験結果が今年夏に出る予定ですので、その結果如何では10倍もありうると思います。
ただ2aの治験情報を見ると、一定の有効性はでたものの、優越性まではでていないように思いますので(サンプル数が少なく、期間が短いためだと思います)、2b・3相の結果の成功確率は五分五分のように思っています(もちろん、私の印象といいますか、感想ですが・・・)
いつもブログありがとうございます。
久しぶりに3Dマトリックスについてのご見解をお伺いできないでしょうか?本日も特許成立のIRが出て、PTSは盛り上がっているようですが、来期はいよいよ収穫期に突入するのでしょうか?
私は3Dマトリックスに社長の言葉を信じてに数年間投資してきましたが、去年の止血材の承認申請取り下げで失望し、大変な損害を被り持ち株の大半を損切りしました。(数百株はまだ保有中です。)
痛い目に遭わされて来たので、正直、最近の決算説明会の動画を観ても、社長の言葉は疑ってしまうのですが、反面、いよいよ会社予想が実現していくのでは…という淡い期待も持ち合わせています。
今回の決算説明会の動画を観る限り、止血材は海外での販売提携を地道に進め、成果も上がってきてるようですし、他のパイプラインの進捗も確認ができます。
会社予想が実現されるなら、今の株価はかなり安いと思うのですが…

お忙しいところ恐れ入りますが、
ご見解お聞かせ頂ければ幸いです。
よろしくお願いします。
 こちらこそ、今年もよろしくお願いいたします。
 3DMについては、止血材の申請期間があまりに長かったので、追加治験を要求されているのではと思っていましたが、私の予想通りになってしまいました。
 (取り下げの前後の社長の言動から判断するに)社長の発言は本音をいっている感じではないので、客観的な材料から自分で判断するしかない銘柄のように思います。
 現状では時価総額が200億程度にまで下がったので、割安感も出てきたように思います。
 止血材の本格展開は、EUの販売契約締結、日本または米国の上市後になると思いますので、あと1~2年辛抱という感じです。
 市場の浸透率や期待は、EUの販売契約の一時金の額で判断するのがよいように思います(仮に数千万程度の額であれば、それほど売れない可能性が高く、逆に10億円程度になるのであれば大いに期待できます)。
 あとは手元資金が40億強しかない点でしょうか??過去の決算の数字を見ると1期で15億前後の資金が流出しているので、手元資金はあと2~3年という印象です。黒字化までにもう一回増資する可能性もあると思います。
 
 短期的にはいつEUの販売契約が出るのか分からないので、ここで大きく上がる可能性もあります(いつ締結できるかの予想は難しいですね・・・・)。

 止血材で黒字化ができるのかどうかは、日本又は米国の上市、もしくはEUの販売契約が締結されない限り難しいと思いますが、逆に上市または販売契約の締結で黒字化も見えてくると思います(来期の中期計画の20億の黒字は私は難しいと思いますが、数億円程度の黒字転換できれば、今の株価は安いと思っています)。

 時価総額が500億を超えているなら即損切りですが、200億程度にまで下がったので、ここからの売買の判断は難しいように思います(私なら、売るかホールドするのかは、どちらが後悔しないかで決めると思います)。

お忙しい中、早速お返事を頂きありがとうございます!
大変勉強になり参考にさせて頂きます!
私はそーせいに8割、3Dに2割程度の割合でこの数年間投資してきましたが、そーせい田村社長と3D高村社長を同じように捉えて信用仕切ってきたことが間違いだったと今となっては思います。
とは言っても田村社長の事も信用仕切ってきたことで一昨年も去年も増資を喰らい、特に去年は公募増資はしないという田村社長の言葉を完全に鵜呑みにしていたので、増資前に買い増して、痛い目には遭いましたが…。
3Dは現物は全て損失りし500万円以上の損失を被り、もうニーサ分しか保有していないので、もう少し3Dに賭けてみようと思います。そーせいに比べれば、ほとんど期待もしていませんが…万が一、大化けすれば…というくらいの気持ちで保有することにします。

かきゆうさんの売買には、いつも本当に感心させられっぱなしです。
去年は特に、公募増資前のそーせいの売却と増資後の買い戻し、アールテックウエノ、カルナバイオ…

これからも個人投資家の鑑として、是非、ブログを続けて行って頂ければと思います。
ありがとうございました。
あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いいたします
3Dマトリックスは確か経営者がdenaの創業者と同じ出身なので、一度キャッシュカウに転じればM&Aなどで期待できますね。

話変わってテクノスジャパンですが、やはり大口が集めていました。
(大量保有報告書が出ました)
僕は大和証券と思ってたのですが、JPモルガンでした。
予想以上の大物の登場に非常に驚きました。
かぜさん、今年もよろしくお願いいたします。

それにしても、テクノスジャパンのかぜさんの読みは的中ですね。
JPモルガンなら今後かなりおもしろい展開になりますね(私はZMP上場延期の情報(誤報??)で薄利で売却してしまいました・・・)。
さすがです!!やはり信じる者と書いて儲かるなのですね~
アキュセラその後みるみる上がってしまいました。注目していただけに、タイミングを逸してなんか悔しいですw
 アキュセラは私も買えませんでした。
 ただ、アキュセラの動きはとても勉強になりました。

 オンコセラピー、メドレックスのときもそうですが、会社の将来を左右する治験結果がでる数か月前に突如として株価が上昇しはじめるということが今回も確認できました。
 治験結果に自信がない場合には、治験結果が出る前に売るという方法もあったと私は反省しています(アキュセラを調べすぎたために柔軟性を欠いたようと私は反省しています)。

 来年はサンバイオでも同じ状況になるのではと勝手に予想していますので、アキュセラの動きはよい勉強になりました(他のバイオにも参考になる動きと感じました)。

 
このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメント

 
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

Powered by FC2 Blog

Copyright © 株投資でマイホーム All Rights Reserved.