FC2ブログ

バイオはそーせいに集中!

今日は往復5時間の電車移動でしたので、ほぼ1日板の状況が見れました。

そーせいが3000円を割れてきたので、そーせい以外のバイオを売却して(千万単位の損)、そーせいをナンピンしました。
2800円台でもがつんと買ったのですが、売りがすさまじかったです。

悔しいですが、日興の完全勝利ですね~。

募集価格は、決定日の終値の価格なので、日興としては何としても(力ずくでも??)株価を下げて、安い価格で株を引き受けたいのだと思います(既に上市しているブロックバスター候補品をもっている会社を、合法的に、格安で、大量に取得できるのですから、羨ましい限りです。と同時に、個人投資家をこけにするやり方はどうかと思います。そーせいの株主が来週から大量に買い上げて募集価格をあげてきたら日興もビビりそうですが、そんな株主はいないんですかね~)。

私は、今回の増資では人件費以外は50億必要なので、逆算すると、2700~2800円くらいで募集価格が決まると思っていたのですが。。。

日興に安く仕込ませないために、今日も買い向かったのですが、傷口が大きくなっただけでした(といっても、日興に奪われたくないので、売りませんが。)。

増資には賛成ですが、一般株主の犠牲のもとに特定の者のみが利益を得る増資の方法は問題があるように思います。
私よりも前に取得していた株主のことを思うと怒りすら感じてきます。

いずれにせよ、あと数日で価格が決まり、そして、約1か月後には増資が完了するので、増資の行方を株主として見守り、問題があるようでしたら、株主総会で追及していこうと思います!!!

がんばれ!個人投資家!!!

追記…
 先ほど日興のHPを見ましたら、(仮の)割引率が4~6%とありました。
 終値から100円~200円くらい安い価格が募集価格になりそうです。
 しかも私は証券会社が日興ではないので買えません(こんな安い価格で買えるなら数万株引き受けたいです)!!!
 こんなのがまかり通るなんておかしい。株価を極端に下げて(今回、日興が株価を下げる操作をしているかどうかわかりませんが、やりようによっては株価を操作することもできると思います)、一部の投資家が安価で買うことのできる制度はおかしいです!!
 日興が株価を意図的に下げているのかどうか調査してもらいたいくらい(もちろん、日興が意図的に株価を下げていないのであれば問題ないと思いますが、意図的に株価を下げているのであれば、それは間違っていると思います。)、私の中で納得できない部分があります。
 
 ここまできたら、1人の個人投資家のポリシーとして、そーせいを売らずに、増資のゆくえを見守ります!!!

スポンサーサイト



コメント

 
ごもっともです。
私はそーせいに資産の大半を投資しています。今回の増資で含み損が莫大なものになりました。
もちろん、全く売る気はありません。買い向かいたいところですが、資金もそれほどありませんので、見守るしかありません。
元々、そーせいは長期投資のつもりでしたので、新規事業の成功を信じてホールドし続けます!
ようやくそーせいで利益出てきたところでこの仕打ちに自分もガッカリしています。
ですが、こちらのブログを読んでわたしもそーせいを売るのやめます。
少なくとも増資完了まではぐっとこらえてみます。
そーせいが暴騰するとして
きっかけとなる材料は
何でしょうか?
よろしければ...


「きっかけ」は分かりません。
ただ、カイオム等の他のバイオとは違い、既に上市しているシーブリ、ウルティブロがあり、その売上が増えていくため、業績が年々良くなるものと思います。
このため、じわりじわり上がっていく展開を予想してます(材料1発で売るという銘柄ではないように思ってます)。
もっとも、数か月以内におきるイベント(予想含む)としては、
①来期黒字化(会計基準をかえたため、エーパントの研究開発費全額が経費計上されるものとは思えないため、来期は黒字と予想してます)、②増資完了、③田村社長による今回の増資の説明(エーパントの展望の説明、再生医療進出の説明)、④株主総会前の買収、新規大型パイプラインの導入(④は勝手な予想ですが)
があります。
短期的にもおもしろいし、他のバイオと違い、決算期待で買われる銘柄と思いますので、私はホールドしてます(もっとも、以上は私の予想(妄想)ですので、売買のご判断はご自身でしてください)。
ありがとうございました。
そーせい本日参戦しました。
確かに大きな材料を抱えた企業だと思います、今の時価総額からしたら下値は限定的ですね。
売出価格が決定したぐらいでまた買い増します。
増資は前向きに捉えるしかないですね…黒字が確立されたあとはきっと株主にも還元されることと思います。

コメント

 
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

Powered by FC2 Blog

Copyright © 株投資でマイホーム All Rights Reserved.