FC2ブログ

歴史的な暴落(コロナウィルス・備忘録として)

日経平均が5日続落
21日…92円安
25日…781円安
26日…179円安
27日…477円安
28日…805円安
です。
 この下落で、私の資産は約5~6億くらい減りました~笑
 コロナの報道は初動から知っていたのに、甘く考えていました・・・反省

 ここまでの加速度的な下落というのは、正直びっくりです。
 原因は明快で、コロナウイルスの流行です。
 コロナウイルスの嫌な点は、人間の生活全般が停滞・縮小することです(その意味において、サブプライム問題よりも経済に対するダメージが大きい)。
 コンサート、スポーツイベント、学校等、様々なことが中止・休校等になっております。これは金融危機ではなかったし、また、東日本地震の場合とは異なり、今回は、全世界に影響が出ている状況です。

 このため、コロナの不安がなくならない限り、株価の世界的な下落は止まらないでしょう。

 コロナ危機が去るには、①治療薬の開発、②温暖化によるウイルスの弱体化、しかないと思っています。
 沖縄やシンガポールの患者数の推移をみると、②に期待してしまっています(素人なので、外れるかもしれませんが・・・というより、外れるということは大変なことになると思います。。。)。

 私の楽観的な予想では、4月頃になれば、落ち着くと思っています。
 そして、このような状況になると、世界的な緊急緩和は継続すると思いますので、株価は戻すでしょう。
 何度も書きますが、転換点は、①か②と思います。
 これがいつになるかは、不明です(4月までには・・と予想していますが、その前にピークになるかもしれませんし、その後かもしれません・・・)。
 いずれにせよ、無理な取引はしないことです。
 現物取引はもちろんのこと、余裕資金ですることが重要と思っています。
 
 数か月後にこのブログを見た際、あーこういうこともあってね~と笑いながら振り返れるようになればよいのですが・・・

 まずは、健康第一にして、過ごしていきしょう!!
 



 


スポンサーサイト



ラクオリア(通期決算&中計)


とその前に・・・気になる点が2つ

(1)役員人事について
…田辺三菱の元会長・社長の土屋氏が就任予定とのこと。青木さんが高齢と感じていたので、個人的には歓迎しています。
 もしも他の役員の選任が×なら、土屋さんが先頭にたって、ラクオリアのかじ取りをとるのか・・・
 なんて少し考えてしまいました。。。
 すみません・・・
 それにしても、大物が役員になりますよね~谷社長の京大人脈なのでしょうかね・・・
 少なくとも、スピード感をもって、業務執行してもらいたいです!!

 あと、役員の人数が多すぎのように思います。創薬の知識のない社外の役員がいるのであれば、削減してよいのでは?と思いました。

(2)総会日程について
 そーせいとシンバイオの総会も参加しようと思ったのですが、ラクオリアの総会日と隣接または同日なので、参加できないです。
 創薬ベンチャーが12月期決算の会社がほとんどになったので、各社総会日を調整してもらいたいものです。


 そして、決算短信と中計を読んでの感想ですが・・・私は過去の業績よりも未来しか興味がないので、今期予定以降の内容のみ言及します。

●今期について●

①中計の6pの契約一時金は何なのか興味があります。
②テゴの日本についての記載が短信にも中計にもありますので、今期、日本で動きがあると予想しています。
③中計の8pには、P2X7について「さらなる進展」、マルホについて、第1相という言葉がでて、「さらなる進展」の記載が。。。今期、両パイプラインのニュースが出る??
この記載が一番うれしかったです!!
※ちなみに、マルホについては、以前、谷社長が、前臨床にはかなり時間をかけるが、臨床に入ったら早いみたいなことをいっていたような。。。マルホが臨床に入るのであれば、予想より1~2年早いと思いました。

④中計の8pのラクオリアイノベーションズについて「案件組成へ」の記載が。。。ついに、活動が見えてくるのでしょうか??



●今期以降について●

①中計14pについて、人員の増加(人件費増)と研究開発費が増えています。特に、今期はセミナーでもいっていた初期段階のPLを前に進めるのでは??と予想しています。人員が増えたうえで、黒字にできれば非常に良いことと思っています。日本の創薬研究者の受け皿になってもらいたいです!!

②そして、今回の中計でかなり紙面を割いているタミバロテン。。。これも個人的には大きなサプライズでした。
 しかも中計の27pにはロードマップが・・・笑
 ラクオリアの場合、ロードマップができると上市が近いことを示していると思っています(但し、ジプラシドーンの件はありますが・・・)。ロードマップをみると、順調なら、2024~2025年頃までに、ALM、NB、APL3つとも上市できそうですね~

 なお、エンタイスの猫とか、テゴの世界展開、名古屋大との提携等材料盛りだくさんのように感じますが、新たに感じた点のみ記載しました。
 最近、仕事が忙しいため、ラクオリアの開示は、ざっくり読んだだけです。
 このため、また、気づいたことがあったら、付記するかもしれません。

 



 

Powered by FC2 Blog

Copyright © 株投資でマイホーム All Rights Reserved.