FC2ブログ

来年以降の備忘録として・・・

 今年は(も)、年末の餅つき相場に向けて、小型株、特にゲーム株がにぎわっていますね。

 一方、ラクオリアは、CJの導出IR以降、株価がさえないです(本日時点で1350円。11月26日引け後に欧米導出IRが出て、翌日の寄り付きは1501円)。
 当初、空売りによる下落と思っていましたが、公表された数字を見る限りは、空売りが入っているような感じではないように思います。
 おそらく、CJの導出に向けて仕込んでいた人や材料出尽くしと判断した人が売っているように、私は予想しています。

 逆に、今保有している人は、テゴの中国上市、ROW上市、欧米上市、欧米サブライセンスぐらいまでは保有する人が多いのでしょうか(私の予想)?
 いったん売った人も、上記材料に向けて再度仕込む人もいるように思います(これも私の予想?願望??)。

 株価は需給で決まるので、売り圧が無くなり、買い圧に転換するときがいつなのかどうか。。。

 私はテゴの中国上市がキーと思っています(掲示板等では、CJにやられて、ラクオリアのロイがほぼ入らない契約をしたのではないか??みたいな意見があり、セミナーでも同様の質問等がありましたが、回答を聞く限りは、不利な契約とはなっていないと断言しておりますし、これまでの説明会等での回答から考えると、最低でも、ロイは、中国でのネット売上×5%はあると思っています(これは株主という立場での私の予想ですし、答え合わせはできないので、外れる可能性もありますが・・・)。

 いずれにせよ、私は、今後数年が面白くなると思って投資しています(一部報道では、順調なら、中国やベトナムの上市は2021年とあったような・・・)。
 仮に、売ってしまった場合、上がると後悔してもしきれないので、上記転換点がくるまで(いつくるのかが私には読めない。明日からかもしれないし、テゴの3相結果時?中国申請時?か分からない。もしかしたら、転換がないかもしれない。。。過去の経験でいうと、何かのきっかけで変わる??)、ひたすら待つ姿勢でいます。

 ただ、それだとつまらない?ストレスが大きいので、他の有望銘柄も発掘・投資して、資金を増やそうとしています。

 ラクオリアに投資していから約3年。
 銘柄に惚れるな、という格言があり、私は資金を増やすだけなら、投機に徹するのが良いと思いますが、自分の身体が弱いこともあり、また、日本の成長のためには創薬分野の成長が必須との考えから、日本発の日本の創薬会社を応援したいという気持ちから、ラクオリアに投資しています。

 本当は、私のような弱小個人ではなく、(名古屋大学等と提携しているので)特定の製薬会社と資本提携するよりは、製薬とは直接関係のない、だけれどもAI等の技術を磨いていて、シナジーが大きい、中京圏の大自動車会社と資本提携するのが一番と思っていますが・・・そのような視点で営業しているのでしょうかね~笑
 
 いずれにせよ、今後数年で飛躍するのかどうかが分かるので、数年後にこのブログを見て、どのように思うかが楽しみです!!




 



スポンサーサイト



Powered by FC2 Blog

Copyright © 株投資でマイホーム All Rights Reserved.