FC2ブログ

ラクオリアの中計修正で感じたこと

 ジプラシドンの治験失敗のインパクトが大きく、同時に出た中計の修正について、あまり議論がされていないのですが・・・

 今期の事業収益の修正額から見た感じだと、ジプラシドンの申請マイルは3億と予想。
 申請と承認取得それぞれについて、3億入り、2021年のロイを1億と予想すると、

 見直前の事業収益(※テゴの中国・POWの上市は2022年以降なのでテゴの収益が本格化するのは2022年以降と予想)は、
 20億(2019)⇒21億(2020)⇒22億(2021)
 なので、
 17億⇒18億⇒21億になるところが、
 今回の修正は、
 17.56億⇒21.29億⇒22.4億
 と来期以降の売上(事業収益)は変化なし、2021年はむしろ4000万円増えています。
 ちなみに、利益が2021年で当初の予定よりも約7000万円減ったのは、人件費が約7000万円増えたことによるので、ジプラシドンの影響ではないのです・・・苦笑

 この要因は単なるテゴ・ガリ・エンタイスのロイ拡大なのか、それにしては来期の売上の伸びが多いように思うのですが・・・
 新規契約の数字を入れたのか、それともロイ拡大なのか、きちんと説明して欲しいと思う。
 いずれにせよ、ジプの失敗でも来年・再来年の業績には影響しませんよ・・・といいたいのだろうか。。。
 中計の差異を精査できる投資家は少ないと思うので、きちんと説明しないと投資家には伝わらないように思うのは私だけ??









スポンサーサイト



Powered by FC2 Blog

Copyright © 株投資でマイホーム All Rights Reserved.