FC2ブログ

日本ケミファの総会に参加(備忘録として)

 3年連続で日本ケミファの株主総会に参加しました。
 お土産は、「ケミファの青汁・モリンガブレンド」と「手荒れ予防クリーム(モイスポリアホワイト)」の2点です。
 総会の参加者は、100名弱ほど。
 参加者は日本ケミファの取引関係者ばかりで、純粋な株主は数名といった感じでした。
 会場が神田明神なので、総会に参加して、その後、参拝して、株価上昇を祈るというのが毎年の恒例行事になっています。

 総会の冒頭で、例のカルテルの問題についての謝罪がありました(行政処分はなかったとの説明がありましたが、謝罪しておりました)。
 その後、動画を用いて事業内容の説明がありました(内容は招集通知記載のものです)。

 質問をしたのは、私だけでした(笑)。
 昨年も質問しましたが・・・と私がいうと「知っています。」とお答えになってびっくりしました。
 総会の会場に入る際も、役員の方から会釈されたので、私の顔を覚えたのかもしれませんね。。。


 私の質問は、日本ケミファで期待しているパイプライン2つに関してでした。
 以下回答のみ記載(記憶を頼りに記載しているので、不正確です~)。

①NC2600について…
 導出交渉先とターゲティングについて話をしている。
 若干の問題点があるので、それらを克服する動物実験データーを集めることも考えている。
 旭化成のP2X7については知っている。
 将来、競合する可能性があるが、化合物等のデーターが分からないので、調べられない。
 判明したら調べる。


②NC2800について…
 1相を行う予定でいる。興味をもっている会社はある。
 オピオイドでの米国の規制の影響は分からない。ただ、基礎のデーターでは依存性がないというデーターを得ているので、問題はない(オピオイドの規制うんぬんの影響は受けないと考えている。)。


③AI創薬について…
 モルキュア社との提携は、AIを使うことで、少なくとも、化合物の探索の短縮は図れる。
 DeNAは、化合物の最適化を短縮するプログラムを開発しているところ。
 日本ケミファや他社(ラクオリアのも?)がライブラリーを提供することで、最適化を図るためのデーターを集積しているのではないか(私見)。


 以上です。

 個人的には、日本ケミファのような販路がある後発薬会社で新薬にも力を入れようとしている会社は、M&Aや資本提携で、バイオベンチャーを買収・提携するのがシナジー(日本ケミファは、パイプラインが手に入るし、上市後に販路を利用することで、莫大な利益も手に入る。バイオベンチャーは、資本提携等で資金が入るし、また、導出先が確保できるので、安心して、新薬の探索に集中できる。)が出てよいと思うのですが・・・

 私が経営者なら、あの会社と資本提携をしますね~





スポンサーサイト

保有株雑感

最近はブログに書くことがあまりなくなってしまい更新がおろそかになっています(すみません・・・)。
先月から今月くらいにかけて、久々に新規の銘柄を買っているので、雑感を。

①ラクオリア
…今年はジプラシドンの3相の成功、テゴの日米欧の導出、旭化成の臨床入りがキーポイントと思っています。

②メドレックス
…不人気銘柄となり、時価総額も50億程度にまで株価が下がりました。ですが、私は第一三共と武田との共同研究・開発が出来たことを評価し、また、今年から来年にかけて転換点になると思い(しかも貼付剤の場合は治験期間が短くてすむのもよい点)、久々に買い増した。どうなることやら。。。

③そーせい
…800円台で購入したのが2倍以上になったので、手堅く2100円程度で一部利食い(2億円程度の利益)、少し保有中。今後のキーはA2AのPOCの成否と思っています。


④日本ケミファ
…新薬「も」開発している製薬会社で一番時価総額の小さいように思い(100~200億円程度)、数年前からちびちびと購入。
塩漬け株に~笑
疼痛と精神薬のパイプラインがどうなるかだと思っていますが、進捗が遅いので、単に配当をもらうだけになりそう??


⑤日本一S
…久々に、ディスガイアのアプリ目的で購入したものの、予想よりもリリースがのびてしまった・・・
ディスガイアは海外での評判がよいので、海外でヒットすればと思うのですが。。。いずれにせよ秋に向けての仕込みです。

⑥キーホルダー
…SKEを軸にしたメディア戦略に期待して購入。カラコン事業にも期待していますが、どうなることやら。。。

⑦テリロジー
…仕手株化したときは全く興味がなかったのですが、株価が暴落し、他方で業績は地味に黒字幅が増えてきたように思うので、今後の業績に期待して購入。

今のところ、大化け狙いでは、上記7銘柄を中心に投資しています。
 


 

Powered by FC2 Blog

Copyright © 株投資でマイホーム All Rights Reserved.