FC2ブログ

ラクオリア(11期2Q)決算説明会資料/感想

 説明会の資料を読んだ感想(前回の資料を対比して・・・)は以下のとおりです。
 ※が私の感想です~~
 あくまでもポジトークなので、各自でご判断くださいませ~~

①説明会資料4ページ目
(1)EAファーマについては、前臨床開始が判明(※予想以上に早いように感じました)
(2)マルホに導出したものは、「順調に進捗」との記載あり(※この記載に安心しました)
②同6ページ目
 TM-411の多剤併⽤試験は「順調に進捗」との記載あり(※単剤では??だったが、多剤では好結果が出るかも??)
③同15ページ目
 RQ10については、941の記載と異なり、「日本を対象としたライセンス活動展開中」とわざわざ記載されている
 (※941よりも導出可能性高い??)
④同19ページ目
 旭化成に導出したパイプラインが前臨床入りに
 (※順調で何より)
⑤同23ページ目
 ジプラシドンの3相終了が2018年12月予定と、これまでの情報通り延びたとの記載になっているが、承認申請時期(2019年春)に変更はない
 (※順調で何より)
⑥同25ページ目
 2018年、ガリEU販売開始、エンタイスEU申請の記載に変更なし
 (※もうすぐ吉報が出てもおかしくない??)
⑦同29ページ目
 (※導出準備のパイプラインがかなり増えた。いつ出てもおかしくない??)
(1)TRPM8(全世界)
(2)グレリン(全世界)
(3)モチリン(全世界)
(4)テゴプラザン(日米欧)
(5)RQ10(日本)
(6)RQ941(日本)
⑧同33ページ目
(1)「Tegoprazanの⽇本及び欧⽶権利の導出」の記載
(※何とか導出してください~~笑)
(2)「消化器疾患領域ポートフォリオの中国展開の推進」の記載
(※ZTEの他に記載した意味は何か??色々考えてしまいます・・・笑)
⑨同35ページ目
 ※先日の説明会の際に、成果が出ないものは、研究を打ち切り、成果が出ているもののみ続けるという説明を受けております(先日の説明会の際に、NASHは終了したことは説明を受けておりました)。
 パイプラインの新陳代謝を図ることは大事ですので(成果が出ないものをダラダラやるのはよくないですし・・・)、これからも共同研究内容は変更があるものと思います(言い換えると、長い期間研究が続いているものは、成果が出ているということなので、2015年開始のものには、期待しております~~)。






 


スポンサーサイト

Powered by FC2 Blog

Copyright © 株投資でマイホーム All Rights Reserved.