FC2ブログ

ラクオリア(フィスコのレポートを読んで・・・)

フィスコさんは、丁寧な取材に基づいた、そして緻密な分析でレポートを記載していたと思っています。
読んだ雑感等としては、以下のとおりです。
(1)テゴの導出について
 日本の導出の方が、欧米の導出よりも先の可能性が高そうですね。
 消化器疾患の治験になりますので、3相から開始されるとしても、大規模、かつ長期間の治験になることから治験費用がかなりかかります。となると、日本でかなり売れないと企業は導入しないのでしょうね(フィスコでは300~400億程度の売上がたつかどうかがポイントのようです。PPIでも治癒率が高いことから、PPIとの差別化を図れ、上記売上を達成できると考えれば導入するとの結論に至るものと思います)。
 PPIとどう差別化を図るか、韓国の3相の治験データーを精査し、製薬会社は導入するかどうか決すると思います。
 このため、私の直感??では、導出は、今期から来期までの間に導出できるかどうかがでしょうね~
 仮に導出できれば、一時金はどうであれ、製薬会社が日本で300億以上は売れると判断したということになるのですから、上市した場合のテゴの売上は大きいものと考えます。
 あとは導出できるかどうかですね~
 テゴの申請時期について神経質になっているように思いますが、9月から、仮に1か月遅れても問題ないと思っています(ほかのバイオに投資していたときは追加治験で年単位で遅れたことと比べれば誤差の範囲です)。
 それよりも、導出できるかどうかですね~導出契約はいきなり出ると思いますので、これから1年くらいの間に契約できることを祈っております!!
(2)それ以外のパイプラインについて
 ①RQ941…IBS、潰瘍性大腸炎、クローン病と患者数が増加している疾患を対象にしており、これらの疾患に対する薬効が認められれば、導出可能性も高く、また大型薬となる可能性も高いと思っています。
あまり注目されておりませんが、私は密かにこのパイプラインには大注目しています(いわゆる手垢がついたパイプライン(例えば何年も治験をしているもの。どこの会社とは言いませんが、バイオにはこういった手垢がついたパイプラインがありますので注意しています)ではないので、期待しています)。
 そのため、年末までに出る?1相の結果には注目しています。
 ②TRPM8…ファーストインクラスの薬で、これも①と同様に開発したてのパイプラインで手垢がついていないので、導出可能性も高く、ある程度の売上げが見込めると思っています。
 ③テムリック…シロス社の2相の結果が2019年頃出だすので、それ以降にはラクオリアの収益に大きく貢献してくる可能性があると思っています。
 ※もちろん、手堅く収益に貢献するであろう、動物薬2剤の欧米の上市、ジプラシドンの上市が2020年までにはありますし、テゴの中国展開(1相→3相??)も見えてくると思いますので、これらにも期待していることは言うまでもありませんが。。。。
(3)資金調達について
 フィスコのレポートでは資金調達があるにしても必要最小限とありますね。
 私は10億円程度の増資までは腹をくくって投資しています。
 どのような形で資金調達するか、それともしないのか注目しています。
 ※10億程度なら、借入金か、CJ等との資本提携で調達してもらえると最高ですが。。。連日1300円付近を意識した株価操作??のような株価形成にはうんざりしています。こんな操作??をされるくらいなら、早く結論が知りたいと思うようになっています~
 アンジェスのように株価を上げて増資をして、80億程度集め、自社でテゴの3相をして、販売権のみ許諾して、数十億円規模の一時金と2~3割程度のロイヤリティーをもらうという戦略もありではないかと思うこともあったり、なかったり(笑)・・・・
(4)総括
 いずれにせよ、テゴの韓国申請が9月にあるのかないのかに注目が集まっているように感じますが、ラクオリアの大化けは、テゴの日米欧の導出契約の有無(今後1年くらいにあるのかどうか??)、後続パイプラインの導出の有無にあると個人的には思っていますので、ある程度長い目線で見るべき銘柄を個人的には思っています。
 時価総額1000億を達成するために必要なピースをはめられるかどうか、注目しております!!







 
スポンサーサイト

ラクオリア(変更報告書・雑感)

 8月25日にファイザーから変更報告書が出ましたね。
 変更報告書を見ますと、
  8月14日…20万株売却
  8月15日…10万株売却
  8月16日…15万株売却
  8月17日…15万株売却
  8月18日…14万3000株売却
 合計74万3000株売却(提出時の保有株・74万3000株、保有比率3.86%)
  ※本件に関して、最初に変更報告書を提出したのが8月21日
 となります。

 つまり、
  ①18日の売却数が14万3000株と端数であること
  ②売却数が当初保有数の半分ぴったりであること
  ③18日に売却した後の21日に最初の報告書を提出していること
 を考えると、ファイザーの売りは終了ではないかと私は予想しています(あくまでも私の予想ですが・・・)。

 また、ブリッジは8月22日に変更報告書(義務日15日、提出時の保有株・63万9800株、保有比率3.32%)を提出しています。
 以前の報告書(5月17日)の保有数は、97万2500株です。
 上記報告書の記載から、ブリッジは、8月15日に33万2700株を売ったものと予想されます(推測)。
 そしてその後は保有比率が5%を切ったので、売却しても報告書の提出は不要となります(その点ではキップファイブも同様)。

 ラクオリアの出来高の推移をみますと、金曜日は100万株を切ったので、ブリッジ・キップの益出し売りも終わった(または終わりが近い)のではないかと勝手に予想しています。

 なお、今週、板の様子を見ていたのですが、板の出し方にかなり違和感を感じました(つまり、買い板、売り板ともに板が厚すぎます。株価を操作しているのでは??と思ってしまうくらいの感じです。特に金曜日は出来高が64万2000株と非常に少なかったにもかかわらず、1円刻みで千株単位の板が並んでいました。。。
 来週の株価、特に寄りつき前の成り売り数、そして場中の板の出方には注視していこうと思っています(そしてその後の状況等についても注視していこうと思います)。

 大株主の株の変動、経験上から感じる板の出方の違和感から何が起きるのかは、今後の私の株投資の経験にもなるので、行方を見守っていこうと思います。
 といいつつも、ラクオリアのようなバイオベンチャーは、上記テクニカルなことよりも、パイプラインの進捗が全てですので、テゴの韓国申請、エンタイスの販売開始の有無に注目しております!!







ラクオリア(私の備忘録として・パイプライン)

※私のメモ用として記載したものです。
時期等の内容については,正確なものではありませんし,コメントは私の予想によるものなので,ご注意くださいませ。。。

パイプラインのまとめ
①P-CAB(RQ4)【胃食道逆流症・消化性潰瘍等】
 …韓国;「CJに導出済」2017年9月申請予定,2018年末までに発売予定
中国;「CJ→Luoxinに導出済」臨床準備中,2018年治験開始??
※日米欧は,韓国のネキシウムとの直接比較治験(3相)の結果をもとに導出活動を積極化
②5-HT4(RQ10)【胃不全麻痺・機能性胃腸症・慢性便秘】
 …VCUで治験(米国の医師主導治験)
  ※2017年中に終了,その結果をもって導出活動を積極化
③5-HT2b(RQ310941)【下痢型過敏性腸症候群(IBS―D)】
 …英国で1相(健常人のみならず十数例の患者登録で有効性も判断)
  ※2017年中に終了,その結果をもって導出活動を積極化
④TRPM8(RQ434739)【化学療法性冷アロディニア,その他排尿障害】
 …前臨床中,ファーストインクラス
  ※前臨床後に導出??
⑤ジプラシドン【統合失調症】
 …日本;「Meijiに導出済」2019年春申請予定→2020年発売予定
⑥ガリプラント【動物薬;変形性関節症】
 …「アラタナに導出,アラタナがエランコ社と提携」
   米国;2017年1月発売
   EU;2018年発売予定
⑦エンタイス【動物薬;食欲不振症】
 …「アラタナに導出」
  (犬)米国;2017年秋発売予定
     EU;2018年後期申請予定
(猫)米国;長期毒性試験中
⑧テムリック【AML・MDS(米国),小児がん(日本)】
 …米国;「Syrosに導出済」2相中,2019年2相終了予定
 日本;国立がん研究センター中央病院で医師主導治験中

 ラクオリアのパイプラインはかなり充実してきたように感じます。
 直近の株価は地合い等により軟調ですが、バイオは研究開発の進捗が全てですので、谷社長の2020年までに時価総額1000億円超えを期待して、一株主として応援していこうと思っています。




ラクオリアに集中投資

 空き時間を利用して、前から気になっていた、村上世彰さんの『生涯投資家(文藝春秋)』を読んでいます。
 村上さんの行動力や分析力、そして、背後でどんな交渉が会社と村上氏との間でなされていたのかを知り、とても勉強になるとともに、自分の非力さを知りました。。。
 そんな中、ラクオリアが、今日は前場で1100円割れに・・・
 個人的には買い場と信じて(村上氏の本を読んで強きになり??)、1100円台前半で、がつんと買い増しをしました。
 村上さんのいう「期待値」は高いということを信じて、ラクオリアの成長を信じていこうと思っています。
 ラクオリア以外では、ENISHも同じく前場で買い増しました。
 夏枯れ相場で、8月に入って新興株が下げているので、ここはリスクをとって、大型株等を換金し、成長可能性があると私が思っている銘柄の買い増しを進めています。
 数億円単位で資産は減っていますが、この下げを貴重な買い場ととらえて、攻撃的に投資しています(村上さんの本を読んだ影響ですね(笑))。
 秋から冬にかけて、今投資している銘柄が育つとよいのですが。。。。




今年も夏枯れ相場??

 1Q決算前に材料株が急騰し(7月下旬まで。今年はゲーム株が急騰しました)、その後1Q決算で下落、そして信用買の投げ売りによる更なる下落という流れで来ていますね。
 米国のダウもなぜか堅調でしたが、ここに来て大幅下落という展開に(北朝鮮情勢を不安視しての売りとなっていますが、後づけのように思えるのですが)。。。
 今年も薄商いの中、仕掛け売りとファンドの換金売りで8月は軟調になるのでしょうか??
 昨年であれば、8月のお盆頃が底で、8月下旬頃から反転していきましたが、今年はどうなることやら。。。。
 いずれにせよ、私は、中長期的に見て、安いと自分で思う銘柄に投資していく方針です。
 ラクオリアも、決算では、有価証券の換金により手元資金が約20億になっております(赤字幅も私の想定よりも少なかったですし、普通の地合いであれば、無事決算通過ということになるのですが、今は地合いが悪すぎるので・・・)。
 そして、研究開発も順調に進んでおり、将来が楽しみです(まさに、ラクオリア「創薬」という会社の名前にふさわしい会社になりつつあります~)。
 短期的には、テゴの承認申請、エンタイスの米国発売開始があることが予想されますが、
 一番はテゴの日米の導出に期待しています(これが出来ると、今期黒転も十分にありえますし、また中長期的にみて、テゴがブロックバスターになるものと思いますので、ラクオリアの評価も一変すると思うのですが。。。)。
 マニアックな点では、テゴの中国治験が1相からはじまるのか、それともブリッジングで3相くらいから開始するのかにも注視しています。
 いずれにせよ、目先の株価にとらわれずに、谷社長のいっていた2020年までに時価総額1000億になるのかどうかを注視して現物投資でどっしりいこうと思っています~
 バイオ以外では、ゲーム株がこの悪地合いで安くなってきたので、U&Cを損切りし、欅のキセキに期待して、ENISHを買いました。
 地合いが悪く、新興は大揺れとなっていますが、逆にいうと安く拾える場面と思っていますので、これ以上の一段下げになるのであれば、大型配当株に投資している資金をふりわけて、年末に向けて、バイオ・ゲーム株にさらに重点的に投資していこうと思っています。
 というわけで保有株は、以下のとおりです((3)以外は、秋から冬にかけて材料のある銘柄に資金を集中させました)。
(1)バイオ…①ラクオリア②GTS③ブライト(ニーサでそーせい・サンバイオ)
(2)ゲーム…①カヤック②ケイブ③ENISH
(3)それ以外…①JSS②アドベンチャー③SAMURAI




ラクオリア続落

 7月27日からほぼ連日続落。
 この原因は、信用買残と思っています。
 信用買残が一時420万強もあり、発行済み株式総数の2割以上が信用買いという異常事態に。。。
 しかも信用買いのほとんどが制度信用・・・
 その状況下で、ゲーム株が材料出尽くし等で下落すると、ラクオリアも一気に売りに。。。
 売りが売りを呼ぶ展開になりました(下落中、信用買残が順調に減っていることをみると、売っているのは信用買いの人なのだと思います)。
 ラクオリアの下落は需給面での下落なので、どこで反転するかは需給次第といったところでしょうか(「いまのところ」日々公表銘柄なので毎日信用買残をチェックしています。今日も順調に減りましたね~)。
 以上は短期的な視点です。。。
 中長期的には、テゴの日米の導出の成否でしょうね・・・無事導出できることを期待しています(そうなれば谷社長の発言も現実のものになると思うのですが。。。)

 ※関東はここ数日涼しいのですが、明日から9日まで、避暑目的で北海道に行ってきます。





Powered by FC2 Blog

Copyright © 株投資でマイホーム All Rights Reserved.