大化け株を買うには・・・

 イードは私の期待(方向性)と違っていたので、悩んだのですが、いったん売りました(私の期待と違っていた場合には、売却するという自分の方針に従って売りました。。。今後のVRの内容次第では株価数倍もあると思うので、今後も注視していきます)


 先週は仕事を休み、家族で神戸に行ってきました(神戸のアンパンマンミュージアムに行くための旅行だったので、娘の接待旅行でしたが・・・)。。。
 東京駅から新神戸駅まで、のぞみで3時間弱だったので意外にすぐにつくなぁという印象です。
 新幹線での移動中に勉強をしようと思って、「いま仕込んでおくべき10倍株、教えます(朝香友博著)」を事前に買って読んだのですが、私の考えと方向性が似ているので、とても共感でき、また、私の知識不足も補うことができ、とても参考になりました。。。

 大化け株は、時価総額の小さい会社で、
  ① 成長株(または業績変貌株)を買って、その成長過程(業績変貌)で株価上昇を享受する
  ② ①になるかもという思惑による株価上昇を享受する
 という2つのパターンがあるように思います(バイオやゲーム株の大化けの場合には、②で始まり、思惑が現実化して①になるというのが超大化け株もありますが・・・)。

 ①の場合、短期間で業績が変貌する株というのはほとんどないので(その場合大体は②の思惑株ですから・・)、中長期投資が必要に思います(上手な方は、一番上昇角度の鋭いときに買うことで短期で大きなリターンをとることもできますが・・・)。
 ②の場合、短期で上昇しますが、思惑が期待はずれだった場合には、急落するというリスクがあります。

 売るタイミングですが、①の場合は成長が鈍化したとき、②の場合には思惑が期待はずれになったとき(または思惑以上の株価となったとき)でしょうか・・・
 私の場合、①と②を両方買っております(②のハイリスク・ハイリターンもやはり魅力的なので・・・また、②の場合には思惑が期待外れだったときに売るという判断をでき、資金回転率がよいというメリットもありますし。。。)
 そして、中長期投資を覚悟して投資する場合には、応援したい会社(経営方針に共感できる会社)に投資することにしています。
 地味な会社を発掘していこうと日々銘柄研究をしていくなかで、おもしろい会社がいくつかあったので、少しずつ買っています(こういう会社は板が薄いので仕込むのに時間がかかりますね~)。。。





 

 
 

 

 

スポンサーサイト

Powered by FC2 Blog

FC2Ad


Copyright © 株投資でマイホーム All Rights Reserved.