GNI暴騰

 GNIが保険収載のリリースで暴騰していますね~
 私は日本発のバイオを応援したいという気持ちが強すぎてGNIは投資していませんが、GNIの暴騰でバイオが見直されればと思っております。
 日経バイオの記事では、そーせいのジツボにも素晴らしいニュースがあったのですが、株価は反応しませんね・・・
 GNIとそーせいの時価総額の違いでしょうか・・・

 私はバイオは時価総額の小さい銘柄を中心に投資しておりますので、それらの銘柄について、少々雑感を述べたいと思います。
(1)ラクオリア…中期経営計画のリリースがありました。私はジプラシドンの上市と名大とのコラボに期待して投資しているのですが、中期計画をみますと単体では2019年に黒字化の予想となっておりました。ジプラシドンの上市予定は2020年ですので、2019年に黒字になれば(テムリックとの連結だと多少利益は上下すると思いますが・・・)、その後はジプラシドンが牽引するので、黒字は定着するように思っています。あとは名大との共同研究で革新的な医薬品が出ればと期待しています。
(2)グリーン…ようやく予約権行使完了が近づいてきました。この増資が完了すれば2~3年くらいは資金がもつように思うのですが。。。その間に富士の導出品の上市、そして、私が期待している1201の大型導出が出来ればと期待しています。
(3)ファーマフーズ…なぜかじわりじわりと株価があがってきたような。。。抗FSTL1抗体の導出が出来るのかどうかに注目しています。
(4)GTS…今期末までに長春の契約が進むのかどうかを注目しています。

 バイオ以外では、コメントにも書いたのですが、今月、ゲーム株を1つ、そして、イグニス(新株予約権の発行IRがあったので何か材料が出るのではとの期待で投資)、デジタルデザイン(臨時株主総会後の行方に期待して投資。ただ赤字なので数百万程度しか買っていませんが・・・躊躇したら本日暴騰していました・・・)を買いました。
 材料株ではイードの3月1日のVRの情報開示に注目しています(失望するのか、期待させる内容か判断せねばと思います)。
 その他のユークス、アドベンチャー、ドリコムは放置です。。。

 材料株以外で、長期??(3年間くらい)保有しているJSSが、ようやく、地味に上がってきました(数年前に600円台で買っているので倍以上になっています)。
 こういう地味な銘柄を数年単位で保有して、株価が倍以上になると、材料株の暴騰とは違った充実感がありますね~
 以前、JSSと同様に時価総額が小さいながらも業績を伸ばしているチャームケアを投資していたのですが、株価があがらず撤退したことがありました(その後、同銘柄は片山氏が大量保有して人気化し、暴騰しました。)。その反省を生かして、自分の銘柄発掘力を信じていこうと思いJSSは長期で放置??することができました。

 JSSのように、時価総額は小さく、業績を伸ばしている会社はないか、日々調査をしていますが、いくつかおもしろい銘柄はあるのですが、抜群のもので株価が低迷している銘柄は今のところ無いですね(今は地合いがよいので、素晴らしい銘柄はどれも上がっているので買いづらいです・・・)




 
スポンサーサイト

カイオム藤原社長交代へ・・・

 まずは、東芝の決算発表延期のニュースには驚きました(たまたまイードを買うために利食いできたから運良く逃げることができたのですが。。。14日には当然決算発表されるものと私は思っていましたので・・・)
 やはり株は一寸先は闇ですね。。。
 本当に先のことは読めません。。。
 読めないといえば、ドリコムの公募も読めませんでした・・・

 そして、つかさんから教えてもらった某銘柄を本日寄りつき付近で買いました(早速の含み益で感謝です・・・)。
 やはり、私1人で投資していると銘柄の発掘・調査が偏ってしまいますね~ブログの読者の方から色々な銘柄を教えてもらい、視野が広くなり、本当に感謝しております。。。

 さて、話しはかわりますが、カイオムの藤原社長が代表取締役を辞任する旨のIRがありました。
 次の総会で取締役も辞めるとのことであります。
 私は一時期カイオムに期待していたこともあったので非常に残念なニュースです。
 それにしても、投資家への情報開示の観点からは、任期中に代表取締役を辞めるということであれば、きちんと辞める理由を説明してもらいたいところです(今回のIRだけでは納得できない投資家の方もいるように思います)。。。
 カイオムは、どうして想定された利益を出せなかったのか、どの点でヒトアドリブの普及に時間を要しているのか、もっと詳細に開示・説明すべきに思うのですが。。。
 
 ヒトアドリブが進展しない中で、人員を増やす等して赤字を毎年出すのも個人的には??でした。
 経費は節約し、当時潤沢にあった手元資金を使って、バイオベンチャーを買収したり、インライセンスをしたりして、収入の複線化を図るべきだったように思います。。。
 次期社長は大変かと思いますが、どういう戦略で経営されるのか注目しております。

 以上、この時期は期末に向けて、良いニュースも悪いニュースもどんどん出てきます。
 1日1日緊張感をもって相場に挑まないと、そして前の考えに固執せずに柔軟に対応しないと、やられますね~




 

イード(VR・第1弾開示)

 イードの決算売りが出るかもと思い、スイングねらいで購入していた東芝を利食い、寄りつきでがつんとイードを買い増し。。。
 アイドルVRの開示はもっと後かと思っていたのですが、意外にも今日開示が出ました(もうちょっとひっぱると思っていたのですが)。。。
 そして、アイドルといっても、グラビアアイドルのアイドルVRだったことも意外でした。。。
 おもしろい市場であることは確かなので、第一弾がどのようにリリースされて、そして第二弾・第三弾はどういうキャストになるのか注目しております。
 それにしてもVR、AR、AIが発達していくと、人類は肉体を必要としなくなるのでしょうか??なんて考えてしまうのでした・・・

 また、そーせいで五味氏の大量保有報告書が出ましたね。
 本日2万株購入して86万株保有ということは、9月末の75万株(2Qの有価証券報告書)から、11万株増えているのですね~
 単純に考えると、本日購入分を除いた9万株は、10月1日から買い増ししていますね~
 購入日にすぐ大量保有報告書を提出したのは、五味氏が俺は買っているぞと市場に示したかったのでしょうか・・・
 凄いの一言です。。。
 日経マネーのインタビューも読みましたが、ゲームのスコアをのばせるかどうかという感覚で投資しているとは・・・私の器では出来ないです(私は、五味氏とは違い、現実のお金を増やしている(減らしている)という感覚なので、五味氏みたいになれないのですね。。。)。
 それにしても、そーせいの経営陣のモチベーションはどこにあるのでしょうか・・・買収の際に、現金ではなく、株式交換で、ヘプタレスの社員にそーせい株を渡した方が良かったのではないかと私は思うのですが・・・




 

そーせい下方修正

 下方修正の可能性は昨年心が折れたとブログで記載したときにその可能性があることを認識してポジションを減らし、そして、アラガンの決算発表の資料で2017年1相開始との記載から(1相がM1を指すのか、M4を指すのか、M1/M4なのか分かりませんが)、4Qまでに下方修正するのではと思い、ポジションをさらに減らしていましたが、嫌な予感が的中??して下方修正が出ましたね。
 ですが、ピーターさんは堅実な方だと思っています。
 4Qまでひっぱることをせずに、ここで膿??を出し切って、為替も修正したうえで、下方修正のIRをしてきたのは、個人的には堅実な数字を出してきたと好感が持てます(そーせいは、これまでかなり強気すぎる決算予想を出して、下方修正という流れでしたので、ピーターさんに変わって、今後は堅実な業績予想になるものと思っています)。
 目先の株価は分かりませんが、今後のポイントはMシリーズの2相入りが来期あるのかどうか、来期の業績予想はどうなるのか、だと思っています(仮に、Mシリーズの2相入りがあるのであればおもしろいですが、その逆だと時間との戦いでしょうね)。。。




   

Powered by FC2 Blog

FC2Ad


Copyright © 株投資でマイホーム All Rights Reserved.