調子にのって失敗??

 土日に調査をして、KHネオケム(直近IPOで公開価格割れの会社)を買いました。
 前期は一時金が入ったことで今期は減収となっていることもあり、不人気に。。。
 そのため公開価格(1380円)割れに・・・
 ですが、貴重な??12月決算の会社で利回りは3・5%以上もあります。
 KHネオケムという社名だったので、韓国系の会社と思って敬遠していたのですが、旧社名は、協和発酵ケミカルだったということが分かり、少し安心して調査をしました。
 11月14日に3Qの決算発表と同時に、中期経営計画も発表されるので、そこで少しは値を戻すことを期待して投資(1500円くらいになればとの思いで投資・・・)。
 上がらずに、ロック解除を迎えて、最近でいうコメダのような株価推移も予想されるのですが、その場合には配当ねらいでも放置してもよいのでは??また、他の銘柄に移る場合でも時価総額が大きいので換価しやすいという考えで、投資しました。
 今日の値動きをみるともうちょっと待っても良かったと反省しています(もっとも、全力投資ではなく、2万株程度なので、損切りもすぐにできますし、値動きにはあまり神経質にはなっていません)。

 そして、そーせいは今日はマザーズコアの組み入れ日だったので(私の記憶違いならすみません・・・)、今日は暴騰と思ったのですが、まさかの下落でした・・・
 バイオは下落基調でも材料1つで暴騰するので、材料待ちですね~
 あまりに下落するようなら買い増しも考えております(あとは時間との兼ね合いですね~そーせいのCOPD薬の上市には何年も待たされましたし・・・時間さえ味方につければ、いずれ兆円企業になると思うのですが・・・健康面で不安が無ければ全く気にしないのですが、私の場合には、健康面で不安があるので要する時間には神経をつかいます。。。)
 そーせいやPDは、時価総額も数千億になっているので、バイオベンチャーという視点ではなく、製薬会社との比較で考えないといけないと思っています。それと気になるのは、ヒラリーの米国薬価の政策です・・・




 
スポンサーサイト

仕込み途中で・・・

 東京五輪くらいを目標に地味に業績を伸ばしている翻訳センターを3200円付近で少し買っていたのですが(数千株程度)、上方修正が出てしまい急騰してしまいました。。。
 また下落してくれるといいのですが。。。
 最近仕込み途中で急騰してしまう銘柄が多く、悔しい思いをしています。
 年末にかけて新興市場がくると思っていますが、今年はどのテーマがくるのでしょうか??
 それと、私は、負債をもつのが嫌で、あとで税金を払うのが嫌なので、株の配当と売却益について源泉徴収ありでしています(固都税や住民税等もわけて支払うのが嫌いなので、一括で払っています)。
 年末までに含み損のある銘柄の損だしをして、税金の還付を受けて、新規投資資金に回したいと思っています(今年もあと2か月となったのでこの作業を忘れずにしないと・・・)。
 




 

日本サード((株)OFFが30%強取得)

 本日開示の大量保有報告書によりますと、死去した前会長の親族と思われる、森亮氏、森洋子氏、寺山薫氏から(株)OFFが市場外で株式を取得し(25%強)、その他の株もあわせると同社の取得株数は30%強になるようです(本日のIR参照)。
 夢真ではなく、(株)OFFがなぜ30%強も取得したのでしょうか??
 しかも、森亮氏ほか2名からの取得単価は大量保有報告書によると850円です(TOB価格610円よりも240円も高いです)。
 (株)OFFの保有目的は「安定株主として、長期保有を目的としております」とのことです。
 この大量保有報告書の提出があったから、昨日の夢真の下限撤廃のIRがあったのでしょうか??
 単に夢真へのつなぎとして、(株)OFFが株式を取得したのでしょうか。それとも夢真のTOBを阻止するために(株)OFFが取得したのでしょうか。今後の行方に注目しています。。。





 

新規銘柄(その2)

 今日は私の携帯に証券会社から電話があり、私が仕込み中の銘柄の買い注文の入れ方について、日にちをあけて注文して欲しいと言われました(指し値注文をして買っているのですが、同じ日に一定数以上を買うのはやめた方がよいと言われました)、。。。
 ではどうやって買い注文をすればよいのか、1日に何株までなら買って良いのか教えてほしいと言いましたが、明確な回答は無かったです・・・
 たった数百万程度の注文で、割安と思っているから買い増ししてるのに・・・
 時価総額の小さい銘柄は買うのも大変です(もちろん売るのも大変です)。
 個人投資家に対して売買の注意をするのであれば、機関投資家にもきちんと注意してもらいたいです(特にレーティングの出し方は問題のように思いますので、廃止してほしいです)。。。
 
 さて、バイオ関連では、新規にファーマフーズを買いました。
 ポーラ子会社の買収、増毛薬の寄与で通販事業の黒字で研究開発費を捻出できるようになりました。
 創薬部門での導出OR共同研究には年単位で時間がかかると思いますが、通販事業が堅調に推移してきたので、増資連発の可能性は低いと予想して投資しました。まずは増毛薬の販売開始に期待しております。
 どうなることやら。。。。






 

新規買い銘柄&買い増し銘柄について

 気になっていた会社が10社以上あり、各社について、四季報、企業の業績推移(私はカブドットコムを利用しているので過去の業績推移が見やすいです)、BSやIR等を連日夜中まで読み込んでいました(実はこの作業が大好きなのです・・・)。
 そしていくつかの企業を新規投資&既存銘柄の買い増しをしています(まだ仕込み中の銘柄もありますが・・・)。

まず、IT系の3社です(①・②は3~5千万程度の投資ですので、打診買いといったところです・・・)。
①テクノスジャパン
 …ZMPの上場が遅延していますが、来年くらいにはあるのではとの思いもあり投資。もちろんZMPの上場の材料以外にもビッグデーター解析、AI関連に興味をもって投資しました。。。
 ですが、今日の後場に謎の急騰で、2200円付近で買っていたので、仕込みは一時完了としました(ZMPの上場の真偽不明のうわさで関連銘柄が上昇したようです)。

②アドベンチャー
 …予約のプラットフォームの展開に期待して投資。現時点では航空チケット展開を主としていますが、様々なものについての予約に入り込むとおもしろいのではと妄想しています。この銘柄は板が薄いので、仕込み中に急騰してしまって仕込みは一時完了(②の投資先であるエルテス上場であがっているのでしょうか??)。

③日本サード(買い増し)
 …TOB価格に納得できずに買い増し。AI、ブロックチェーン、ロボットと材料豊富と思っています。夢真の系列会社の派遣候補社員にAI等の教育をして付加価値をつけて派遣させるという夢真とのシナジーで売上げものびると思うのですが・・・

※新規で買った①・②については、売上は、時価総額に比して少ないです。成長性があると他の投資家も判断しての時価総額と思っています。ですから、売上の鈍化が出た場合や成長性に疑問符がついた場合にはたたき売られる可能性があるので、リスクのある銘柄と思っています(その反面、事業が軌道にのった場合の成長率も非常に高いと思っています)。
 チャレンジングな投資という観点からポートフォーリオに新規で組み入れました。。。

 その他にもいくつか購入しているのですが(IT系1社、ニッチ系1社、バイオ系1社)、時価総額が小さいので仕込みに苦労しています・・・・

 なお、入院中に「みんなが知らない超優良企業(田宮寛之・講談社)」を読み込んで、体調が回復したら投資しようと思い、8月下旬頃に、書籍にある銘柄にマークをしていました。フィードワン・オプテックス・フロイント・フマキラーです。。。
 購入しようと思いチャートを確認したら、8月下旬を底に反転・急上昇していました(泣)・・・・
 株投資は俊敏さがないと駄目ですね・・・・悩んでいるうちに絶好球を見送ってしまうことが最近多くなりました(反省)
 これからは初心にかえり、新規銘柄も発掘し、チャレンジングな投資もしないと・・・・と思っています(もちろん、健康等の問題もあり仕事をセーブしているので、生活費の確保から資金のうち半分くらいは、配当(2~3%)銘柄に投資して、リスク分散もしています。配当で日々の生活費は確保しているので、チャレンジングな投資もできると私は思っています)。




ついに心が折れました・・・

 ピーターさんの日経バイオの記事を読み、非常に合理的な経営をされていることが分かりました。
 テバ社の臨床入りが近いうちにあること、そして、来年にはジツボについて何らかの動きを開示する可能性があることが記事から読めました。
 ですが、バイオは上市までに非常に時間がかかることも痛感しました。。。
 私も健康等の問題もなければ考えがかわらなかった可能性もあるのですが、今回大病を経験し、色々考えるようになりました。。。
 そして、銘柄研究のために気になる銘柄をメモしているのですが、入院中に研究(発掘)していた銘柄は数ヶ月が経ち、急上昇しておりました(あのとき買っていればと・・・よくある後悔をしております)。。。フロイント産業、フィードワン等々。。。

 そーせいも2万6000円の時点よりは数億円含みが消えましたが、それでも数億円の含み益になっており、私のポートフォーリオがそーせい一本足打法になりつつあったこともあり、リスク分散の意味と、手元資金を確保し新たな銘柄(OR現に保有している銘柄の買い増し)に投資するという方針を貫き、また、ノバ社のシーウルの開示もあったこともあり、3000円台で購入した株を、一部利食い(自分の中では2万6000円前後で売らずに1万6000円台で売ったので、損切りのようなものですが・・・)しました。
 もっとも、そーせいは兆円企業になると思っていますので、万株単位で保有しております(単に自分の資産に占めるそーせいの割合を減らしただけです。売却してもそーせいはポートフォーリオの中で1・2番手です)。ですので、これからもそーせいは応援していきます!!

 そーせいの利食い資金は、私の投資の原点である、時価総額の小さい銘柄で機関投資家の手垢がついていない??銘柄に投資していこうと思います(方針としては、時価総額500億未満で有配株を中心に投資する方針です)。。。




 

そーせいの上値が重い・・・

JR九州のIPOを1万株申し込みをしたのですが当選はたったの1000株。。。
そーせいは、野村のレーティング2万1200円が出ましたが後場に失速(たったの160円高。1万6750円)。。。
信用期日到来の関係でしょうか??最近上値がやたらに重く感じます。
1つの材料で雰囲気一変となると思いますし、ここ数ヶ月大きなIRはそーせいから出ていないので、そろそろ・・・と期待しています。
来週はノバ社の決算です。
遅れに遅れている米国発売の情報が出るのか注目しております。。。
どうなることやら。。。




 

マルマエの決算説明会

 がんになってから、残り??の人生の時間の配分を考えるようになりました(もちろん今回手術でがんは取り切ったので、すぐに再発等になる可能性は低いと思っていますが。。。)。
 その結果、仕事はなるべくセーブし、そこで空いた時間を自分のやりたいことに振り分けることにしております。

 金曜日は気になっていたマルマエの決算説明会にいってきました。
 決算説明会の前にたまたま会場内にあって、気になっていたシェイクシャック(国際フォーラム店)にも行ってきました!!
 3号店、平日ということもあり、午後1時に行きましたが、10分程度の待ち時間で注文できました。
 こだわっているだけあって、ハンバーガーのお肉とベーコンはとてもおいしかったです(ただ、バンズはもちもちとしていて、私好みではなかったです。。。)。
 私的には、地元のウラワベースのハンバーガーの方が好きでした。。。
 何事もそうですが、テレビや机上(書面)でみるよりも、実際に体験(体感)してみないと本当の経験にはならないと思っています。
 というわけで、気になったら実行のモットーのもと、マルマエの説明会に参加いたしました(参加者は、証券会社等のアナリストの方がほとんどで素人で参加していたのは私だけだったかもしれません。。。説明会にはアナリスト対象となっていなかったので、ファックスで申し込みをしたのですが、個人投資家の方は皆無でした)。

 マルマエの説明会では、まず業績の説明がありました(株主総会等でもそうですが、配布資料に書いてある数字や記載を読み上げるのはあまり好きではないです。資料は自分で読めば分かるので、資料に記載していない補足説明等に時間をさいてもらいたいです)。
 説明会については録音をとっているわけではなく、私のメモと記憶によるものなので、間違っているかもしれません。。。

 簡単に記載すると、マルマエは、半導体分野とFPD分野の2つの売上げが大半をしめます。
 半導体分野は、今話題??の3D-NAND向けの投資が急激に増加しており、売上げの急増を予想しているとのこと(12億→17億以上)
 ただ、FPD分野は、中国向けの有機EL関係で受注できるかどうか不透明なので保守的に評価し、9.5億から5.6億へ減少見込みとして、今期予想を出したとのことでした。
 また費用面は多めに見積もっているとのことでした。
 つまり、今期予想は保守的な予想とのことでした(マルマエの社長さんは、とても丁寧でまじめで誠実な印象を受けましたので、手堅く予想を出したように感じました)。。。

 そして、私が気になっていた中期事業計画の説明がありました。
 M&Aは、M&Aをして会社の規模等の変化がでると市場変更の審査に影響がでる可能性があるため、M&Aよりも、東証一部鞍替えをまずは目指すということでした。。。
 また、新分野(作業補助・介護ロボット等)については、作業補助ロボットより現場のニーズの高い、(鹿児島大と共同研究している)リハビリ装置を優先させるとのことでした。
 リハビリ装置については、手首の麻痺のための装置の試作機を11月完成目標で動いているとのことでした。
 私は、安川電機の同種の機械の件が気になり参加したのですが、安川電機は鹿児島大との共同研究は終了しており、特許は鹿児島大が保有している、安川電機の機械とマルマエの機械とは作用が違うとのことでした。
 マルマエは余准?教授の保有している特許の使用許諾をもらい、今回の試作機を製作しているようです。
 今後余准教授と共同開発したものがでれば、両者共同で特許申請するとのことでした。

 手首の装置については、保険適用を受けない健康器具として販売するのであれば1~2年、保険適用を目指すのであれば、臨床試験を経るので3~5年かかるとのことでした(やはり私が懸念していたように時間がかかりそうです。。。)。
 売上予測については、明言はなかったものの、現在の会社の売上程度を期待しているようでした(数十億単位??でしょうか)。
 実際に大きな売上げになるのでは、臨床を経て保険適用になってからだと思いますので、東京五輪以降でしょうか??
 かなりの年数を要するものと思っています。

 バイオもそうですが、時間を見方につけないといけないですね。。。。





 

そーせい(マザーズCore採用!)

 先ほどそーせいがマザーズCoreに採用されたとのリリースが東証からありました。
 マザーズCoreの採用銘柄は継続的に利益が出る会社がほとんどですので、そーせいも利益が出せる会社と判断され採用に至ったものと思います。
 この採用買いで少しは浮動株が減るとよいのですが。。。



 
 
 

投資意欲がわかない・・・

 最近保有株からIRが出ていないこともあり、あまりすることがありません。
 そーせいは、ここ数ヶ月、1万7000円付近で株価が横横に・・・
 日本サードも数ヶ月間株価が抑えられる(操縦され??)、その後TOBでした。
 そーせいの株価も何らかの理由で抑えられているのでしょうか??

 最近はこれだと思う銘柄もなく、鹿児島大との共同研究や活況の半導体関連ということもあり、少し気になっていたマルマエの株を打診買いしたら、今日の決算では今期予想は減益に・・ということで読みが外れています。。。

 お祭りに参加しようと思い、JR九州の申し込みをしたのですが、某証券会社からは、今回は人気があるので、希望どおり割り当てがくるかどうかと言われました(1万株申し込みました)。
 JR九州についてですが、今期の配当は期末配当のみなので、来期以降は今期の倍の配当になります(配当利回りで約3%)。
 関東圏在住なので優待は使う可能性はほぼゼロですが、JR東日本の優待と違って5割引ですので、配当と優待目的で、仮に初値割れをしても中期で持ってもよいかなぁという気持ちでIPOの申し込みをしました(私の勝手な初値予想は2800円前後と思っています)。どれくらい当選するのか??
 コメダでこけたので、LINEは見送ったところLINEは高値になり、仕込んでいた日本サードは安値でTOBにという負の連鎖です。
 JR九州で流れをかえたいのですが。。。どうなることやら。。。



 
 
 

Powered by FC2 Blog

FC2Ad


Copyright © 株投資でマイホーム All Rights Reserved.