日本サードTOB&PDの総会

 株はこれがあるから怖いです。。。
 日本サードが夢真HDから610円でTOBを受けました。
 最近材料連発にもかかわらず500円付近で株価操作されているように感じでいたので、何かあるかと思っていたのですが、資本提携ではなく、いきなりTOBとは。。。予想外でした。しかも価格が610円とは安すぎます。
 私は日本サードの潜在力から考えると、数倍の株価を予想して投資していたので、残念です。
 夢真が大株主になって成長を加速させることに期待して、TOBには応じず、浮動株も減るのと夢真とのシナジーにかけて、放置するか、それとも薄利で撤退するのか考えねばなりません。。。

 次に、本日、ペプチドリームの総会にいってきました(初参加)。
 実はペプチドリームは上場前からマークしていたのですが、初値でかなりの時価総額になっていたこともあり、泣く泣く??投資を見送って、下がった場面で拾おうと思っていました。
 ところが、株価が堅調で買う機会もなく数年が過ぎました。。。
 最近株価が軟調なこともあり、1単元だけ購入して、総会に出て経営陣の考えを知ろうと思い、本日参加した次第です。
 やはり総会は参加して良かったです。
 今まで、投資家説明会も含めて何社も参加しておりますが、全て今後の投資の参考になっております。
 私の経験としては、総会等はなるべく参加した方がよいと思っています。

 そして、総会の感想ですが、まずは、経営陣の頭がきれることです。みなさんとても賢いです。。。
 頭の良さは、無駄のない説明、的確な応答からも感じました。
 そして、私が一番知りたかった事業計画の進捗についても説明がありました(ただ残念なのは、中期経営の具体的な数字は現時点では発表しないということでした。投資家としては中期経営計画の具体的な数字は出してほしいと思っております。)。

 事業自体は順調に感じました。そして数年前よりも事業スピードが数倍加速しているように思います。

 これまで設定している各期の目標はおそくとも次期には達成しているという有言実行の「数少ない??」会社として、非常に頼もしく感じました(そういった意味で、中期経営について、達成可能な具体的な数字を出せないという真面目な会社なのだということも感じました)。

 ただ個人的に気になったのは、共同開発契約についての説明で、上市までに入ってくる金額はおおよそ1つのプロジェクトで40億くらいというものでした(なお、研究開発支援金は1億程度、契約一時金は数億円)。
 上市後のロイヤリティーについて質問したのですが、契約上具体的には言えないとの回答でありましたが、社長の1~2%が普通の世界でそれよりもよいという回答だったと思いますので、私の「勝手な解釈」としては、3%程度と感じました(この数字は前期の開発マイルの40億という数字とも合致するように個人的には「勝手に」考えています)。
 そーせいの大型契約の内容をする者としては、ちょっと契約金が安すぎるのでは??と思ってしまいました。。。

 もっとも、安価な契約をすることで大手製薬会社が契約しやすいようにして、いくつも契約をして事業を進捗させる、そして、なるべく早期に契約することでリスクヘッジするという選択は、手堅いという見方もあります(実際にPDのパイプラインはバイオベンチャー屈指になっていますし。。。)。
 PDの社是は、一日も早く医薬品を上市させるということにあるようなので、医薬品の早期上市という意味では、早期に大手製薬会社と提携するいうことを主眼にするというのも一つの手のように思います。

 そーせいのようにホームランを狙うのか、それともPDのように手堅くヒットを狙うのかについては、どちらが正しいのかは分かりません。。。
 
 また、原薬供給についても質問したのですが、原薬供給については自社でやる可能性は低く、やるとしても共同のような印象を受けました(それについては、今後検討することになっており、現時点では決断していないようでした)。
 そして、自社開発中のインフル薬の優位性を質問したのですが、経口薬で、かつタミフル・リレンザとは薬の仕組みが違うので、差別化できる、また、今後の結果次第では、発症後の投薬可能な時間等で差別化できる旨の回答でした。

 なお、おみやげは全く予想していなかったのですが、総会のみやげとして、朝鮮飴と海苔菓子をもらいました。。。
 


 
スポンサーサイト

日銀に出口戦略はあるのか??

 今回の検証で日銀は金融機関や保険会社の収益に配慮したためか、長期金利を0%に誘導することとしました。
 米国も利上げペースを年1回に弱めたため、当初の日銀のねらいとは異なり、日米の金利差が縮小し、円高圧力が強まるものと私は思っています(もちろん、米国も緩和傾向にあるため、そこまで急激に円高になるとは思いませんが、じわりじわりと円高になってきていますし、これからも、その流れのように思います)。
 日銀は猛烈なETF買いをするなどして金融緩和を続けていますが、いったん弱めると、マーケットは株安・円高に大きくふれるため、やめることもできない状況となっているものと思います。
 日銀は購入した大量のETFや国債を将来どうさばくのでしょうか??
 想像するだけでも、ぞっとします。。。

 円高は基本的にはデフレマインドに、円安はその逆にと思っていますので、今年はデフレ傾向と思っています。
 とりわけ世間の財布のひもはかたいです。。。
 今日はたまたま自宅近くで総会のあった、かんなん丸の総会に行きました。
 総会は、出席者には優待券2000円分がもらえることもあり、100名をこえる人が参加していました(総会の時間は35分程度)。
 質疑は、もっぱら厳しい飲食業界に関するものでした。。。
 日銀がねらう、インフレになるのでしょうか。。。
 まずは円高への流れをとめて、円安方向にしてもらいたいものです。
 


 

サンバイオ2Q決算発表

 だいたい予想どおりの数字でした。
 決算短信や業績修正の記載から私が予想するに、治験は数ヶ月遅れているように思います(最初の患者投与が遅れたので、この遅れも想定内ですが)。下期で治験の遅れを取り戻す感じで書いておりますが、私は悲観的に見ているので、トップラインデーターの開示は来年夏、おそければ9月頃と予想しています。
 治験が早く終わることと治験結果の良いことが一致しないことはアキュセラで経験済みなので、ただただ治験の成功を期待するのみです。
 また、有価証券報告書をみると、ベンチャーキャピタルが大株主から抜けたようです。これで売り圧力も弱くなるとよいのですが。。。
 あと一つ気になることといえば、機関投資家向けの2Qの決算説明会は開催するのでしょうか。。。
 できれば開催してもらいたいですし、動画配信は是非ともしてほしいです(バイオは配当がないので、情報の配当(開示)は、他社以上にしてもらわないといけないと私は思っています)。
 


 

そーせい(1420円安)

米国株安の影響で今日はリスクオフの流れになりました。
そーせいは、1420円安と大幅下落。先日の上昇分以上の下落に。。。
1万8000円をようやく突破したかと思っていたのですが、また跳ね返されました。
時価総額3000億弱付近(1万6000円~7000円)のレンジ相場になるのでしょうか。。。
私は中長期的に考えているので、目先の株価よりも次の一手とパイプラインの進捗に期待しております。



 

そーせい(1100円高)

9月は大型株に資金がいくと思っていたのですが、数日前からバイオ株に資金が入っているように思います。
そーせいは久々に1100円高でした。
主な保有株の雑感は以下のとおりです。
(1)そーせい…ウルティブロの米国販売開始も気になりますが、個人的には次のM&Aが気になっております。ヘプタレスのパイプラインは1相段階ですので、私が経営者ならば、3相のパイプラインをもっている会社をM&Aするか、大型のインライセンス契約を結ぶと考えますが。。。ピーター社長の次の一手に注目しております。
(2)サンバイオ…マネーポスト秋号に5年で30倍を目標ととてつもない記載がありました。。。SB623が上市すれば30倍はいかずとも10倍は堅いと思っているのですが。。。記事のとおり株価が動くのは来年以降と思っておりますので、気長に放置予定です。
(3)GTS…増資で得た資金をどこに使うのかに注目しております。また、中国展開にも期待しております。
(4)日本一S…ルフランで開発力の高さを実感できたので、大化けを期待して放置。。。
(5)ユークス…円高で業績は低迷していますが、来年以降の内田Pのプロジェクトに期待しておりますので、放置。。。
(6)JSS…五輪関連でしたが株価は反応せず。高齢化社会に向けて水泳は健康維持のために必要と思いますし、幼児教育にも水泳はよいと思っています。というわけで、いつかは人気が出てくることを期待して放置(業績は地味に増収増益ですので安心しております)。
(7)日本サード…新規投資で経費がかさみ減益ですが、材料は豊富にあるので、いつか人気化すればと思っています(それまで配当をもらって放置の考えです)。

 なお、今回病気になったこともあり、また配当等の収入も増えてきたので、仕事はかなりセーブして生活しております。
 そのため、今まで時間がなくて行けなかった株主総会&説明会にも今後は積極的に参加できたらと思っております。
 何社か気になる会社があるので、基準日前に少し株を買い、総会に参加し大きく投資するかどうか判断していこうと思っております。



 

Powered by FC2 Blog

FC2Ad


Copyright © 株投資でマイホーム All Rights Reserved.