FC2ブログ

投資情報会社のアナリストについて

 そーせいについて記載されている、あるアナリストのブログを読みましたが、そーせいの株価急騰を東証1部上場への移行発言が原因であると判断しているようですが、私は、そうは思っていません。
 私は、ヘプタレスの技術の高さ、つまりパイプラインの価値が投資家に評価されての上昇と思っています(端的な形であらわれたのはアラガンとの大型契約と思っています)。

 東証1部にいくかどうかというよりも、パイプラインの進捗かどうかが大事であり、株価もその影響を一番受けると思っています(個人的にはマザーズ先物も始まるのでマザーズのままでも良いとおもっているくらいです)。私の見方は違っているのでしょうか??

 投資情報会社のアナリストの方のブログは、その他にも、私的にはおおいに??のつく記載もありました(責任問題うんぬんの記載についてのあたり・・・)。
 そして、ブログには反論などは受け付けないという記載でした。

 投資情報会社のアナリストですから、私なんかよりも圧倒的な知識・情報量をお持ちだと思うのに(その仕事でお金をもらうというのは、そういうことだと思っています)、反論をうけつけず、そしてブログを説明無く削除するというのは、いかがなものかと個人的には思っています。
 プロとして自信をもって記載したものと思いますので、堂々と主張すればよいと思っています(もちろん、プロであっても時には誤りや誤解もありますので、そのような場合にはきちんと説明をすればよいと思っています)。



 
スポンサーサイト



Powered by FC2 Blog

Copyright © 株投資でマイホーム All Rights Reserved.