日本一ソフトウエア

 イギリスのEU離脱で株価暴落していますが、応援したい銘柄に投資しているので、がんばれ!!の気持ちでどっしりと構えています。現物投資ですので、数年単位で大きく化ければとの気持ちです。

 先日そーせいの総会にいったのでそーせい一色のブログになっていましたが、バイオでは、SBIのレーティングも出たGTS、そして、大型パイプラインのあるサンバイオともに長期目線で応援しております。

 そして、内田Pが入社し、おもしろい試みをしているユークスのほか、とがったゲームを作ろうとしている日本一ソフトウェアも応援しているのですが、新作「ルフラン」の評判が非常に良く、ヒット作になるのではとひそかに期待しております(ゲームの出来を確認するためアマゾンで早速購入してみました)。日本一は岐阜の小さなゲーム会社ですが、おもしろいゲームを作っているので小さな会社でも作れるというのを世に示してほしいです。
 
 さて話はかわるのですが、お付き合いのある証券会社から連絡があり、3月期末の配当が1000万円弱入ったこともあり、コメダのIPOを1万株申し込み、5000株当選しました(大株主の出口戦略で再上場した西武HDのような値動きを期待して購入したのですが・・・)。
 当初は手堅くもうかるとの思いでいましたが、申し込みをした後、イギリス問題が勃発したので、初値割れも覚悟しています。。。
 どうなることやら。。。



 

スポンサーサイト

イギリスEU離脱へ・・・

 直前の調査で残留が僅差でリードとなっていたので、私は残留と思っていたのですが、まさかの離脱でしたね~
 私はそーせいの総会に出ていたので、総会が終わって昼に確認すると急激な円高になっていたのにびっくりしました。
 日経は1286円安の1万5000円割れ、ドル円も一時100円割れに・・・という暴落(暴騰)でした。

 米国の大統領候補選といい、今回の件といい、国の成長が鈍化すると保守的に、国家主義になってきますね。。。
 この大きな流れは変わらないでしょう~
 EUも今回の件で崩壊になるのでしょう~
 ですが、EUが仮に崩壊したとしても、それによってバブルが形成されたわけでもないので、それをトリガーにしてサブプライムのように恐慌へと突入することは考えにくいと思っています(イギリスも完全にEUと手を切るわけではなく、長い時間をかけて、EUと交渉しながら、妥協点をさぐると思いますし。。。)。
 ただ問題は、リスクオフの流れから円高が進むことにあると思っています。しかもトランプにせよヒラリーにせよ円安誘導に批判的なので、円高の是正措置を図りづらくなるように思います。
 もっとも、短期的には、日銀の追加緩和の可能性が高いので、日銀がどのように緩和策をとるのかに注目していこうと思います。

 さて、話はかわりますが、今日は、そーせいの総会でした。
 何人かの方とお話をすることができたのですが、午後に予定があった関係で懇親会には出れませんでした(泣)。。。
 来年は是非とも出たいと思います。
 まずは、そーせいの場合、総会の雰囲気は最高によいですね~
 今日も立ち見が出るくらいの参加人数でした。
 株主として権利行使できるのは、株主総会ですし、経営者の考えや人柄を知ることもできるので、総会にはなるべく参加するのがよいと思っています。 

  質疑・応答については、ヤフーの掲示板、2ちゃんねる、ツイッター等で私のメモより詳細に記載されていたので、私の記載は割愛します(私も簡単なメモしかとっていなかったので、他の人の詳細な報告とニュアンスが違ったらまずいと思いましたので省略します。すみません)。
 そこで、私の感想(感じた事)を少し述べたいと思います。
 そーせいの総会に参加しての感想は、世界と戦えるバイオになることを確信する総会でした。
 ようやくそーせいが、世界のメガバイオになれる戦力・戦略を備えたバイオになってきたということを感じる総会でした。
 もちろん短期的な株価は上下しますが、数年後には必ずや兆円企業になるものと私は思いました。
 現時点のそーせいの中長期の戦略は非常に理にかなっていると思っています。
 つまり、ヘプタレス+M&Aの推進、という戦略です。
 ヘプタレスのパイプラインについて、WAVE1(研究開発が進み導出しているもの)とWAVE2(それ以外)とに分けて説明していました。個人的には、もう少し新規のパイプラインについて説明してもらえたら良かったのですが。。。。
 日経バイオの記事で若干詳しく書かれていますね~
 気になったのが、「mGlu5」について導出まだなのにWAVE1にあがっていたことです。
 勝手な予想では、導出が近いのでしょうか??(妄想・・)
 そして今後続々とパイプラインが出てくるものと思っています。
 
 また、M&Aは、今日の説明の仕方からしますと1年以内にありそうですね(これも私の勝手な予想ですが)
 そしてインライセンス(特に2相以降のもの)もありそうに思います。
 アラガンの契約一時金が入って、勝負できる手元資金はあるので、ピーターさんの次の一手を楽しみにしています。
 時間さえ待てればいずれ兆円企業になるものと私は思いますので、現物保有でその時を待ちたいと思います(そのためには健康でいないと・・・)。



 

そーせいCVCファンド設立について

 最近SBIの買い増しでアキュセラが急騰しています。
 素人の私には、治験失敗してPLが崩壊したアキュセラをSBIが2000円近くまで買い増す理由が分かりません。
 どのような出口戦略をとるのか非常に興味があります(私は投資せずに勉強のために外野で見学するだけですが・・・)
 ただ、アキュセラの動きをみますと短期的な株の値動きは業績ではなく需給なのですね(痛感)~

 さて、本日夜にそーせいから、そーせいCVCファンドの設立IRがありました。
 正直、ポシャッたと思っていたので、サプライズでした。
 しかも、ファンドの運営会社をそーせいの子会社(そーせいCVC)がすることになると、管理手数料で儲けることができるので、ファンドの運営中地味にそーせいに収入が入ってきます。そして、投資案件で利益が出るとそーせいCVCファンドの分配金も入ってくるのでダブルにお金が入ってきます。そーせいにとってはかなりよい案件と思っています。
 似たようなスキームは、リートでよく行われます(リートは私も仕事でかんでいるので今回のスキームも少しは理解しているつもりです。。。)。
 このスキームで成功すると日本のバイオ投資もより活発化するので是非とも成功してもらいたいですね~

※追記…そーせいは日々公表銘柄なので、日本取引所グループのHPで信用残高が見れるのですが、開示は1日前のものです。
それに対して、信用売買比率は当日に開示があります。そこで、信用買いの増減と信用売買比率との関係性をここ数日確認していたのですが、信用売買比率が50%を超えると信用買いが増え、その逆だと減少という関係があるように思います。
 本日の開示では信用売買比率はかなり下がって43%になっていたので、また少し信用買いが整理されたものと勝手に予想しています(あくまでも経験則からの勝手な予想ですが・・・)。。。



 

今日もそーせいが下落・・・

 日経が好調だったのにそーせいが下落とは・・・
 かなり厳しい展開に思います。
 軟調の原因は、浮動株の多さと、信用買いの多さのように思います。
 そして、今日は午後少し時間があったので、場中の板の様子をみていたのですが、後場の最後のほうは、1万5000円に操作されているように感じました。板の厚さや出し方から見ると機関が株価操作しているのでしょうか??
 ヘプタレスの新規のパイプラインは続々と登場し、水面下でアラガンのMシリーズ、アストラのA2Aも進行しているものと思っています。
 アラガンの一時金の大きさから考えると、Mシリーズの上市可能性は非常に高いと個人的には思っています。
 来年までにはPOCの結果も判明すると思いますし、ここは辛抱でしょうか??
 もう少し下げれば買い増しと思っているのですが、がつんと下げないで今日は1万5000円どまり・・・
 そーせいは兆円企業になる可能性はあると思っていますし、株価暴落した間にそーせいからは何の悪材料も出ていませんし、これから悪材料が出る可能性も個人的には低いと思うのですが・・・
 将来の業績よりも、目先の需給・地合いに左右され、そーせいの株価(投資家)が右往左往しているのに呆れてます。
 来週24日はそーせいの総会です。
 私の体調の問題や午後に日立での仕事があるため今年は参加できるか微妙ですが、参加できれば、田村会長からパワーをもらってきます!!
 がんばれ!そーせい!!!



 

そーせい暴落

今日もそーせい暴落。
これでピーク時からそーせいだけで5億強ふっとびました~
あまりのさげっぷりに笑うしかないですね~
銘柄に惚れるなとの言葉を忘れて放置したのが駄目でした。
この棒投げのそーせいには、ただただ呆れました。
会社の価値はこんな安価ではないと確信してますが、株価の暴落スピードが早すぎると、新興市場ではホールドしているのがアホらしくなりますね~
そーせいはいまでも数年後の兆円企業を期待してますが、こうもアホみたいにさげると投資する気がなくなります(特にそーせい自体は順調なのに地合いで棒投げされると心がパキッと折れますね)。。。
中長期投資をするのが虚しく感じる一日でした。。。

そーせい(一時1万6000円割れ)

英国のEU離脱問題でリスクオフが鮮明となっております。
今日は、マザーズ指数が10%以上も下がるという異常事態。。。
新興市場は壊滅状態でした。。。
そーせいも3410円安に・・・時価総額も2000億円台になりました。
今日の暴落で、たった1日で約3億ほど吹っ飛びました(資産のピークからは5億減りました・・・やはり利食いをしないと駄目ですね(反省))。
幸い全て現物保有なので、嵐がすぎるのを待つしかないと思っていますが、それにしても外部環境でここまで下がるとは・・・
機関のやりたい放題の市場ですね~
暴落はしましたが、1日1日研究は進みますので、治験の成功を期待していくのみです!!



 

今日はサンバイオが暴騰

 野村のレーティング3900円でサンバイオが暴騰。。。
 サンバイオのレーティングは3900円ですが,SB623の2bが成功すれば,3900円以上の価値は当然にあると思っています。
 そのため,レーティングが出る前から,サンバイオの価値の高さを評価していたのですが。。。
 レーティングが出る前は1800円の壁を突破できませんでした。

 ところが,レーティングが出たとたんに2000円を突破とは・・・
 いかに投資家が他人の評価を気にするのかが分かる事象ですね~

 投資で儲けるには,レーティングが出る前から自分で投資する会社を評価して,その価値を正しいと自分の中で確信することだと思っています(レーティングが付与されていない会社の場合には,自分の評価が正しいか疑心暗鬼になりますが,そこで自分を信じれるかが勝負の分かれ目のように思います。自分の評価が正しいと思うには研鑽あるのみです・・・)。
 そーせいもへプタレス買収時には散々なことを言われ,買収時の株価は急落しました。
 いかに他人より先に価値を見いだすのかが株式投資で重要なところと私は思っています。



 

保有株雑感

 最近は保有株を放置しているだけなので、あまりすることがないです。。。

 大化けねらいで保有している銘柄は以下のとおりです。

(1)そーせい…2万円あたりでヨコヨコに。上値が重い印象。下値は少しづつ切りあがっているように思うのですが。次の材料が出るまで力を蓄えている感じなのでしょうか??

(2)サンバイオ…1800円あたりでヨコヨコに。1800円付近でVC等の大口の売りが出ているため上値が重いのでしょうか??治験が成功すればこんな安価ではないので治験の進捗に期待し放置。

(3)GTS…そーせいやサンバイオとは違い軽快な値動きです。時価総額が小さい銘柄はするする上がるのでよいですね~

(4)日本サード…材料は豊富なのに全く株価は動かず。。。もっと人気がでてもよいのに。。。正直理解できません。我慢して放置です。

(5)ユークス…内田Pの進捗に期待。内田Pの展開まで時間がかかりそうなので放置。

(6)日本一S…スマホ展開も進展せず、完全に放置銘柄。。。独特の視点でゲームを作るのでいつかヒット作が出ることを期待しています。



 

投資情報会社のアナリストについて

 そーせいについて記載されている、あるアナリストのブログを読みましたが、そーせいの株価急騰を東証1部上場への移行発言が原因であると判断しているようですが、私は、そうは思っていません。
 私は、ヘプタレスの技術の高さ、つまりパイプラインの価値が投資家に評価されての上昇と思っています(端的な形であらわれたのはアラガンとの大型契約と思っています)。

 東証1部にいくかどうかというよりも、パイプラインの進捗かどうかが大事であり、株価もその影響を一番受けると思っています(個人的にはマザーズ先物も始まるのでマザーズのままでも良いとおもっているくらいです)。私の見方は違っているのでしょうか??

 投資情報会社のアナリストの方のブログは、その他にも、私的にはおおいに??のつく記載もありました(責任問題うんぬんの記載についてのあたり・・・)。
 そして、ブログには反論などは受け付けないという記載でした。

 投資情報会社のアナリストですから、私なんかよりも圧倒的な知識・情報量をお持ちだと思うのに(その仕事でお金をもらうというのは、そういうことだと思っています)、反論をうけつけず、そしてブログを説明無く削除するというのは、いかがなものかと個人的には思っています。
 プロとして自信をもって記載したものと思いますので、堂々と主張すればよいと思っています(もちろん、プロであっても時には誤りや誤解もありますので、そのような場合にはきちんと説明をすればよいと思っています)。



 

優待生活

 今日は妻子で西松屋に行き、娘のサンダル等を購入したあと、はま寿司に行ってきました。
 私は収集癖があるので(小さいころはビックリマンチョコやミニ四駆にはまっていました)、優待券も近くにある外食はほぼ??コンプリートし、埼玉県内の鉄道会社の株(東武、西武、秩父、JR東日本)も買っています。。。

 GWは入院で外出していなかったため、優待券の期限が迫ってきているものが多く、義務感で消費しています(今週の昼食は松屋連発でした・・・)。
 西松屋の優待は前回まで1000円の買い物につき100円の割引で非常に使い勝手が悪かったのですが(実質1割引)、今回の優待から買い物券にかわりました(感謝)。

 お酒は飲めないし、たばこもすわないので、お金をつかう楽しみといったら食事くらいです(あとは家族旅行でしょうか・・・)。寿司(特にマグロ)が好きなので、回転寿司を優待で腹いっぱい食べたいと思い、寿司系の優待を集めました。

(1)はま寿司…ゼンショー、ココス、ジョリーパスタの株を1000株、1000株、500株買っているので、半年に3万円くらいの優待がきます(全部はま寿司に使うわけではないですが・・・)。
(2)くら…1年に1回の優待しか来ないので、利回りが悪いのが難点です・・・
(3)かっぱ…コロワイド系になったので、コロワイド、アトム、かっぱの株を取得すると半年で数万円単位の優待券がつきます(これも全部かっぱに使うわけではなく、お米をもらったり、肉等にしていますが・・・)
(4)海鮮三崎港…吉野家HDの株主優待で使えます。個人的には牛丼チェーンの中では吉野家の牛丼が一番と思っていますので、優待のほとんどは牛丼に使っていますが・・・
(5)銚子丸…寿司が新鮮でおいしいです。ねたも回転すしでは群を抜いています。その分単価は高いですが・・・
(6)さとレストラン…にぎりや長次郎という回転すしが高級でおいしいです((5)以上に高いです。1皿300~500円くらいの寿司はざらですが、おいしいです)
(7)きずな寿司…高級すしの食べ放題が楽しめます(4000円強くらいのねだん。うにがおいしいです。)。外食優待の雄??のクリエイト(4500株)とSFP(100株)を保有しているので、半年に3万4000円きます。。。家族に渡したりしても使いきれないくらいです。。。

埼玉県内の寿司の優待はこんな感じでしょうか??
複数の回転すし店に行きますとどの店が流行っているのかが客の流れで分かるのでおもしろいですね~
最近はあまり売買をしていないので、優待と配当で癒されています・・・

また、優待株にはおもしろ優待がありますね。
マサルの宝くじ、トピー工業の交通事故保険、タキヒヨーの旅行抽選&社長厳選のギフト等々・・・
そして、宿泊系も色々ありますね(共立メンテナンスの源泉露天風呂付の宿には癒されています。リベレステの猫魔ホテルも冬に何度か泊まってワカサギ釣りをするのが楽しみでしたが、リベレステが猫魔ホテルを売却し優待が消えてショックを受けていました。そしたらベルーナがそのホテルを購入し株主優待にしたので、早速ベルーナを買いました~)。。。
優待は奥が深いです・・・


6月になって

 アキュセラショックから今日はジグソーショックに・・・
 問題になっているジグソーのレポートを読みましたが、この記載が事実だとするとかなり厳しい展開になりそうですね。。。
 私はジグソーの業態が理解できなかったので投資していませんでしたが、雰囲気のみで投資すると駄目ですね~
 かといって精査しすぎると株価が理解できないことも多くなり、投資機会が奪われます(難しいです)。
 アキュセラは治験失敗で暴落しましたが、治験失敗後、急騰前の株価(700円前後)よりも高い1100円で値が付きました。
 治験失敗後に救出IRが無かったので、時価総額400億円付近でとどまるとは思いもよりませんでした(パイプラインで一番期待できるのは白内障治療薬ですがPOC取得は2019年予定となっており、まだ数年先ですし、大塚が負担している治験費用の問題もありますので、治験の成否が分からない時期の株価よりも治験が失敗した後の株価は当然に下がると思っていたのですが。。。)。
 
 最近はマザーズは業績よりもマネーゲームになっているのではと思う銘柄もあるように思います。
 リスクをさけたい臆病な私はただ傍観しているだけですが、リスクをとって投資し、リスクが表面化する前に資金を引き揚げるか、人気化する前に投資して取得単価をかなり下げた状態で勝負するか、をした方はアキュセラでも儲けたように思います(昨年から購入していた人は治験失敗後に売却しても利食いできました)。
 いずれにせよ、雰囲気に流されずに、リスクはどこにあるのかを自分なりに考え、リスクを承知で投資すれば、大損することはないように思います。。。
 
 というわけで、アキュセラ、ジグソーショックと続いたこともあり、投資銘柄について、よい面ばかりではなくリスクも考えておくことが大事と再認識したこの1週間でした。


Powered by FC2 Blog

FC2Ad


Copyright © 株投資でマイホーム All Rights Reserved.