サンバイオ~読売ブリッジサロンでの個人投資家説明会~

 今日は、午後から、東京大手町で開かれた読売ブリッジサロン主催の個人投資家説明会に行ってきました。
 今日の説明会は3社の説明があったのですが、もちろん私はサンバイオねらいで出席しました。
 参加者のほとんどは高齢者で、20~30代の方はほとんどいませんでした。。。

 サンバイオは森社長自らが出席して説明しました。
 出席者の方から質問があったのですが、その方はサンバイオの株主でしたが、今日までIPSの細胞を使用している会社だと思っていましたという発言があり、私は絶句。。。バイオの投資家の中には、あまり調べないで購入している人がいるのでしょうかね。。。

 説明会とその後の座談会で私が社長に直接質問して得た回答をまとめると以下のとおりです(間違っていたらご指摘ください)。

(1)サンバイオの強み
 ①世界最高の開発体制をとっている~アドバイザーの中には元FDAの長官、NIHの元所長もいるなど、凄まじい人たちが参加している。

 ②量産化技術を開発し、細胞医療で先頭を行っている~生きた細胞を増やすということは簡単なことではなく、性質がかわらないように大量に使用できるようにするには、10年近くの年月が必要とされるがサンバイオはこの量産化を克服している。

 ③高い安全性~投与方法には局所麻酔を投与するのみででき、脳外科では簡単な処置の部類とのこと。SB623のもとは骨髄からとったものだが、がん化の可能性はほとんどなく(そのことは、骨髄移植が行われてから50年が経っているが、移植細胞が原因でがんになったという話は聞いたことがないことからも実証されている)、免疫拒絶もおきない(そのため免疫抑制剤の投与は不要であり、患者の負担が軽い)。免疫拒絶がおきないのは、脳、目、脊髄といわれているとのことでした。そのため、サンバイオのパイプラインは脳、目、脊髄関連のものとなっているとのことです(考え抜かれたパイプラインですね~)。

 ④高い収益性~大日本住友との契約内容~SB623のロイヤリティは17%でさらに製品供給収入ももらえる、両者あわせて全体の販売高の3分の1弱の金がサンバイオに入るとのこと。この契約内容は、バイオ屈指のものでは(私見)??

(2)開発状況
 ①SB623脳梗塞(米国)…治験の遅延はなく、順調とのこと。大日本住友との共同開発なので詳しいことは言えないが、治験終了時期は変わらないと言っていました。もうすぐ最初の患者への投与が開始されるのだろうか(私見)。。。
IRでは、治験の進捗状況についてなるべく詳しく状況を伝えますと森社長は言っていました。
私は投与方法が特殊だから、治験は遅れるのでは??と聞いたが、森社長は、特殊ではなく脳外科ではよくやる方法なので、それが原因で遅れることはないとのこと。私は、この治験の遅延が非常に気になってこの説明会に参加したので、何度も治験は順調かどうか聞いたが、森社長は順調で何の問題もないと言っていました(私としては社長の発言を信じるしかないです。。)。

 ②SB623脳梗塞(日本)…帝人が開発しているが、大日本とは違い、秘密保持契約が厳しいので、状況は説明できないとのこと。ただ、日本での開発費は全て帝人負担とのこと(これは非常に大きいと思いました。。。)。
また、私が、帝人は米国の2bの結果を見るまで動かないで、その後に簡単な治験を国内でして、早期承認をねらっているのですよねと意地悪く聞きましたら、森社長は、そのような消極的な態度ではなく、積極的に国内開発に向けて準備していますと言っていました(今年あたり動きが出るのでしょうか(私見)??)

 ③SB623外傷性脳損傷(米国)…フェーズ2治験中。私がフェース2aでうまくいったら、2bをやるのですか??と聞いたのですが、2相であり、うまく言ったら次は3相です。と言っていました(ただ、私見だが、2相で結果が出たら導出のように思います)。
導出についても考えているとのことで、大日本住友に限らず、条件次第で他社への導出もあるとのことでした(私見ですが、常識的には大日本住友と思います)。

 ④SB623外傷性脳損傷(日本)…2016年中に国内での治験を開始予定。日本の早期承認制度を活用する方針。

 まとめると以上です。


 今日の感想としては、最強の布陣の経営陣&開発陣、そして考え抜かれたポートフォーリオで、非常に理にかなった、計算された経営をしているように思いました。
 SB623の開発も、脳梗塞については米国は開発費の半分は大日本が、日本は全額を帝人が負担しており、サンバイオの負担は軽いです。にもかかわらず、治験が成功すれば米国の場合には3分の1近くの金が入ることになりますので、かなりよい条件の導出契約と思います(5000億の売上で1500億程度の収益となります。治験が成功すれば、桁外れの利益がサンバイオに入りますね~)。
 あとは治験が成功するかどうかですね。。。私は治験成功にかけて投資していますが、どうなることやら(日本発の細胞医薬のメガバイオの誕生を期待しています)。。。





 
スポンサーサイト

そーせい様々

 今月上旬の株価下落で3億円以上資産が吹っ飛びましたが、地合いも少し回復し、そして、そーせいの株価上昇で、資産が回復しました(感謝)。。。
 そーせいは3000円台からずっと放置して含み益もかなりの額になっているのですが、それ以外のバイオ株(GTS&サンバイオ)はさっぱりです(そのため、少し買い増ししました)。
 バイオ以外におもしろい銘柄として前から注視していたブランジスタを少し買いました(配当株の一部を売却して購入)。
 神の手プロジェクトの期待買いで株価が堅調に推移すると予想していますが、どうなることやら。。。






 

日々勉強!!

 今日は、尊敬している菅下清廣先生の月1回のランチ勉強会に参加してきました。
 日米のチャートの見方(波動の見方)、3月の日銀の追加緩和の可能性、マイナス金利についての影響等非常に勉強になりました。
 ランチ勉強会の参加者の方から、投資家で勝つために必要とされる能力は何かという質問がありましたが、その質問に対して菅下先生は、
① 研究熱心であること
② 健康管理をしていること(健康であること)
③ 楽観論者であること(前向きな考えでいること)
 をあげられていました。

 私は③以外は全然出来ていないので、日々精進しないと駄目だなと強く思いました(世界の著名な投資家は、どの方も①と②は充足しているように思いますので、私も少しでも近づけるように頑張らねばと思いました)。

 ちなみに、来週の土曜日はサンバイオの説明会に行って勉強してきます!!




そーせい(ブルームバーグ)

 今日午前中にブルームバーグから、そーせいの記事が出ました。
 記事には「バイオ医薬品会社のそーせいグループは今年、新薬の開発に加え、主力の肺疾患治療薬以外に事業を多角化するため、さらなるパートナーシップを結ぶ可能性がある。…田村社長は都内でのインタビューで、同社のパイプラインには開発が進んだ段階に達しているものがあると説明。これらについては、いずれパートナーを得られると考えており、それが2016年の最初の大きなニュースとなり得ると語った。 」とありました。

 ヘプタレス買収後、そーせいからは次々に大きな材料が出ますね・・・
 2016年の最初の大きなニュースとはどういったものか、妄想しながらそのときを待ちたいと思います。
 本当に兆円企業への階段を一段一段登っているように思います。
 売る材料は現時点では全く無いので放置のみです(将来の数万円の値幅をねらっているので、数百円の値幅など興味ないです・・・)。




今日も日本株暴落(760円安)

 ついに,日経760円安で,1万5000円割れに・・・
 いつも,寄り付き前の外国証券の注文動向をチェックするのですが,連日1000万株以上の大幅売り越しになっています。
 外国人がガンガン売ってきている状況ですね・・・
 リーマンショックのときも経験しているのですが,リーマンショックの時以上の激しい下落のように思います(私の資産もついにピーク時から3億円以上減りました)。
 ドル円レートも110円を一時割る状況になりましたし,目先は下値を模索する状態になるのでしょうか??
 ただ個人的にはここまで下がるような世界情勢ではないと思うのですが・・・
 私はもう腹をくくっているので,こんな安値で売る気はありません。
 ただ,上場している銘柄の5%未満しか上昇していないという異常事態が続くことは勘弁です(これでは空売りする人以外儲かりません)。この異常事態をとめるには大胆な金融政策しかないと思っています(G20に期待していますし,デフレ&円高に逆戻りしないためにも日銀の追加緩和に期待しています。)。






 
 

そーせいM1(HTL9936)1相後期・好結果

 日経が続落(372円安)、一時1万5500円割れに・・・
 昨日900円以上も下がったのに、続落とは。。。リスクオフの流れが鮮明ですね~
 このため、私もピーク時から約2億数千万も資産が減りました。
 まあ、2年くらい前までは日経は1万4000円~6000円のレンジ相場だったので、このあたりまで下がるのはありうると思っていたのと、現物のみですので、まだまだ落ち着いて見ています(急激に資産が減るのも何度も経験しているので・・・)。

 そして、今日はそーせいの決算がありました。
 決算自体はバイオの雄といえる数字で安心しました。
 それよりも、ここでM1の1相後期の結果が出るとは・・・予想した人はほとんどいなかったのではないでしょうか??
 私は目先の決算よりもM1を筆頭とするパイプラインの進捗が一番気になっていたので、今日のM1(HTL9936)の好結果には非常に安心しました。HTL9936は今年の終わりに2相に進むとのことであり、順調でよかったです。
 それと、気になるのが、突如出てきた??HTL18318の存在です。
 HTL9936との違いは何なのでしょうか??
 HTL18318が今年中に1相の結果が出る予定とは。。。
 HTL9936のすぐ後にほぼ平行して治験をすることを考えると、HTL18318はHTL9936よりも強力な候補薬のように思います。
 M1だけで1つの候補薬と思っていたのですが、M1だけでも複数のパイプラインになるのですね(驚)~
 ヘプタレスの技術で泉のように候補薬がでてきます(田村社長のおしゃったジャックスポットというほうがよいのでしょうか・・・)
 それにしても、そーせいのパイプラインが多く、かつどれも革新的で把握できないです(嬉しい悩みです)。
 数年後の兆円企業を夢見てホールドするのみです。

 そーせいは、バイオの雄になって独り立ちしているのですが、サンバイオとGTSも早く独り立ちしてもらいたいと思っています。。。
 サンバイオは脳梗塞治療薬、GTSはバイオシミラーの日米中の3極の上市で独り立ちできると思うので期待しています。
 他銘柄の配当と株主優待で楽しみつつ、そーせいは兆円企業、サンバイオは5000億、GTSは1000億への軌道にのっているかどうかを確認して、のんびりと応援していこうと思います。




日経918円安

一気に下げますね~
今日は918円安の1万6085円に・・・
2月のこの時期は45日ルールの影響が出るのが通常ですが。。。
特に今年は世界景気を嫌気した投資家の解約に備えて,株式の売却が進んでいるように思います(資金の避難先として円が買われているように思うので,日本株にはダブルパンチですね・・・)
ですが,1万6000円付近の株価になると,利回りもかなりよい銘柄があるのも事実です。
現物のみですので,いつかは反転するだろうとの気持ちでのんびりいこうと思います。


毒を食らわば皿まで・・・(GTS)

 今日は月一回の北茨城での仕事でした。。。
 そのため、先ほど日本一SとGTSの開示を見たのですが、GTS~には驚き半分、そうだろうなという納得半分でした。

 まず、日本一Sについてですが、
 ルフランを来期に延ばしたので、決算は修正無しかもと思っていたのですが、上方修正しましたね(喜)
 コンシューマーに特化して、地道に利益が出せるようになってきたのが良かったです。
 来期は、ルフラン、ロゼ、そして謎の新作(戦国もの??)と作品もニッチで、よりおもしろいものを作るようになっていると感じますので、これからも応援していきます(スマホ展開を期待していたのですが、展開が遅くなる間に時代もかわり、リターンはとりにくくなっているので、コンシューマーに特化するというのも有りのように感じています)!!

 そして、GTSですが、定款変更の臨時総会が開かれますね~

 ここからは、私の勝手な予想(妄想??)ですが。。。(妄想ですので、話半分に読んでくださいませ~外れる可能性大ですので)

 これはほぼ間違いなく将来の増資のための定款変更でしょう(これは開示で言及されていますね・・・)。
 仮に増資があったとしても、2020年までにはあと1回はあると思っていたので、あまり驚きはないですが・・・

 3月31日総会ということであれば、遅くとも6月の定時総会までに増資の概要がでると思います(定時総会で増資案件を決議するのでしょうか??)。もしかしたら、臨時総会前に概要が出るかもしれません。。。
 その増資の内容は、おそらくヒュミラの中国及び(又は??)米国との提携先が決まり、その研究開発費のためのように思います。 
 それなら、先日の社長のメッセージの「来年度には着実な成果を生み出せるものと『確信』しています」の記載には納得がいきます。
 社長は先日提携がほぼ決まったことから、勇み足でメッセージを出してしまったというのは考えすぎでしょうか??

 問題は、増資の方法のように思います。

 増資の方法の1つは、ウィズが第2弾で予約権及び転換社債を引き受けるというもの
 もう一つは、海外提携先への第三者割当、
のどちらかか、両者のミックスのように思います(勝手な予想としては20~30億くらいの増資でしょうか??)

 公募の可能性もないわけではないですが、そうなると1888円で予約権行使して大量に株をもっているウィズが大損することになるので、そのような方法をとる可能性は低いと思っていますが、甘いでしょうか??
 もしも公募の可能性があるのなら、定款変更には反対票を投じます!!

 いずれにせよ、定款変更は3分の2以上の特別決議になるので、浮動株の多いGTSは株主が納得するような説明をしないと否決の可能性もあると思います。定時総会の数ヶ月前にわざわざ費用をかけて臨時総会を開催し、3分の2の賛成をとれると経営陣が考えてのものですから、かなり緊急の大きな案件が背後にあると考えるのが自然のように思えます。。。

 私は早速3月31日の予定をあけたので、臨時総会に行きます!!
 







 

GTS(3Q決算)

 今日は前倒しになったGTSの決算でした。
 数字はほぼ予想通りでした。これで今期の売上は達成できるものと思います。
 引け後に抱き合わせで何か材料が出るかもと期待していたのですが、出ませんでした(今現在)。
 社長のメッセージは今日の決算と同時にリリースする方法で良かったと思うのですが・・・なぜ1日早くリリースしたのか疑問です。また、決算を前倒しした理由もなぞです。

 今日は引け後の決算や材料を期待してのあげのように思うので、明日は調整するのでしょうかね~
 いずれにせよ、私は長期保有目的なので、2000円前後の株価はどうでもいいですが・・・

 それよりも、来期の業績に期待させる社長メッセージでしたので、来期の業績予想に大注目しています!!
 特に社長メッセージの文言を精査すると、来期になにが期待できるのかが分かるように思います。

 最近はアキュセラ・アンジェスの急騰とバイオが人気となっています。
 バイオの銘柄数も増え、また、2020年までに黒字転換を目指せるバイオがいくつもあるにもかかわらず、時価総額はかなり安くなっています。
 私はバイオの成長なくして日本の成長無しと思っていますので、これからもバイオに注目し、応援していきます!!
  





GTS(社長メッセージ更新)

 娘がコップを倒してパソコンに麦茶がかかってしまい、パソコンが一時使用できなくなってしまいました。
 奇跡的にパソコンが復活??したので、GTSとそーせいのIRを先ほど知りました。。。

 まずは、そーせいについてですが、他のバイオとは格の違いを見せつけるIRですね。これでより一層ヘプタレスの研究が迅速化するものと思っています。もう、そーせいについては安心して放置しています!!

 次に株価低迷中のGTSですが、ようやく??社長メッセージの更新がありました。
 メッセージの内容を見ると、来年度の「大幅な売上高増を予想しています」という、かなり強気の記載には驚きました。
 私の予想では、来期は1割増くらいに思っていたのですが、もっと売上増になるのでしょうか??
 特に、第2項の「契約金・マイルストン収入・原薬販売収益の寄与」の記載内容には期待してしまいます。。。
 最後にある「画期的バイオ医薬品の創出」という記載にも期待してしまうのですが。。。

 さらに、3Qの決算発表日が私の記憶では10日だったのが、先ほどHPで確認したら、3日に前倒しになっていました。
 決算前倒しの場合にはよい場合が多いのが通常ですが・・・(普通に考えれば赤字拡大だと思うので、あまり期待していませんが、決算と同時に何か出るのかどうかに注目してみます・・・)
 そして何よりも、今回の社長メッセージで来期以降に期待がもてる内容でしたので、来期の決算(5月頃)に注目しています。
  




サンバイオ被験者への最初の投与の遅延・・・

 今日は日経1面に遺伝子治療薬(コラテジェン)の国内発売へ(2017年の早い時期??)というビックな材料が載りました。
当然のごとくアンジェスはストップ高に・・・
 日本国内の規制緩和で上市までの期間が大幅に短縮されるようになると,国内のバイオベンチャーにとってはかなり強い追い風となります。そのためか,今日はバイオベンチャーが軒並み上がりました。
 そーせいの含み益もかなりの金額になってきました。。。
 そんな中,ひけ後にサンバイオから,被験者への最初の投与が遅延しているとのIRがありました。
 あとはどれくらい遅れるかが気になるところです。来年春にトップラインデーターが出ることとなっていましたが,夏頃になるのでしょうか??
 今月はサンバイオの説明会で,治験の進捗について何らかの説明があると思いますので,説明会で状況を知りたいと思っています。
  





Powered by FC2 Blog

FC2Ad


Copyright © 株投資でマイホーム All Rights Reserved.