黒田バズーカ2(日銀追加金融緩和)

「次の展開に」とブログで記載したのですが、良い意味で違った展開になりました。
 株式新聞の引用ですが、「日銀は31日、金融政策決定会合を開催し量的・質的金融緩和の拡大を決めた。マネタリーベース(資金供給量)の年間増加目標を従来の約60兆−70兆円から約80兆円に、保有長期国債残高の年間増加目標は約50兆円から約80兆円に30兆円上乗せしている。一部を除き現状維持との予想が大半だっただけに、同日の東京市場は「黒田バズーカ2」で一気に株高・円安が進行した。」とのことで、今日は、びっくりの日経平均755円高です。
 一部アナリストは今日の追加金融緩和発表を予想する人もいたのですが、個人的には予想外でした。
 というわけで、先日のリスクヘッジのVIX短期を急いで売却しました(数十万の損失)。
 今日は、昨夜色々考え、エナリスがストップ安付近になるのであれば買おうと決断したので、それに従い、寄りつきとストップ安で買い、戻したところで売却しました(あまりデイトレードは苦手なのでやらないのですが、今日は約百万円の利益が出ました。)。
 その結果、ヘッジの損失をカバーできました。
 SOLの臨時株主総会に行きましたが、シャンシャン総会で、質問もなく、すぐに終わりました。
 オークがどのように動くのか注目しています。。。

スポンサーサイト

次の展開に

 今日午後、石山に金商法違反で強制捜査が入ったとの一部報道があり、エナリスもストップ安になり、マザーズは急落しました。
 日経、ダウがほぼ戻ってきましたが、来月は11月決算のファンドの換金売りがあるので、先日の急落の2番底があるかもしれないと思い、保有銘柄のうち一部を現金化し、また、VIX短期(1552)をリスクヘッジで少し買っています。
それとおもしろそうな銘柄を仕込んでいます(ただ、板が薄くて買えていません。。。)。

 私は私が利用しているカブドットコムの貸株料率を投資の参考にしていますが(具体的には、貸株料率が上がった銘柄は空売りが入るので軟調になりやすく、逆に貸株料率が下がった銘柄は買い戻しにより上がる可能性が高くなると思っています)、バイオの貸株料率がまだ高くなっています。
 そんな中、GTSは10月は0.5%→11月は0.1%に減っているので、動いてくれると期待しているのですが。。。
 明日は、SOLの臨時総会なので、できれば出席しようと思います。怪しい銘柄なので、どのように進行するのか興味があります。



日経平均回復…

 やはり??15日頃から日経平均株価も回復してきました。先日の下げはヘッジファンドの換金売り(そしてそれを狙った空うり)だったのでしょうか?
 結局は日本市場も海外投資家に振り回され、いいようにされてしまいますね(泣)。
 エボラ出血熱の拡大が一番の懸念材料ですが、それがなければ、これからボーナス相場に入るのでそれほど下げないように思います(といっても11月はヘッジファンドの決算があるので、もう一波乱がありそうな気もします)。いずれにせよ、最近の相場はたった1日で空気がかわりますので注視していないといけないですね~。

 私の保有株(ゲーム、バイオの小型株を中心に買っています。但し、優待目的の株は除く)の雑感は以下のとおりです。

①ブロッコリー…うたぷりに期待しています。先日一部利食いをしましたが、日経が急落した場面で買い戻しをしました。年末の配信期待でじわりじわりと上がってきたように思えますが。。。

②日本一…人気が全くないです。携帯アプリゲームの発売がされることを期待(妄想??)しています。大江戸ブラックスミスには期待していますが。。。

③そーせい…ウルティブロ、シーブリの米国申請に期待しています。来月の再生医療法の施行にあわせて、再生医療ファンドの開始がされることも期待しています。

④アールテック…武田がアミティーザをEU,新興国で販売したら、アミティーザの受託製造も大幅に増加するので、今日の材料はサプライズでした。これにドライアイの治験、網膜色素変性症の治験が成功するとこんな安い時価総額(約320億)ではないと思いますが。。。

⑤GTS…全く人気なし。材料なし。ただし時価総額がバイオ最安値になっているので、今のうちに仕込んでいます(期待されていないだけにそれを打ち破る材料が出たら…と妄想して放置しています)。

⑥JSS…時価総額13億の有配銘柄。勝手に五輪・健康関連銘柄と思って、いつか人気化すると思い放置しています。

⑦SOL…ついにオークが参入してきました。怪しい会社に思っていますが、オークがかち上げてくれることを期待しています。



ゴタゴタはやめて欲しい

 安倍政権になって、政権内部のゴタゴタはこれまで無かったのですが、松島・小渕大臣のゴタゴタで政治がまた混乱するのは本当に勘弁して欲しいものです。
 政治家も自分の脇の甘さで国内の政治が混乱することをどのように認識しているのでしょうか??
 野党も足のひっぱいあいばかりをせずに、日本をどのように成長させるのかもっと具体的な議論をして欲しいです。
 日本の国力が衰退している中で国内で足をひっぱりあうのは見ていて本当にイライラします(アメリカの金融緩和の終了、エボラの影響、世界景気減速懸念と、かなり大事な時期にもかかわらず、国内でゴタゴタが続くのは本当に失望というか呆れます)。

 日本が再び輝きを取り戻すには、
  ①人口を増やすための大胆な政策をとる
  ②外国人観光客を増やす政策をとる
  ③海底資源を開発して、資源大国にする
  (アメリカが復活したのはシェールガス革命が大きいので、日本も海底資源を安価でとれるようになれば、とんでもないことになります)
  ④特許で守られている世界ナンバーワンの技術を磨く(バイオ推進もその一つ。またエリート教育にも力を入れて欲しいです。)

 ことが大切に思います!!

 安倍首相はこれまでの政権と違い、日本経済の復活に力を入れているので、頑張って欲しいです。
 私は世界に通用する技術を持つ会社で、まだ埋もれている会社(人気のない会社)を発掘して、投資していこうと思います!!がんばれ!日本!!!




  

日経335円安…

 非常に厳しい展開になっています。
 昨夜発表のあったアメリカの指数もよくなく、エボラの感染拡大懸念もあり、ダウと日経平均は暴落しています。
 今日も335円も下がりました(奇跡的にバイオ関連に資金が入ったため、それほど損は出ていないのが救いですが。。。)。
 日経平均1万4000円が下値のメドと思っているので、それまでには反転すると思うのですが、外資は徹底的に日本株を売っている印象です(寄りつき前の外資の動向は連日大幅な売り越しです)。
 楽観的に考えると、それだけ外資が売ってくれば後は買い戻ししかないので、いずれ上がるものと思っています。
 現物保有なので、衝動的に動くのはやめて、じっと嵐が過ぎるのを待とうと思います(個人的には、エボラの感染拡大が唯一の心配材料ですが、それが落ち着けば、反転すると思うのですが。。。)。

今日も買い増し…

 今日も日経が364円安と非常にしびれる展開になっています。
 私は今日もブロッコリーを一部利食いして、そーせいを3700円台でナンピン買いしました。
 地合いは最悪なので、まだまだ下がるのでしょうか??
 日本は、完全にアメリカの相場に振り回されていますね。。。
 ほとんど買う人もいないのですが、私は自分の信念に従って買い増しを続けています。
 損失が増えるだけになるのか、またはあのとき買っておいて良かったとなるのか分かりません。。。
 どうなることやら。。。

バイオ崩壊

 昨日もダウが330円下がり、日経も178円下げました。
 これで日経平均株価は1か月で約1000円下がりました。

 マザーズ指数も大幅下落しています。
 地合いが悪いと真っ先に下落するバイオ株もほぼ全面安となっています。

 幸い、バイオ以外の銘柄にも分散していたため、全体の持ち株では含み益がまだ出ていますが、雲行きが怪しすぎますね~。

 そーせいについてはあまり記載しないつもりでしたが、あまりにひどい下げなので記載します(批判を受けそうなのは私が売るときなので、売る場合には記載をしない方向でいこうと思ってます。買う場合には記載しようと思います。)。
 つい先日まで5000円台だった株価が今日は4000円を割り込み、とうとう3000円台になりました。
 今日はとうとう3800円台になってきたので、ナンピン買いをしました(まだ下がりそうな地合いのためか、3800円台のときに何度も買いを入れましたが、どんどん売りが出てきました。私の他に買う人はいないのでしょうか(泣))。
 個人的には、米国の承認取得が得られるのであれば6000円前後が妥当株価と思っていますので(逆に承認取得が得られなければ大変なことになりそうですが。。。)、まだ下がりそうなら買っていく考えです(もちろん現物買いなので、嵐がすぎるのを待ちます。。。)。

 私が投資しているGTS、日本一も悲惨なことになっていますが、現物なので辛抱強くホールドしています。
 地合いが最悪なので、まだまだ下がりそうですが、現物保有で強制決済がないので、どっしりと構えています!!



 

 
 



厳しい展開に…

 10月に入って外資の寄りつき前の動向が大幅に売り越してます。今日もダウが上げたので買い越しかなあと思っていましたら、売り越しでした。日経平均は15500円を割れ、マザーズ指数は急落しました。
 11月決算のファンドの45日ルールでの売りなのでしょうか(それなら15日までですが)、それとも日本株売りを外資が仕掛けているのでしょうか??

 幸い、大幅増資とこれまでの経緯に疑問符がついていたSOLが上がっていたので少し利確し、安くなってきたバイオ株(GTS、UMN、そして、あの株も…)やゲーム株(日本一)をナンピン・新規買いをしています。
 どうなることやら。。。



 

SOLまたまた増資…

 SOLが増資の発表をしました。しかも希薄化は約3割です。。。
 私は臨時株主総会で増資の決議をとるとはあまり予想していなかったので、ちょっと驚きました(今は、SOLのこれまでの行いをふりかえると増資の可能性も大いにあったなと思っています。)。

 希薄化は3割に上りますが、引受先が全て、「あの」Oakキャピタルで、行使額が1株あたり364円と固定されていること(私のIRの見方が違っていたら教えてください。)から、非常に香ばしいにおいが漂っています。Oakキャピタルが強引にあげてくるのでしょうか??お手並み拝見といったところです。20億入れば、スーパーソルガムの事業も大いに進展すると思いますが。。。

 臨時株主総会についてですが、予定をあけて、急用がなければ川崎まで行って、経営者の考えを聞こうと思います。
 
 臨時株主総会の開示時期ですが、少なくとも、総会の議案は基準時設定までに出すべきです。
 また、選任する取締役は誰を考えているのかは今日のIRで出すべきと思っています。
 今回の増資の方法については賛成しますが(増資価格が364円と固定されているので)、開示の時期については大いに疑問です。
 スーパーソルガムの事業のために市場から資金を巻き上げるのであれば、これからはきちんと適時に開示してほしいものです。




 

休日に…

 アメリカのダウも急落し(その後大幅反発しましたが、、)、今後どのような流れになるのか確信が持てなかったのもあり、私が尊敬する菅下清廣先生の新著「2015年にやってくるインフレ相場の波に乗れ(徳間書店)」をアマゾンで購入し、読んでみました(※先生や書店からお金をもらって宣伝しているわけではないですが、一読をおすすめします。但し、私は著書の付録銘柄を鵜呑みにするつもりはありませんが。。。)。
 なぜ私が菅下先生を知っているかと言いますと、数年前に株の雑誌に推奨銘柄をご投稿されていて、推奨銘柄の視点が鋭く、かつ、その的中率が高かったことから、以来、菅下先生のブログや著書を読むようになりました。
 菅下先生は、他の経済経済学者やアナリストよりも先に日本の株式相場の反転を予想していた方で、これまでの流れはほぼ的中していますので、私が悩んだときは先生の著書を参考にしております(急落した市場では、澤上篤人先生の言葉で癒されています。日経マネー11月号の記事には癒されました。。。)

 私の投資スタイル(新興市場のバイオやゲーム株に投資するという方向性)が菅下先生のお考えと同じだったので、安心しました。。。先生の著書を読むと、日本も捨てたものではないなと思います。

 私の幼少期はバブルに沸く強い日本を見ていたのですが、学生時代からはバブル崩壊後の停滞した日本ばかりを見ていて、日本はもう駄目ではないか、との思いが強くなってしまいました。
 しかしながら、日本人の技術(能力)はすばらしいものですし、日本に復活してもらいたいという気持ちは強くもっています。
 これからの市場は調整も勿論ありますが、基本的にはバイオやゲームという分野で、応援したいと思う会社で、割安に放置されている銘柄、に投資していこうと思います!!
 がんばれ!日本!!!



果敢に攻める

 10月に入って空気が一変しました。今日は日経平均400円以上も下げました。
 数日前にヒンデンブルグ・オーメンが点灯したことから,アメリカでドスンがくるかもと思っていましたが,昨夜ダウが急落しました。
 まあ,これまでの株価が高い位置にいたことは間違いないので,アメリカの緩和終了とともに株価に調整が入ることはしかたのないことと思っています。

 一つの選択肢として,全て現金化して,嵐が過ぎるのを待つというのもありますが,私はそれが出来ないので,逆にここ数日で損切りする銘柄は損切りして(合計500万近く損切りしました),損切りした資金で一部銘柄のナンピン買いをしました。
 ここで追撃買いをして損が増えるかもしれませんが,それはそれで仕方の無いことと思って自分が安いと思っている銘柄に投資しています。
 どうなることやら。。。。


Powered by FC2 Blog

FC2Ad


Copyright © 株投資でマイホーム All Rights Reserved.