バイオ総崩れ…

メドレックスは安値を更新しました。含み損も1500万円を超えました。
もっとも、1800円くらいまでは下げを覚悟しているので(下がればガンガン買います)、それほど心配してません。

今日はシリア情勢で全面安でした。そーせいもまた4000円を切ったので、エプコを利確し、きちりも一部利確し(といってもどちらも数万円の利益)、東海染を一部損切りして、1万株買いました。

というわけで、バイオは、そーせい、メドレックス、UMNに投資してます。

バイオの成長なくして日本の成長はないと思っているので、バイオに流れがくることを祈ってます!!

また、バイオ以外で期待しているのは、ゲーム銘柄(サイバーステップとケイブ)です。こちらも軟調ですが、いずれ急騰すると思って、耐えています。。。


スポンサーサイト

メドレックスに注力…

最近、メドレックスの下落がとまりません(泣)。

個人的には、希薄化を考慮しても今の株価は安いと思っておりますので、買い増ししてます。

メドレックスを買い増すために、そーせいを昨日と今日で売却しました。

また、澤田も材料出尽くしをおそれて昨日半分売り、今日、前場で残りを売りました。


メドレックスは、エトリートが上市されれば、時価総額500億はいくと思ってます。
もっとも、3相が成功するかどうかがポイントです(アンジェスのようにならなければ良いのですが。。)。
仮に、成功すれば、歯車がうまく回り出すと思ってます。

貼付剤という点で地味かもしれませんが、メドレックスが開発しているものは、既に経口剤で安全性、有効性が認められた薬剤を貼付剤にしていこうというものです。
体内吸収さえ確認できれば(これが難しい!)、上市できるのです。

しかも、痛み止めだけではなく、うつ病、アルツハイマー等の疾患の貼付剤にもチャレンジするものと思ってます。たとえば、特許が切れそうな薬を、製薬会社と提携して、次々に貼付剤にしていくとおもしろいと思ってます。また、技術導出をしてもいいのではないかと思ってます。その他、帝人との共同開発(貼るワクチン)も、逆算すると来年あたりには臨床開始になるかもしれません。

いずれにせよ、今の時価総額(希薄化したとしても150億弱)は安いと思ってますので、がんがん買っています!!明日の投資家説明会にも期待してます。

メドレックスの他にもUMNファーマを買い増ししました。
UMNファーマは社長交代という不透明感はありますが、3相の治験のうち、難しい方は成功していることから、治験はまず成功すると思ってます。
インフルエンザワクチンの中国の導出、そして、ノロ・ロタワクチンの治験開始が発表されれば、株価倍増間違いなし??と期待しています。

どうなることやら??

増資ラッシュ??

今日はオンコから大規模な増資の発表がありました。オンコは所有していないのですが、バイオの増資ラッシュにはあきれます。増資していない会社の方が少ないと思います(現時点で増資していない会社の方が信用できます。)。

これ以上バイオ比率をあげるのはやめようと思ってます(現時点では約2~3割)。もっとも、株価1.5倍以上をねらえる銘柄に投資していくというスタンスのため、これからもある程度バイオに投資していこうと思います。

現時点で投資している銘柄は以下のとおりです。

1 バイオ
 ①そーせい
 ②メドレックス
 ③UMN(今日買いました)

2 ゲーム、IT関連
 ①ファステップ
 ②スリープロ
 ③ケイブ
 ④サイバーステップ

3 成長株
 ①エプコ(利回り良し)
 ②カワニシ(売上の大きさの割に時価総額が低い)
 ③きちり(地味ながらも確実に売上を伸ばしてます)
 ④アーバネット(割安不動産株)
 ⑤東海染(保育関連)
 ⑥メディアF(ニッチ産業)
 ⑦澤田(モンゴル銀行に期待)
 ⑧三井物産(利回り良し)

この中から、2倍、3倍とあがる銘柄がでればいいのですが。。。




次から次へと…

アンジェスは、コラテジェンの条件付き承認の可能性を考えると、時価総額150億くらいが妥当な価格と思い、6万円台で寄りついたら損切りをしようと思っていたので(逆にストップ安になるのであればナンピンしようと思っていました。)、全株損切りしました(約2000万の損失です。)。

アロベクチンの失敗により、今後数年は黒字になる可能性がなくなったこと、コラテジェンの米国の治験の結果(2相)を考えると、コラテジェンの治験もうまくいくのか疑問に思ったので、ばっさり切りました(短期的には反発するかもしれませんが、中長期の投資には??のように思います。)。


この結果、バイオの主な投資先は、そーせいとメドレックスになりましたが、メドレックスから今日大規模な増資のIRがありました。開発の迅速化を図るためには増資も必要な手段と思いますが、なんでこの時期なのか疑問に思います(もっと早くやるべきでした。。)。短期的には希薄化懸念で売られるのでしょうか??ただ、株価はすでにたたき売られているので、どうなることやら(あまりに下げるようなら、ナンピンしようと思ってます。)。

カイオムで大規模増資を経験しているので、冷静に対処したいと思います。





そーせい(急騰)

1 そーせいについて

一部報道によると、26日の部会でQVA149の承認の可否について審査されるとのことです。ノバ社の問題がCOPD薬の承認にも影響するのではないかとの懸念は払拭されたように思います。
今日も前場で3400円台というありえない価格だったので、買い増ししました。
いつかは4000円台に戻ると思って、がんがん買い増ししていたのですが、なんと後場に入ると急騰して4300円になっていました(驚)。

がんがん買いまくっていたので、私は、4200円で3分の1ほどを利確して、残りは日本の承認取得まで持とうと思ってます。

2 アンジェスについて

今日、アロベクチンの結果についてはバイカルから知らされていなかった等という弁解のIRがありました。
多額の金を出資しておきながら、治験の状況を知らなかったとすれば、それはそれで問題のように思います。
情けない対応に開いた口がふさがりません。
株価も案の定ストップ安でした。

ただ、アロベクチン以外のパイプラインは生き残っているので、これらが成功すれば挽回は可能と思ってます(新株予約権行使もある程度すすみ、20億近くは確保したので、今期中にはコラテジェンの治験も開始されるであろうし、子宮頸ガンワクチンの開発も興味があります。)。
というわけで、あまりに下げるようであれば、ナンピンもひとつの方法のように思ってます(ただ、私は、アンジェスに対する信用は全くといっていいほど無いので、巨額の資金を投入しようか悩んでいます。。)。

3 その他について

今日、Jトラストを買いました(数千株)。また、メドレックスを買い増ししました。
最近、重点的に投資しているのは、アーバネット(割安不動産株)、サイバーステップ(鬼斬期待)です。

仕事の関係で不動産関係の人と話をするのですが、都内では不動産が結構動いています。
決算発表で材料出尽くしのためか売られましたが、PER10倍以下は安いと思ってます。

サイバーステップについても下落しておりますが、ネットゲームは1本ヒットすれば業績は一変するので、時価総額が低いいまのうちが仕込みどころと思ってます。

どうなることやら。。。

そーせい(ストップ安)

暑い日が続きます。今日はあまりの暑さに仕事になりませんでした。。。

さて、株式市場はかなり寒くなっています(特に新興市場は投げ売りのような売りがでています。)。

そーせいも今日はストップ安になってしまいました(6000円付近でほとんどを利確しましたが、まさかここまで下がるとは「びっくり」です!!)。

私は、GTSが奇跡的??にあがったので利確し、社長交代による不透明感のあるUMNは損切りしました。
Jトラストは、会社予想によると後半に利益を積み上げる予定であったことから、決算前に利確していました。
そして、予想通り??、本日、かなり下がったため、前場で買ったものの、そーせいがストップ安だったので利確しました(デイトレになってしまいました。)。

そーせいは信用買いが多いため、まだ下がるものと思いますが、個人的には3000円台は割安と思っていますので、今日はストップ安付近で、万株単位で、がんがん買いました。

まだ下がるようでしたら、ナンピン買いをしていこうと思います。

バイオは、そーせいを筆頭に、夏から秋にかけて材料のある、アンジェス、メドレックスを保有してます。

バイオについては逆風が吹きまくっていますが、秋になれば風がかわるものと思ってます!!


※追記…
 アンジェスからアロベクチンの3相の治験が失敗に終わったとのIRが先ほどありました。
 またしても、株主を裏切る結果でした。
 これで、アンジェスの黒字化は難しくなったように感じます。
 アロベクチンの結果が良いと信じていた私は、結構な株数を保有しているので、損切りをするかどうか考えねばなりません。。。やはり治験が長引いた場合、その結果は良くない可能性が高いということですね~。いい勉強になりました。大型新薬の販売までこぎつけることのできるバイオはそーせいぐらいになってしまうのでしょうか??悲しい限りです。。






日経(576円)安

前場に、予想に反して決算の良かった日本化学を久々に買いました(赤字決算と思っていたので、黒字には驚きました!)。そして、4500円を切ったそーせい(買い増し)、伊藤忠系列会社と資本提携の発表のあったGTSを買いました(打診買い程度)。

その後、ずるずると日経が下がりだしたので、リスク回避のために(またはもう一段下げたところで仕込むために)、電通(全株)を利確し、大和ハウス、三井物産、Jトラストも一部利確しました。

バイオは、9月まで資金が入らないと予想しているので、塩漬け覚悟で買うかどうか悩んでいます。

過去の経験からいうと、がつんと下げたときは、仕込み時なので、どの銘柄が一番反発するのか見極めて、これから仕込もうと思います(ただ、日経のチャートを見ると、まだ下がりそうな気がしますが。。)。

Jトラスト(一部利確)

Jトラストの含み益が20%を超えたので、半分強(数万株)を利確しました。
サニーサイドも利確しました。

大和ハウスもじりじりとあげてきました。そんなわけで同じく増資銘柄の電通を少しつまみ、バイカル社から今月アロベクチンのトップラインデーターの開示があると発表があったため、アンジェスを買いました。

最近は値動きがはげしいので、ちょこちょこ保有銘柄を変動させています。

現時点では、①9月配当銘柄、②増資銘柄(ファイナンス銘柄)、③バイオ、④ゲーム(IT関連)等に重点的に投資しています。

①三井物産、三菱UFJ、CEHD
②大和ハウス、Jトラスト、電通
③そーせい、アンジェス、メドレックス、UMN
④ケイブ、サイバーS、Fastep、スリープロ

その他は、メディアF、きちり、東海染、カワニシ、エプコです。

上記銘柄の中から大化け銘柄がでると良いのですが。。。



Powered by FC2 Blog

FC2Ad


Copyright © 株投資でマイホーム All Rights Reserved.