7月ももうすぐ終わり…

夏の閑散相場でしょうか?バイオ株は軟調になっています。

次にバイオが動き出すのは、秋の学会シーズンか国会が開かれたときでしょうか??

いずれにせよ、バイオは国策と思っているので、また資金がもどってくるものと思っています。

さて、今日はアンジェスを利確し、大和ハウスを買いました(海外の機関投資家にも株を買わせる等大規模な増資をしたので、払い込み期間が終了すれば、機関投資家が利確しやすいように株価を上げるのではないかと予想して買いました。地味に10%くらいあがればと思ってます。他力本願ですが。。)。

Jトラストは予想通り??あげてきましたが、明日以降どんな動きをするのか注目してます。

日経もだいぶ押してきて、バイオ株等安くなった銘柄がちらほら出てきましたが、もう一押しあると思うので、あせらずに「そのとき」がくるのを待っていこうと思ってます。
スポンサーサイト

私の投資スタイルについて

このブログは私のトレードの良し悪しを振り返るために(備忘録のために)、そして、私よりも能力のある個人投資家の方からご意見をいただけたらとの思いから続けております。

ブログを始めたときはほとんどブログを読んでくださる人がいなかったため、それと私の資金も少なかったため、購入株数や単価等を今よりも具体的に記載しておりましたが、次第に、ブログの読者数も増え、また資金も増えたため、他の方々の売買に影響しないように、具体的な株数や購入単価は具体的には記載しないようにして、かつブログの更新も取引時間外になるべく更新するようにしております。

私の投資スタイルも、以前は銘柄に惚れ込みすぎて、売り時を何度も逃していました。
そこで、その点を反省し、次第に、利食いを早めにとるようにしていると思います(このため、何度も、利食いを早くとったため、莫大な利益をとりそこなったこともありました。)。

というわけで、現在は、数か月単位の売買を念頭にして、取引をしています。

そして、投資のモットーは、「安いときに買い、高くなったら(利益が出たら)売る」というスタイルですので、私が購入している銘柄は、永久に保有するのではなく、利益が出たら売っていきます。

今回のそーせいの売買についても、いろいろご批判がありますが、そーせいの株価を左右するほどの株数は保有しておりませんし、不当に株価を下げようと(又はあげようと)売買しておりません。

3000円割れるかどうかといったときに株をどんどん増やしていって、6000円近くになって利益が出たから一部売却しただけです。
そーせいは長期的には時価総額1000億になるものと思っていますので、株価がまた下がれば買い増ししようと思ってます。

売り時にはついては現在も試行錯誤しており、利食いが一番難しいと思っております(とりわけ、バイオの場合は、急騰急落を繰り返すので、すばやい判断が必要かと思っています。)。

私は素人の投資家で専業のトレーダーでもありませんので、こんな投資家がいるんだなあと軽い考えでブログを読んでくださればと思っております(私の売買は失敗ばかりですので、あまり参考にしない方がよろしいかと思います。むしろ皆さんのトレードのご意見や推奨銘柄をお教えくださればと思ってます。)。



そーせい利確

今日は他のバイオが急落していたのと、そーせいには材料が出て急騰したものの出来高を伴って押されていたので、後場のもどしたところで、半分以上を売却しました(そーせいは長期的にはまだまだ割安と思いますが、50%以上もの含み益があったので利食いました。なお、ちあいが不透明になっているようなので、カイオムとウエノは損切りしました。)。もっとも、そーせいはまだ数千株保有しています。

そして、売却資金の一部は、もう一押し用に現金として手元におき、一部の資金で、UMN、アンジェス、メドレックスを買いました。

個人的には、そーせいの次なる銘柄として、一番期待しているのはUMNファーマです。

治験が順調であり、提携会社も大手(アステラス、ヤクルト…)であり安心感があります。

にもかかわらず、時価総額が300億をきっているので、ここは割安と判断し仕込んでいます(この冬まで寝かす覚悟で仕込んでいます!!)。

どうなることやら。。。

祝!QVA149のEU承認勧告

予想通り??本日、ノバ社からQVA149のEUの承認勧告を受けたとのリリースがありました!!

これで、日本発のバイオベンチャーから、メガブロックバスターがうまれることになります!!

そーせいに初めて投資してから何年もたち、一時は1万円(現在の100円)を割る株価の時もありましたが、ここまできたのかと感慨深いものがあります。

がんばった!そーせい!!

日経大幅安…

今日はケイブの株価が伸び悩んでいたので、いったん利益確定しました。
そして、ポートフォーリオを入れ替えるため、日本化学もほぼ同値で撤退しました。

売却したお金で、カイオムとアーバネットを買いました。

カイオムはまだ黒字まで時間がかかりそうですが、チャートが煮詰まっていたので数千株ほど買いました。

どうなることやら。。。

ハイリターンを狙う…

資金が個別材料株に流れているようです。

株価が暴騰する銘柄は、売り上げの急増が見込める材料を秘めている銘柄、具体的には、①バイオ関連株、または②ネット関連株(ゲーム株)のように思います。

①と②の中で時価総額が低いほうが株価が暴騰する可能性が高いと思います。①バイオについては既に時価総額が高くなっているので、ここから短期で5倍、10倍になるのは困難と思ってます(手堅く1.5~2倍になれば良しとの思いで投資してます!)。

というわけで、②の時価総額の低い株を狙って、仕込んでいます(具体的には、サイバーステップ、そして、今日は東海染が前場高かったので一部利確し、ケイブを買いました。もっとも、ケイブについては、板が薄いため、明日以降も仕込もうと思い、数十株しか買いませんでした。その後。ストップ高になってしまったため、買えなくなってしまいました(泣))。

もうひとつ仕込んでいる銘柄があるのですが、これも板が極端に薄いので、ちびちび買っています(1か月くらいかかりそうです…)。

サニーサイド、メディアフラッグ、スリープロもようやく上昇基調になってきました(反面、きちりは塩漬けですが。。)。やはり割安成長株はいつかはあがるのですね…。

今後も、割安成長株を仕込んでいこうと思います!!

蒸し暑い日が続いてます…

今日は、クルーズとアンジェスを利確しました(もう少し上がりそうですが、十分な含み益になったので欲張らずに利食いました。)。

そして、9万円台でサイバーステップを買い増しし、Jトラストも買い増ししました。

Jトラストは株価が1800円台前半になったので、底値はしれていると思い仕込んでいます。
ただ、株価操作されているようなので、反転には時間がかかりそうな気がします(8月以降でしょうか??)。

大型ライツイシューで得た資金の使途に期待しています(中期的に保有していこうと思ってます。)。
どうなることやら。。。。

本物は強い!?

本日、ENISHを利確しました。そして、ウエノを打診買い、Jトラストを買い増ししました。

最近の動きとしては、私が一番投資している「そーせい」がじわりじわりとあがってきました(含み益も数千万単位になってきました。)。
また、サイバーステップもあがってきました(今までが安すぎただけですが。。。)。

私が定期購読しているZAIに、菅下氏の「ホンモノ」と「ニセモノ」の銘柄を区別する際どい??内容の記事がありました(私は菅下氏の視点は鋭いと思っているので、いつも参考にしてます。)。

菅下氏も述べておりますが、何でもかんでもあがる時期はすぎたので、ここからは銘柄の選別が大切のように思います。

バイオもこれからは「ホンモノ」だけがあがると思います。

バイオ軟調の中、そーせいがあがってきたのはうれしい限りです(ようやく「ホンモノ」の銘柄が何かを市場も分かってきたのではないでしょうか??)。
シーブリも順調に売上を伸ばしており、競合品も承認申請を取り下げたりと、そーせいに追い風が吹きまくっているので、これからが楽しみです(早ければ今月末にあるQVA149のEUの承認勧告に期待してます)!!!

田村社長のインタビュー更新

今日、ようやくジパングの損切りができました(800万強の損失でした。)。いい勉強代になりました。

さて、JPMジャパンマイスター等の投信の設定が相次ぎ、新興市場に資金が流入してきそうな気がします。

私は、新規で、ENISH、Jトラストを買ってみました。

バイオは、アンジェスが下限行使価額を割ってきたので、買いました。

バイオの成長無くして日本の再生はないと思っていますので、必ずや、バイオにも資金が戻ると思ってます。
もっとも、バイオバブルが崩壊したため、何でもかんでもあがるという可能性は低いので、黒字が見えている(見えてきた)バイオに投資していくというスタンスはかえないつもりです。

というわけで、現在投資しているバイオは、①そーせい、②アンジェス、③UMN、④メドレックス、⑤日本化学(隠れバイオ)です。

今日、そーせいのHPを確認しましたら、田村社長のインタビューが更新されていました!!

株主総会も仕事で行けず、決算説明会でも音声しか聞けなかったので、田村社長のお顔を拝見できて、とても良かったです。是非、定期的に田村社長のインタビューを更新してください!!

インタビューを聞きましたら、今期、エーパントで何か動きがでるような気がしました。また、株主還元にも言及されておりましたので、どこぞの社長とは異なり、有言実行の田村社長なら、数年以内に自社株買い、配当をしてくれると思います。

QVA149以降の成長について、現時点で明確なものは出てきていませんが、2026年まであと13年もあります。
迅速かつ大胆な決断をする田村社長であれば、必ずや、ブロックバスター候補品を作り出してくれるものと思ってます。

バイオベンチャーの中で、一番、個人投資家にやさしいバイオのそーせいをこれからも応援していこうと思います!!がんばれ!そーせい!!!



買い場到来??

今日は前場でアンジェスを残り全株利確しました。アーバネットも利確しました。一方、鬼怒川ゴムは損切りしました(相性が悪い株というのがあるようで、私は景気敏感株との相性が悪いと感じてます。)。

後場にバイオ関連株が急落していたので、UMNファーマを買い増しし(バイオではないですが、クルーズも買い増ししました。)、メドレックスを新規で買いました。

UMN,メドレックスはここから下げるようでしたら、買い増ししたいと思います。

というわけで、バイオは、①そーせい、②メドレックス、③UMN、④日本化学、をもっています。

どうなることやら。。。

暑い日が続きます。。

ジパングが予想通りストップ安です(怒)!!
昨日はジパングを保有すると書きましたが、損切りして税金の還付を受けた方がいいと思うようになったので、損切りしようと思います(一部は反省の意味でとっておこうと思います)。

さて、本日、アンジェスを一部利確し、3800円台にいたそーせいを買い増ししました。それと、ビジネスモデルのしっかりしているUMNファーマをつまみました。

これで、バイオは、①そーせい、②アンジェス、③日本化学、④UMNになりました。

バイオ以外では、三井物産、田辺三菱を利確し、クルーズ、鬼怒川ゴムを買いました。どうなることやら。。。。

ジパング上場廃止へ…

先ほど、ジパングが上場廃止になるとのIRがありました。
再申請に向けて準備万端かのようなIRの姿勢には怒りを通り越して、あきれます(騙された私が馬鹿なのでしょうか??)。

1万1000株ほど保有していたので、仮にゼロ円の価値とした場合、1000万ほどの損失です(高い勉強代になりました。)。

上場廃止となる株をつかんだのは、今回で2社目です。

反省の意味をこめて、ジパングの株は損切りせずに保有していこうと思います(うっても二束三文にしかならないので。。)。

日経(第2波動)??

先日のバイオバブル崩壊の日が底だったようです。。

結局は6月のファンドの決算売りで下げていたのでしょうか。。。7月に入ってから相場が安定しています。
今月は参議院選もあり、大きな波乱は安倍政権にとって痛手となるので、少なくとも日本発で株安になる政策(言動)を打ち出す可能性は低いと思います。

信じる者と書いて「儲かる」。株でもうけられる人は信念をもって投資している人のような気がします(私もユナイテッドを信じて保有していればと後悔しています。)。

私が投資しているバイオ銘柄(そーせい、アンジェス、日本化学)も順調にあがってきました。

そんな中、3DMが増資を発表しました。
私は現時点では投資を見送っている銘柄ですが、なぜ、増資が必要なのか疑問符がつきます(すぐに承認が得られるのであれば増資は不要ではないのか?)。

止血剤の承認申請から2年以上もたっているのになぜ承認取得が得られないのか?単なる審査遅れならばいいのですが(アンジェスのコラテジェンのようにならなればいいのですが。。)。

それにしても、バイオは増資ラッシュです。手元に資金がないのは分かりますが、もう少し、株主に配慮して欲しいものです。

7月になりました

バイオの急落から数日たち、ようやく含み益が出てきました。

私は、リスク回避から、そーせいとアンジェスを一部利確しました(それでも、そーせいは数万株、アンジェスも数百株もっており、下がれば買い増しします!!)。

そして、幸い??日本化学が安値のままであったので、ここ数日で日本化学を買いました。

というわけで、バイオに関しては、バイオ急落前のポートフォーリオになりました(①そーせい、②アンジェス、③日本化学)。

バイオ以外の小型株については主に内需株に投資しております(サニーサイド、エプコ、スリープロ、ジパング、カワニシ、きちり、アーバネット、東海染、サイバーS、メディアF等)。

そして、小型株一辺倒の反省から、大型株(三井物産、田辺三菱)もつまみ、現金も手元に置くことにしました(日経があがりすぎのような気がするので。。)。

最近の株式相場は急騰、急落が激しいので、非常に勉強になるとともに、迅速に対応していこうと思ってます。

Powered by FC2 Blog

FC2Ad


Copyright © 株投資でマイホーム All Rights Reserved.