手堅く…

IRが出たため、そーせいとカイオムの両方とも急騰しました!

ゴールデンウィークに入る前に利確売りが出やすいこと、5月は今まで株価が軟調になることが多かったことから、リスク回避の考えから、持ち株の半分強を利確しました(若干早かったかなと思っていますが、手堅く利益を確保するという投資スタイルなので、一部利確することにしました。もっとも、そーせいとカイオムをそれぞれ5000株ほど持っておりますので、これからも注目していこうと思います。)。

もうすぐ5月ですが、今年も、例年通り、5月売りになるのかどうか、注目しております!!
スポンサーサイト

きちりを利確

 きちりが急騰し、目標株価になったので、昨日と本日で1万数千株持っていたきちりを利確しました(もう少しあがりそうですが、あまり欲はかかずに売りました。)。

 バイオはそーせい、カイオムに注力しておりますが、本日も結構あがりました。
 バイオに資金が流入しているようですが、ここから先の展開はどうなることやら。。。

バイオは国策!

今日、安倍首相が、記者クラブでの講演で、再生医療や創薬分野に関して「実用化・産業化を力強く進めるため、大胆に規制・制度を見直していきたい」との考えを示したとのことです。

つまり、創薬分野について力を入れていくというメッセージでした。

現在、私はメドレックスを利確し、バイオはそーせい、カイオムに注力しています。

カイオムはマイル社の予約権行使が終わるまでが仕込みどころと思っておりますが、予想よりも早いペースで行使が進んでいたため、買えなくなったらという不安感から、買っております(ENISHとカワニシを利確し、GTS、UMN、ウエノのスイングトレードで資金が増えたので、下げたらまだまだ買い増ししたいと思ってます。)。
個人的には、国のHPにも掲載されたように、カイオムが本命と思ってます!!

バイオ以外では、小型株に投資してます。
具体的には、
①エプコ(利回りねらい)
②スリープロ(時価総額が低い割には、売り上げが多い)
③きちり(ようやく、動いてきました!)
④ウインパートナー(医療機器販売はM&Aが進んでおり、資金力のある同社の成長力に期待)
⑤アーバネット(出遅れ不動産株、一度利確し再参戦)
⑥キャリアバンク(時価総額が低い割には、売り上げが多い)
⑦チャームケア(割安介護株、一度利確し再参戦)
⑧メディアF(小型成長株として)
⑨ARM(法改正がされれば大化け必至)
です。
どれも株価が倍になるだけの力はあると思っているので、期待してます!どうなることやら。。。

 









バイオにも資金が…

不動産、金融の急騰が落ち着いてきたため、バイオにも資金が流入してきました。
このため、打診買いしていた3DMとGTSを利確し、そーせい、メドレックスも一部利確しました。

利確した資金で、カイオムを買い増ししました(現時点で持っているバイオ株は、そーせい、カイオム、メドレックスです)。

まず、カイオムについて述べたいと思います。
本日、マイル社の予約権行使状況に関するIRがありましたが、予想よりも速いペースで予約権が行使されていました。
また、内閣府のHPでカイオムの記事が載っていることがわかり、カイオムの技術がすばらしいものであること、国策銘柄であることを確認でき、これからは安心して買い増しできるという気になりました。

まずはプロトタイプが6月末までには完成するとのことであり、また、その頃までには決算説明会が開かれ、アカデミアとの共同研究の進捗状況が分かるので、非常に楽しみにしております。
個人的には、不意打ちの増資があったものの、技術は間違いないものなので、現時点でも時価総額500億くらいあってもいいと思ってます。

次に、そーせいについてですが、最近の円安は、ドルでロイヤリティーをもらう、そーせいにとっては追い風です。
1ドル100円くらいになってくれば、来期から黒字になってくるかもしれません。
というわけで、そーせいには非常に期待をしております(数千株ほど利確をしましたが、まだ万株単位で保有しております。)。そして、田村社長が次の一手をいつうってくるのか、非常に楽しみです!!

バイオ以外にもおもしろい銘柄があれば投資していこうと思ってます(不動産、金融の次は、どの分野がくるのか興味をもってみております)。

日銀の大胆な金融緩和政策

これにより、資金がジャブジャブ株式市場に流れ込み、プチバブルになるかもしれません。
本日も、不動産及び金融株を中心に株価が急騰しました。
私もアーバネットを利確しました(ちょっと早かったと思いますが、リグってバイオ株を買いました。)。

本日はバイオ株は総じて軟調でしたが、アベノミクスの3本の矢のうち、一番重要な矢は、成長戦略と思ってます。

市場に資金を大量に流入させるという、いわば荒治療をしている間に、日本を支える成長産業を育てなければなりません。
ブログでも何度も書いておりますが、日本が世界で勝てる産業は、価格競争の起きにくい医薬品市場(バイオ市場)と思ってます。

今までにない、革新的な医薬品を作る企業を育てることができれば、日本に莫大な利益(税収)をもたらし、また医療費の削減にもなると思ってます。

というわけで、バイオベンチャーは国策と個人的には思ってます。


現時点では、そーせい、メドレックス、カイオムに主に投資しております(アーバネットの売却金で、バイオが下がっていたので、一旦ポジションを外した3DMとGTSも打診買いしました。)。

 このうち、メドレックスについてですが、ここ数日、株価は軟調になっております(おそらくVC売りと思ってます。)。
 板の状況も、3200円以上にはいかせまいというような厚い売り板がでたり、また3100円前後になると買い板が厚くなったりと、株価を操作しているように感じます。
 以前、カイオムの1000円台に似た状況です。
 あと1か月程度もすれば、VC売りが終わるものと思ってますので、じっくりその時を待ちたいと思います(じれた投資家がなげうって下げたら、買い増ししたいと思います。)。
 5月上旬にエトリートの治験の学会発表があるので、その頃までが仕込みどころと思ってます(3相の2つめの治験開始も6月までに行われる予定であること、そして、マイクロニードルの進捗発表がいつあってもおかしくないので、楽しみにしてます。)。










GTSとUMNを利確

 今日はGTSとUMNが急騰したので、先行きが不安なため一旦手じまい売りをしました(まだまだあがりそうな気がしますが、手元に資金をおきたかったので売りました。)。

 その売却資金で、メドレックスとそーせいを買い増ししました。
 そーせいは、安心してホールドできる数少ない銘柄と思ってます(目標は4000円~5000円)。
 メドレックスは、場中の売り板がおかしかったので、買ってみました。

 そして、久々にカイオムを買いました(最近の下落で割安感が出たことと、これ以上の悪材料はでないと思ったため。)。

 バイオ以外では、きちりに注目しています。

 今日は日経が爆上げしましたが、今後はどうなることやら。。。

4月になり…

4月1日の新年度から激しい動きです。
この2日で日経も大幅下落しました。

バイオもオンコセラピーの下方修正ショックもあり、急落しました。

私は、オンコショックをみて、3DMの下方修正リスクをおそれて、利確しました(4月に承認されれば株価は急騰、されなければ下方修正により急落という博打にのることはできないと思ったので)。

というわけで、バイオは、黒字が見えてきているバイオ(そーせい、GTS、メドレックス、UMN)に投資してます。
今日もどすんと下げたので少し拾いました。ただ、明日はどうなるのか分かりません(またどすんと下げたら買い増ししようと思いますが、どうなることやら。。。)。

Powered by FC2 Blog

FC2Ad


Copyright © 株投資でマイホーム All Rights Reserved.