来年もよいでありますように!!

本日、大納会でした。
昼に移動時間中に株価をみたところ、カイオムの株価が下落していたので、三井物産、住友商事、武田薬品等を利確し、久々にカイオムを7000円台で買いました(数千株ほどですが)。このほかにも3DMも買いました。

このため、私の資金のほとんどをバイオベンチャーに投資してます(ちなみに、今投資しているバイオベンチャーは、GTS、カイオム、そーせい、3DMです。)。


今年も運良く利益をあげることができました。

ただ、今年の反省点は、
 ①そーせいを早く利確してしまったこと
 ②カイオムを早く利確してしまったこと
 ③3DMを上場時に買うことができなかったこと
です。

来年は、今年の反省を生かして、投資をしていこうと思います(そして、来年こそは仕事の都合をつけて株主総会に行こうと思います。)。

今年1年間、素人のブログを読んでくださりありがとうございました。
来年もよろしくお願いいたします。








スポンサーサイト

日経1万円へ

カイオムバイオの快進撃が止まりませんね~(本日、前場でルックを損切りし(100万以上の損)、カイオムを買いました。もっとも、900円台の頃とは違い、1000株強しか買っていませんが。。。)。

そして、私が一番注力している、GTSがじわりじわりと下値を切り上げてきました。もっとも、誰かが1800円で強烈に押さえつけているような印象です(カイオムは1000円で強烈な押さえつけがあったことを考えると、GTSもいつかはぶっとぶのでしょうか??)。

現在は時価総額35億とかなり安いと思います。3倍で時価総額100億です。それくらいは十分ありえると思います(カイオムの株価は急騰して、そーせいの時価総額を今日抜きましたが、ここから3倍は難しいと個人的には思ってますので、私はGTSに重点投資してます。)。

そーせいは株価が低迷していますが、個人的には、そーせいの田村社長が大好きなので(去年は年賀状を出しましたが、返事は来ませんでした(笑))、3桁保有してます。

いずれQVA149の上市とともに株価が見直されると思いますが(大規模な自社株買い、配当開始がされれば、株価は急騰すると思ってます)、それまでに、20万円を切って15万円近くになるようなことがあれば(ないことを祈りますが)、がんがん買い増ししていこうと思います。

最近、バイオベンチャー以外の株にも勉強のつもりで打診買い程度で買っているのですが、相性が悪いのでしょうか、あまり儲けることができていません。
というわけで、これからも、一番得意(?)なバイオベンチャーに重点的に投資していこうと思います。

ジーンテクノサイエンス(ストップ高)

カイオムバイオの連続ストップ高で、バイオが活況となりました(リスク回避のため、私はカイオムを直前で手放すという「失態」をしてしまったのですが、がっちりホールドできた投資家の方はすごいなと思います。今回の件はとてもいい勉強になりました!!)

ジーンテクノサイエンス(GTS)もストップ高となりました。

GTSは、決算短信の欄に面白いことが記載されていることと(詳しくは昨日のコメント欄を参照)、目論見書の「3、対処すべき課題」のところ(28p)にも興味深いことが記載されていましたので、一読をおすすめします。

色々材料があるにもかかわらず、本日ストップ高でも時価総額が33億円と安く(どこぞの赤字垂れ流し??バイオでも50億近くあります)、黒字が見えているバイオベンチャーとは思えないほどです。
そんなわけで、私は、上場まもないころから、投資をしております(本当は4%くらいまで買いたかったのですが、モルガンに目をつけられてしまったため、数万株しか買えていません。)。
VC売りで軟調になりそうなら、買い増ししたいと思ってます。

さて、そーせいは、(予想通り??)まったく値動きがありません。ただ、ロラミックの最終治験開始が3月末までにおこなわれる予定であること、QVA149のEUの承認取得まで1年を切っていること、そして田村社長がいつ何をしてくれるかわからないことから、1年の塩漬け覚悟で(来年の仕込みとして)、3桁の株数は持つようにしてます。

上記2銘柄に重点投資していますが、そのほかにも、株価が1.5倍から2倍になる潜在力のある銘柄(私見)として、ルック、サイバーステップ、京王ズ、ミサワ、幼児活動、アンドールなどにも投資してます(今後のために、どのような値動きをするのか投資して勉強してます!)。

今年は、たまたま運よく、もうけることができたので、来年の種まきになればと思ってます。


カイオム(利確)

3DMの様子から、バイオベンチャーへの逆風が思ったよりも強いと感じたので、一応、最後少しだけ残しておいた株を利確しました(寄り付きで売りました。)。
また、安くなったら(または底値を確認したら)買戻したいと思います。
そして、安くなったジーンテクノとルックを少し買い増しました。
どうなることやら。。。

退院しました

 先週、カプセル内視鏡により出血原因が判明し、入院して、小腸内視鏡で止血をし、日曜日に退院することができました。
 数年前は、カプセル内視鏡がなかったため、小腸の出血原因をとらえることは困難とされてきましたが、医学器機の進歩により、小腸内を撮影するカプセルを水と一緒に飲むことで、苦痛もなく、小腸内の様子をとらえることができるようになったのです。
 まさに、今回、医学の進歩を実感しました。そして、そのような医学の進歩に貢献したいと強く思うようになりました。

 日本の再生のためにも、特許で守られていて、価格競争の起きにくい医学分野に力を入れることは必須だと思ってます(それと、少子化を止めて人口を増やすことも必須と思います。そのためには、例えば、不妊治療の保険適用を認めるとか、ばらまきではなくて、出生率をあげる方法を考えるべきと思ってます。)。

 というわけで、私は、バイオベンチャーに重点的に投資をしているのですが、ここ数年感じることは、大手製薬会社の開発競争により、化合物によって薬を作り出すのは、出し尽くされた感があり、困難と思ってます。
 今後は、抗体医薬、遺伝子治療薬がメインになるものと思ってます。
 もっとも、上記医薬品の開発は、革新的な技術が必要なので、日本の場合は、こうした医薬品の開発は大学の研究室と提携することが必須と思ってます。
 そのため、大学の研究室とコネがある製薬会社(バイオベンチャー)でないと生き残ることは困難と思ってます。
 ですから、バイオベンチャーが大化けするには、大学とコネがあるのかという視点もふまえて投資してます。


 私が重点的に投資しているのは、そーせいとカイオムとジーンテクノですが、カイオムは太田先生が東京大学の教授であり、大学のコネがあると思われます。
 また、最近急騰しているジーンテクノは、北大発のバイオです。
 そして、そーせいは、田村社長の人脈のすごさにより、エーパントでも大学と提携し、QVA149の上市後は、海外の製薬会社(バイオベンチャー)をも見据えた買収が予想されています。

 なお、ジーンテクノサイエンスは、時価総額30億強になりましたが、G―CSF製剤のバイオシミラーは5月薬価収載、6月上市が見込まれ、また、G―CSF製剤のバイオシミラーの海外展開に向け、複数の海外企業と提携交渉を進めていると社長が上場時の会見で述べているようなので、時価総額、まずは50億強を目指してほしいと思ってます。
 そして、そーせいですが、株主通信には、SO-1105の最終治験が来年3月末までに行われる予定と記載されており、期待してます。
 さらに、カイオムも来年3月までに完全ヒトアドリブ(プロトタイプ)の完成を目指しており、期待してます。

 ※最近、年末から年始の仕手相場(?)を予想して、ルックという会社の株を買ったのですが、どうなることやら(新株発行により株価が押さえつけられているのか、はたまたもっと下落するのか)。。。


 もう少しで今年も終わりですので、また入院することのないようにしたいと思ってます。





 

カイオムを一部利確

今日は一日株式相場を見ることができるので、カイオムの値動きをみていたのですが、売り圧力が強いので、一部売却しました(カイオムの将来性に期待していますので、底をうったら買い増ししようと思います。)。
今後、どのような動きをするのか注目してます!

ジーンテクノサイエンスについて

まだ入院中のため、常時株式相場を見ることができます。
さて、先日もブログ(コメント)にも書きましたが、ジーンテクノサイエンスの時価総額は30億円前後と他のバイオベンチャーよりも(ラクオリアやシンバイオといった赤字バイオは50億円弱あります。)、あまりにも安いと思います。しかもバイオ後続品の海外展開や新薬のパイプラインも魅力があります。
そんなわけで、カイオムバイオを少しだけ利益確定し(カイオムはこれからに期待しているので、まだ万株単位でもってます。)、ガッツリジーンテクノサイエンスをかいました(そーせいとカイオムの急騰で資金もかなり増え、購入する株式数も多くなったため、市場での影響も考えて購入した株数を記載するのはやめます。)。
どうなることやら。。。

今後は、カイオムとジーンテクノとそーせいに注目していこうと思います。

vcの売却について

またまた出血があり、病院で検査入院をしてます(泣)。
ただ、退院中にスマホからブログに書き込む方法を会得しましたので、今日は入院先から書き込んでいます。

さて、カイオムですが、VCが市場で一部売却したために、株価が下落しました(久々に少し買い増しました。)。
カイオムのアイアールによると、今後は当面市場で売却しないということのようです(そのため、今年度はもううらないと思ってます。)。
もっとも、今後は、ということなので、今日まで売却した可能性もあると思ってます。

ただ、VCの大量保有報告書を見て、株主のために、すかさず、IRを出してくれた、カイオムの姿勢は多いに評価したいと思います。
頑張れカイオム!!

Powered by FC2 Blog

FC2Ad


Copyright © 株投資でマイホーム All Rights Reserved.