NEXTそーせいについて

GNIとサニーサイドは一時、株価が急上昇しましたが、最近じりじり下げてきました。
私はサニーサイドは半分を2400円台で売却し、GNIはほとんどを100円前後で売却しました。

ねらいは良かったのですが、100万前後しか利益を出せなかったです(悲)。
ただ、GNIとサニーサイドにはまだ材料があると思っていますので、まだ少しは持ってます。

そーせいについてはホールドしてます(株価が下がれば買い増ししたいと思ってますが、下がりませんね~。)。

そして、何度もブログには書いたのですが、私が次に注目しているのは、「カイオムバイオ」です!!

1000円以下は、あまりに安いと判断し、1000円以下はどんどん買っていっているのですが、浮動株が少ないので、集めるのに苦労してます(ようやく2万株を取得しました。本当は3万株は欲しいと思ってます。)。

一部新聞報道によると、大和証券は横浜市立大学から抗原を導入した抗Semaphorin3A抗体について、昨年から複数社と導出交渉していると解説し、その抗体についてヒト化が完了し、現在はヒト化後の抗体の活性について、動物モデルにおいて評価を行っており、その結果が8月~9月に明らかとなる見通しとの言っているとのことでした。

カイオムの決算説明会等から推測すると、その抗体が上市されれば、ブロックバスターになる可能性が高いものと思います。

そして、カイオムの抗体技術をもってすれば、次々にブロックバスター候補品を作ることができるのではないかと思われ、時価総額が40億とはあまりに低すぎます(私に40億あればTOBします!!)。

ベンチャーキャピタルの売却で株価は低迷してますが(それもあと1か月くらいと思ってます)、抗体の導出がなされておらず、まだ決算も黒字になっていない、今が最後の(?)買い時と考えてます。

そーせいの株価の変動を体験して、大変勉強になったのですが、機関投資家がバイオベンチャーの株を買うのは、薬が承認確実となったときで、かつ、黒字が見えてきたときです。

カイオムバイオは、未だ赤字で、抗体の導出もできていないため、顧客に対して説明ができないので、機関投資家は買えないと思います。
そのような株を機関投資家に先回りして買うことができるのは、リスクを負うことのできる個人投資家のみと思います。

私は、バイオベンチャーを見極める目を信じて、「カイオム」をどんどん買っていこうと思います。


スポンサーサイト

そーせいHP更新

ノバ社の決算発表にあわせてか?そーせいの株価が急騰しました。
そして、そーせいのHPで田村社長のインタビューが更新されました(6月にブログで書いた私の願いが通じたのか??)。
襟を正して動画を聞きましたが、田村社長の自信に満ちあふれた言動に、「そーせいよ、ここまで来たか!」という心境になりました。
株価の急騰で利確したため、株数は減りましたが、その結果リスク分散はできたので、まあ良しと思うようにしてます(もっとも150株程度の株数はもっていますし、今でもそーせいに一番投資しています。)。

8月末のEU承認、その後の日本承認…、QVA149の承認申請と待ちに待った「そーせいの雄飛」が見られます!私も株主として世界のバイオベンチャーになる様子を見届けたいと思います!!!

そして、そーせいで利確した資金で、次なるバイオベンチャーに投資していこうと思ってます(個人的には「カイオムバイオ」に注目してます!)。
なお、夏に株価が動くと見ているGNI、サニーサイドも今後どうなるか注目してます。

予想どおり??

サニーサイドとGNIがじわりじわりとあがってきました!!

サニーサイドは、ロンドン五輪関連銘柄でありますが、まだロンドン五輪も開催していません。また、四季報によると来期の1株利益は353円ということ(しかもBILLSの展開による今後の成長可能性もあること)を考えれば、まだまだ割安と判断します。個人的には3000円台を目標に(流れによっては4000円もありうる??)ホールドしてます。

次に、GNIですが、もうすぐ例の新薬の製造販売許可申請がなされるものと予想してます。株価は、じわりじわりと上がってきてます。もっとも出来高がまだまだ少ないので、仕込み段階といったところでしょうか??個人的には140円から200円を目標にホールドしてます!!

そーせいは安心してホールドしてます!ノバ社の決算発表、そしてNVA237のEU承認(8月末か??)に注目してます。

先週、日本証券新聞でDVXが紹介されました。私が着目した企業が紹介され、世間に社名等が浸透していくのは株の醍醐味ですね~。

そして、個人的には、カイオムバイオを応援してます!株価は1000円前後で足踏みをしていますが、下値は限定的と思います(抗体が大手製薬会社に導出されだしたら、株価4000円も夢ではないと思います。)。ただ、株価が動くのはまだ先と思いますので、気長にホールドしてます。

※日本再生戦略があげられていました。日本の人口減少、新興国の台頭を考えると、価格競争のおきないもので世界を圧倒していかなければならないと思います。

 まず、日本のインフラ整備は世界一と思います。時間通りにくる鉄道、停電のない電気、安心して飲める水道、そして海外よりも治安がいい。このすばらしい国に来たい、住みたいと思う外国人は多いと思われます。価格競争のおきにくい観光等のサービス業に重点投資すべきと思います。

 そして、医療分野も日本再生の原動力になると思います。
 医薬品は特許があるので、特許期間中は価格競争がおきません。日本政府は新薬の開発や新しい技術(がんワクチン、抗体技術、再生医療)を推進し、日本の製薬会社やバイオベンチャーをもっとバックアップすべきと思います。
 日本のバイオベンチャーに重点的に投資してきた私も世界で戦えるバイオベンチャーに投資していこうと思っています。








アールテックウエノについて

スキャンポ社が、武田薬品に導出したアミティーザ(Amitiza)の販売をめぐり、マーケティングを怠ったとして武田薬品に弁護士費用などの賠償と提携解消を求めていた問題で、国際調停裁判所は6日、スキャンポの主張を退ける判断を下したとの報道がありました。

個人的には、スキャンポ社の申し立ては強引だったと思います(詳細な事実関係はわかりませんが、私が得ている事実関係を基にした場合、日本の裁判であれば請求棄却でしょう。)。
というわけで、私は、スキャンポ社の申し立てが一部認められることを期待して、ウエノを購入したわけではありませんが、他の株主の中には、武田から賠償金がもらえると期待していた人も多いと思われ、株価は下がるかもしれません。あまりに下がったら買い増ししようかと思います。

個人的には、ウエノは他のバイオベンチャーとは異なり黒字会社で財務が盤石であること、アミティーザが日本で上市されるので製品を供給しているウエノにも売り上げ増が見込めること、そして、ドライアイ治療薬の開発に期待できることから、ウエノをこれからも応援していこうと思います!!









アンジェスについて

 アンジェスがストップ高連発ですね~。
 私は、5万円台で35株購入して本日売却しました。
 もう無理と思われたコラテジェンの販売契約ができたため、買い戻しが入っていると思われます。
 時価総額100億前後まであがるかと思いますが、色々調べてみると、3相はアンジェスが主に行うとのことであり、開発協力金が入ったとしても、3相の開発費用の問題があります(アンジェスのキャッシュを考えると大規模増資がないと資金が回らないのでは??)。
 また、3相は2年前後かかり、ファーストトラックがあったとしても承認申請にも1年かかり、特許期間は大丈夫か?という問題もあります。
 さらに、第一三共と行っていた治験の結果があまり良くなかったことから、3相の治験結果は大丈夫か?という根本的な問題もあります。
 
 ちなみに、私は、アンジェス売却資金でGNIを買いました!!
 というのは、一部報道で、「2012年夏にも、中国で開発中の特発性肺線維症治療薬F647(ピルフェニドン)の製造販売許可の申請を提出する。2012年中の販売開始を目指す。」とあったので、夏に大きく株価が動くと考えるからです。

 現在、私は、本命のそーせいの他に、夏にひとやまあると思うサニーサイドアップとGNI、資金回避先に三井物産、そして長期保有目的としてDVX,カイオム、ウエノ(ドライアイの新薬期待)に重点投資してます!!どうなることやら!?

日経平均も6月下旬から急回復してます(おそらく外資の決算売りが終わったためとボーナス資金が入っているからと思います。)。9月下旬までは上昇基調と予想してますがどうなることか??

ロラミック1相完了

そーせいの株価が上昇しています。出来高から見ると、どこかのファンドが買っているのか??

そーせいについては既に一部を利確し、残りの株式はがっちりホールドしてます!!

そして、そーせいを売って得たお金で、いくつかの銘柄を買いました(値動きを見て、KLABと新日本理化は売却しました。)。

そのうち、私が注目しているのが、①サニーサイドアップ、②カイオムバイオ、です。

①については、BILLSの展開とロンドン五輪効果で上方修正がされるものと予想してます。来期も利益拡大が予想されるので、2000円未満は買いと判断して、購入しました(もっとも浮動株が少ないので、買い集めるのに苦労します。)!!

②については、私が個人的には、そーせいのように大化けを期待しているバイオベンチャーです。
 今は、ベンチャーキャピタルの売却で株価は低迷していますが、抗体医薬の技術がすばらしいにもかかわらず、時価総額が40億前後とは、あまりにも安いと思います(個人的には現時点で100億前後あってもいいと思います。)。
 ただ、株価が上がり出すまで時間がかかると予想していますので、2,3年保有するつもりで買ってます!

 本日、アンジェスからBIGなIRが出ましたので、今後、アンジェスに投資すべきかどうか考えていこうと思います!!

Powered by FC2 Blog

FC2Ad


Copyright © 株投資でマイホーム All Rights Reserved.