そーせいの決算説明会について

欧州不安とファンドの決算期売りの関係で、そーせいの株価も低迷してます。
このため、私は、少し買い増しました。

さて、そーせいの決算発表がありました。
今期は、20億円の売り上げ予想で(予想通り)、キャッシュフローも黒字を予定します。
田村社長も、説明会において資金繰りには問題なしと断言し、これから、そーせいの成長を安心して見ていけます。

NVA237のGLOW2について発表がありましたが、気管支拡張効果がスピリーバよりもあり、効果発現が早く、副作用も少ないとのことでありました。
結構、売れるのではないでしょうか??

なお、ノバ社の発表から予想すると、NVA237の欧州の承認は7月ではないかと思ってます。もうすぐです。

説明会では、田村社長は、3年で300億ある累損を解消するかのような発言をしていましたが、どうやって累損を解消するのでしょうか(知識不足のため良くわかりませんでした。まさか3年で合計300億もの利益を出すことを考えているのでしょうか???)?

今後3か月以内の予定(予想)としては、

5月   NVA237のGLOW2の学会発表
6月   株主総会
6~7月 SO1105の1相の結果発表
7月   NVA237の欧州承認取得

です。

個人的には、ある時点で、中期経営計画を発表し、そーせいの中期的なビジョンを示して欲しいものです!!
COPD治療薬で稼いだ金を田村社長がどのように使うのか楽しみにしてます(個人的には、経営難に陥ったバイオベンチャーを買収するとともに、中規模の製薬会社を買収し、新薬を自販できるようにしてほしいです)!!!



スポンサーサイト

NVA237(GLOW2)について

一部報道で、GLOW2の治験結果の一部が明らかになりました。

私の翻訳が間違っていなければ、

それは、NVA237がプラセボと比較して97MLの改善があったこと(スピリーバーは83ML)。
使用1年後は、NVA237がプラセボと比較して108MLの改善があったこと(スピリーバーは89ML)。

でありました。

つまり、スピリーバーよりも気管支拡張効果があったのです(もちろん「優越性」は認められませんが)。
私の予想は、スピリーバーよりも気管支拡張効果が弱いと思っていたので、ポジティブサプライズでした。

これで、スピリーバーよりも、即効性があり、副作用が少なければ、NVA237だけで、案外、売り上げが見込めるのではないでしょうか??

QVA149も米国の承認申請時期が明らかになり、かつ、COPD治療薬のシェア1・2位のスピリーバーとアドエアよりも「優越性」があることが、治験結果で明らかになりました。これは大変なことです!!

そーせいの株価は、じわりじわりと上昇してきました。
決算説明会の田村社長の発言及びGLOW2の学会発表に注目してます!!










Powered by FC2 Blog

FC2Ad


Copyright © 株投資でマイホーム All Rights Reserved.