そーせい2010年の総括

本日は大納会。そーせいの株価が、急落したので13万2000円で買い増しした
(これで、約200株を保有することとなった。15万円以下では、もう買えないかもと思っていたのでラッキーでした。現物なので、急落しようが関係ない。もっと下がればさらに買い増しするぞ~。)。

さて、2010年のそーせいの歩みをまとめることにしました。
今年のそーせいを言葉であらわすと、【着々と…】となるのではないか。

5月…QVA149の3相開始
(QAB149の影響で約半年の遅れだったが、
ノバルティスの発表どおり5月に開始された。
これで、QAB149のFDAの承認も問題なく取得できるものと思われる。)
 
8月…アクティバスファーマ買収
(SOH075、NVA237、QVA149上市後の新成長戦略が明らかとなった。)
※個人的には、APNTが成功すれば、ジェネリックや注射剤等幅広い商品開発ができるので、とても期待している。

10月…ノバルティスが
1)NVA237及びQVA149の上市時期を、それぞれ2012年, 2013年と発表
2)NVA237の第3相臨床試験データを2011年4月~6月に発表するとした。
3)QAX028(NVA237のNovartis社内競合品)の開発中断を発表した。
※今年一番の大きな発表だった。
NVA237,QVA149について、ノバルティスが大きな自信(もはや確信??)をもっていることがわかった。(おそらく治験データーはノバルティスに逐一いっていると思うので)NVA237のデーターが悪ければ、早々に1)や2)を発表しないし、3)も中断するはずないと個人的には思っている。

12月…SOH075が2011年初に、日本で承認される見通しとなった。
※そーせい初の開発品の上市となり、安定的な収入が確保されたことは大きい。
個人的には、株主として、治験段階から見てきた薬が世にでることとなり、大きな喜びを感じた。


  以上が、2010年の主なできごとです。

 2011年は、そーせいの【飛躍の年】となる。
 一番の大きな出来事は、NVA237のデーター発表と思う。
 2相の治験データーと同様に、スピリーバーと同等の薬効で、即効性があり、副作用が少ないことが立証されれば、問題なしなのだが…。

 では、ブログをお読みになってくださっている皆様にとって(そして私にも)、来年もよい年でありますことをお祈り申し上げます。








スポンサーサイト

祝!日本初の緊急避妊薬、承認へ

ついに、24日、緊急避妊薬が厚労省の分科会で承認された。2011年初にも正式に承認させる運びとなった。
緊急避妊薬の売上げは少ないけれども、これで安定収入が見込める。。。

ちなみに、今後6か月のイベントは、

2011年3月まで…①緊急避妊薬の正式な承認
          ②緊急避妊薬の販売開始
          ③①・②のマイルストーン獲得→上方修正
          ④QAB149のFDA(米国)の承認

2011年4月~6月…NVA237の3相の結果発表(ノバルティスがあらかじめスケジュールを公表していることを                       考えると、NVA237の3相の結果は良好なはず)

※時期未定     …APNTの進捗(導出)発表


です。
来年は、「そーせい」にとって「飛躍の年!!」
私の株数も、すでに3桁を超えているが(200株以上保有していたので、12月に一度、利確したものの、未だ3桁の株を所有している。)、QVA149の上市までは、3桁の株を保有するつもりだ(安くなる場面があったら買い増しするぞ~)。








フィデリティー(市場外取引)

EDINETによると、12月7日に5000株強を市場外で売却したことが本日報告された。
あすか製薬に売却したのではないかという憶測をうんでいるようだが、私の予想では、単に、そーせい株を売却しただけではないかと思っている(EDINETをみると、F社は、他の株も市場外取引で売却しているようなので)。
ここのところの株価上昇、出来高急増は、F社の売り抜けのための演出にすぎないのか??

そーせいは、短期的に調整するかもしれないが、長期的には、F社の売り抜けなどどうでもいいこと。
まずは24日の承認の可否が楽しみ。








バイオベンチャーに資金がきている

今日は、そーせいが出来高をともなって大幅上昇した。
ついに、株価が14万円になった(含み益もものすごい額になった。)。
明日は、おそらく調整するであろう(短期間に急騰したので、利益確定売りがでると思う。もっとも、明日連騰するようなことがあると。。。)。
しかし、一日一日の株価はどうでもいい(といったら言い過ぎだけど)。
そーせいは、これからが飛躍のとき。そーせいの将来性を考えると、まだまだ株価は低い(個人的には、40~50万円くらいでもおかしくないと思う。)。

そして、本日は、私が目をつけている「アールテック・ウエノ」も出来高をともなって上昇した。
そーせい同様、アールテック・ウエノの将来性を考えると、まだまだ安いと思う(アールテック・ウエノは、ジェネッリックにも力を入れだしているし、レスキュラの販売戦略もいい考えだと思う。)
株価倍増は間違いなし??

創薬バイオベンチャーには「怪しげな」会社がたくさんあるが、投資に値する会社は多くない(オンコもすばらしい会社と思うが、上市までには、まだまだ時間がかかりそうだ。となると、投資に値する創薬ベンチャーは上記2社くらいではないか、と思っている。)。









フィデリティー投信の買い増し

最近、そーせいの株価が操作されているような気がする。。。ここ2,3日は売り板に蓋があったのだが、今日の午後に蓋が取れたと同時に急騰した。
先日、フィデリティー投信の買い増しが、明らかになったが【13.93%(約1万6000株)→14.98%(約1万7000株)】、フィデリティーがさらに買っているのか?はたまた、他の投信が買っているのか??

いずれにせよ、バイオベンチャーで投信がこれほどまでに買っている株もないであろう。
そーせいの今後に注目!!
まずは、12月24日のSOH075の承認をただただ祈るのみ。。。





Powered by FC2 Blog

FC2Ad


Copyright © 株投資でマイホーム All Rights Reserved.